ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780764 全員に公開 雪山ハイキング比良山系

雪の武奈ヶ岳(コヤマノ・釣瓶・ナガオ)

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー tubataro
天候雨のち曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
JR比良駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間38分
休憩
1時間9分
合計
8時間47分
S比良駅08:2809:03イン谷口09:19大山口09:2109:44青ガレ10:0110:25金糞峠10:3011:40コヤマノ岳11:45パノラマコース分岐11:51コヤマノ分岐12:06武奈ヶ岳12:30細川越13:08釣瓶岳13:2814:21広谷14:2614:32イブルキノコバ14:3415:00八雲ヶ原15:0615:23北比良峠15:2515:27神璽谷道下降点15:2815:51カモシカ台15:5916:23大山口16:2416:45イン谷口17:15比良駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体通してこの日の雪質と積雪量ではアイゼン、ワカンは不要でした。

〜青ガレ
・大山口までは積雪なし。その後次第に増えて、青ガレではくるぶし程度。
〜金糞峠
・所々岩肌は見えているがしっかり雪あり。
〜コヤマノダケ・武奈ヶ岳
・金糞峠を下って沢に下りると積雪は増えて足首〜すね程度の積雪。基本的にノートレースでした。所々消えかかったトレースあり。
・コヤマノクラウン直下あたりから霧氷が広がりました。
〜釣瓶岳
・ノートレース。
・北稜に進むと積雪量は多くなり、吹き溜まりでは太腿まで埋まりました。(ツボ足)
〜ナガオ・北比良峠
・ノートレース。すね程度の積雪。

写真

青ガレ。この手前まで雨に降られて寒い。
2015年12月19日 09:58撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ガレ。この手前まで雨に降られて寒い。
1
時折陽が射しかけるが、、
2015年12月19日 10:09撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折陽が射しかけるが、、
2
金糞峠到着
2015年12月19日 10:27撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金糞峠到着
1
薄っすら琵琶湖が見えた。
2015年12月19日 10:30撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄っすら琵琶湖が見えた。
3
沢に降りると積雪は増える
2015年12月19日 10:34撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に降りると積雪は増える
1
コヤマノダケの尾根に取り付くとノートレース
2015年12月19日 10:45撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノダケの尾根に取り付くとノートレース
3
スネ程度の積雪
2015年12月19日 11:09撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スネ程度の積雪
3
このあたりはまだ霧氷ではなかったが、、
2015年12月19日 11:25撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりはまだ霧氷ではなかったが、、
クラウン直下で霧氷に
2015年12月19日 11:29撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラウン直下で霧氷に
1
2年振りのコヤマノクラウンの霧氷
2015年12月19日 11:32撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年振りのコヤマノクラウンの霧氷
8
曇り空でも美しい
2015年12月19日 11:32撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇り空でも美しい
4
コヤマノ分岐手前から武奈ヶ岳
2015年12月19日 11:47撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノ分岐手前から武奈ヶ岳
山頂は寒そうです
2015年12月19日 11:48撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は寒そうです
高度を上げて振り返るとコヤマノダケの霧氷
2015年12月19日 11:57撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げて振り返るとコヤマノダケの霧氷
2
御殿山の霧氷
2015年12月19日 11:57撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御殿山の霧氷
1
堂満岳だったか
2015年12月19日 11:57撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂満岳だったか
幻想的な西南稜
2015年12月19日 12:02撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な西南稜
1
コヤマノダケと御殿山
2015年12月19日 12:02撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コヤマノダケと御殿山
武奈ヶ岳山頂へ
2015年12月19日 12:02撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈ヶ岳山頂へ
2
霧氷も美しい
2015年12月19日 12:03撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷も美しい
5
山頂
2015年12月19日 12:05撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂
9
北稜へ向かいます。雪庇が育ち始めています。雪煙が舞います。
2015年12月19日 12:08撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北稜へ向かいます。雪庇が育ち始めています。雪煙が舞います。
3
北稜の霧氷
2015年12月19日 12:08撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北稜の霧氷
2
美しい
2015年12月19日 12:08撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しい
2
エビの尻尾も育ち始めています
2015年12月19日 12:10撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エビの尻尾も育ち始めています
2
霧氷のトンネル
2015年12月19日 12:13撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷のトンネル
5
釣瓶岳とナガオ
2015年12月19日 12:16撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釣瓶岳とナガオ
1
北稜からの下りは吹き溜まり地帯
2015年12月19日 12:17撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北稜からの下りは吹き溜まり地帯
7
釣瓶岳を目前に
2015年12月19日 12:52撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釣瓶岳を目前に
1
芸術作品のような
2015年12月19日 12:55撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芸術作品のような
2
青空が
2015年12月19日 12:55撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空が
釣瓶岳到着。山頂の隙間から青空とびわ湖
2015年12月19日 13:08撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釣瓶岳到着。山頂の隙間から青空とびわ湖
4
霧氷の樹々の向うには蛇谷ヶ峰
2015年12月19日 13:08撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の樹々の向うには蛇谷ヶ峰
5
蛇谷ヶ峰を眺めながらまったりランチタイム
2015年12月19日 13:09撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇谷ヶ峰を眺めながらまったりランチタイム
5
さあ、ナガオを下ります
2015年12月19日 13:32撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、ナガオを下ります
4
武奈を横目に
2015年12月19日 13:39撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武奈を横目に
1
霧氷と青空
2015年12月19日 13:49撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷と青空
3
優しい青空です。朝の雨が嘘のよう。
2015年12月19日 13:56撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
優しい青空です。朝の雨が嘘のよう。
2
ここから広谷に下ります。今回は谷沿いに。
2015年12月19日 14:05撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから広谷に下ります。今回は谷沿いに。
広谷に到着
2015年12月19日 14:15撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広谷に到着
4
橋を渡って
2015年12月19日 14:15撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡って
1
八雲ヶ原はまだすすきが顔を出しています
2015年12月19日 14:46撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原はまだすすきが顔を出しています
2
八雲ヶ池。テントは3張
2015年12月19日 14:48撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八雲ヶ池。テントは3張
3
北比良峠に到着
2015年12月19日 15:22撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北比良峠に到着
2
びわ湖の展望
2015年12月19日 15:22撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びわ湖の展望
4
キタダカ道を下って大山口に到着
2015年12月19日 16:23撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キタダカ道を下って大山口に到着
1
下山
2015年12月19日 16:25撮影 by DSC-HX1, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山
4

