ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780888 全員に公開 ハイキング丹沢

大山三峰山〜大山(煤ヶ谷→蓑毛)

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー rau-coast
天候晴れ 時々 曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:本厚木駅北口5番のりば → 煤ヶ谷バス停 約30分
帰り:蓑毛バス停 → 秦野駅 約20分

※電車(小田急線)、バス(神奈川中央交通)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間12分
休憩
1時間18分
合計
6時間30分
S煤ヶ谷07:3109:27大山三峰山09:3809:46七沢山10:22唐沢峠10:32矢草ノ頭11:00不動尻分岐11:0111:15大山11:4011:51不動尻分岐11:5212:18見晴台12:4112:53二重滝12:5512:59阿夫利神社下社13:1413:34蓑毛越14:01蓑毛G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山ノ神を過ぎるとアップダウンが多くなり、崩壊地、鎖場、やせ尾根を歩きます。
ほとんど鎖に頼らなくても大丈夫でしたが、不安な人は補助的に使用した方が
良いと思います。逆ルートの方が手強そうですね。

三峰山南峰から唐沢峠に至る尾根道は破線ルートです。
踏み跡は薄いですがあります。
ピンク色のリボンもあるので目印になります。
865地点からの下りは西側に入り込まないように注意です。

雷ノ峰尾根分岐付近は長い急な木段です。
(今回のルートで一番きつかったです・・・)

写真

煤ヶ谷バス停近くの橋を渡り、左へ曲がります。
2015年12月19日 07:31撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
煤ヶ谷バス停近くの橋を渡り、左へ曲がります。
200m進むと分岐。三峰山は右の坂を歩きます。
2015年12月19日 07:33撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
200m進むと分岐。三峰山は右の坂を歩きます。
登山口と登山ポスト。
2015年12月19日 07:35撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口と登山ポスト。
鹿侵入防止扉を抜けて、しばらく緩やかな登り。
2015年12月19日 07:46撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿侵入防止扉を抜けて、しばらく緩やかな登り。
歩きやすい道。これから待ち受ける急峻を前に、嵐の前の静けさといった感じ。
2015年12月19日 07:53撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道。これから待ち受ける急峻を前に、嵐の前の静けさといった感じ。
「引き返す勇気が必要です」の看板裏から登ります。
2015年12月19日 08:13撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「引き返す勇気が必要です」の看板裏から登ります。
山ノ神。これから増えてくるアップダウンを前に休憩も良いと思います。
2015年12月19日 08:24撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山ノ神。これから増えてくるアップダウンを前に休憩も良いと思います。
これだけ注意されると緊張しますよね。
2015年12月19日 08:35撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだけ注意されると緊張しますよね。
2
急な木段も出てきてスタミナを削られます。
2015年12月19日 08:41撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な木段も出てきてスタミナを削られます。
尾根から右に下るのですが、すぐ尾根に上がります。まっすぐ進んでもいいのでは・・・。危険な場所があるのかな?
2015年12月19日 08:44撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から右に下るのですが、すぐ尾根に上がります。まっすぐ進んでもいいのでは・・・。危険な場所があるのかな?
あと800m。ここから本番です。
2015年12月19日 09:03撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと800m。ここから本番です。
長い木段
2015年12月19日 09:04撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い木段
急坂のクサリ
2015年12月19日 09:16撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂のクサリ
下った直後のやせ尾根
2015年12月19日 09:19撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下った直後のやせ尾根
2
木の根の上に取り付けられたクサリ
2015年12月19日 09:20撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根の上に取り付けられたクサリ
1
階段とハシゴ
2015年12月19日 09:21撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段とハシゴ
1
木橋、木段、クサリ。至れり尽くせりで助かりますね。
2015年12月19日 09:28撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋、木段、クサリ。至れり尽くせりで助かりますね。
1
指三本で登頂アピール。狭いですが、ベンチが一つあります。
2015年12月19日 09:33撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指三本で登頂アピール。狭いですが、ベンチが一つあります。
2
唐沢峠方面へ向かう直後に立ちはだかるピーク
2015年12月19日 09:35撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢峠方面へ向かう直後に立ちはだかるピーク
1
木橋を渡った直後にクサリのかかった岩場を登ります。
2015年12月19日 09:42撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋を渡った直後にクサリのかかった岩場を登ります。
登りはクサリを使わなくても大丈夫です。
2015年12月19日 09:42撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りはクサリを使わなくても大丈夫です。
1
木を巻くように取り付けられたクサリ
2015年12月19日 09:44撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木を巻くように取り付けられたクサリ
クサリ祭もようやく終わり。
2015年12月19日 09:49撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クサリ祭もようやく終わり。
不動尻の分岐辺りから破線ルートの尾根を行きます。
2015年12月19日 09:57撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動尻