感想/記録

ようやく比良も冠雪。

寝坊のため8:10に比良駅に到着し、急いで出発しようと外に出るとまさかの雨。
雨脚はしっかりしており、しばらく様子を見ますがすぐには止む気配もなく、8:30頃、レインウェアを着こんでとぼとぼと歩き始めます。
当初は堂満岳経由で武奈に行こうと思っていましたが、早く高度を上げて雪に変わってほしかったので青ガレを直登することに。
しっかり雨に降られて青ガレ手前でようやく雨は雪に変わりました。

コヤマノダケの尾根に取付くとノートレース。昨夜から今朝の雪で消えたのでしょう。うれしい誤算で、軽い新雪を快適に進み、コヤマノダケ山頂直下で霧氷の世界が広がりました。2年振りのコヤマノクラウンはやはり美しい。青空が欲しかったですがまた次のお楽しみに。

武奈ヶ岳山頂では風も強まり、身体が冷えますが、振り返るとコヤマノダケや、西南稜から御殿山の霧氷が素晴らしく、見とれます。

武奈から北稜もノートレース。強風が吹くエリアなので霧氷もさらに美しく、吹き溜まりでは太腿まで雪に埋もれながらも新雪で軽いので基本的にノーアイゼン、ノーワカンで大丈夫でした。
(アイゼンワークの練習のため、細川越から釣瓶岳、ナガオは12本アイゼンを装着)

釣瓶岳到着あたりから青空が広がりました。釣瓶岳山頂付近の霧氷と蛇谷ヶ峰へ続く白い稜線と、青空のコントラストが今日一の美しさでした。

その後はのんびりナガオを下り、八雲ヶ池、北比良峠、キタダカ道を経て下山。

jijiさん、u-saさんも本日武奈だったと思うのですが私の出発が遅かったためかお会いできず。

来週後半はクリスマス寒波のようですね。楽しみです。
訪問者数:449人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/24
投稿数: 57
2015/12/20 12:48
 美しい!
tubataroさんお久しぶりです。
今年も比良駅組の一番乗りはtubataroさんでしたね。
見れば見るほど比良に行きたくなります。

私の方は「雪山は控えた方が良い」と多くの方からお叱りを受け、今できることは写真を眺めるばかりです。
どの写真も美しいです。
雪たっぷりの写真ありがとうございます。
登録日: 2012/9/30
投稿数: 725
2015/12/20 23:45
 Re: 美しい!
Captsubaさん、お久しぶりです。
大変ご無沙汰しています。ようやく雪山シーズンに突入ですが
しばらくは積もっては溶けるの繰り返しでしょうね。タイミングが難しいところです。また機会見つけて比良の雪を楽しんで下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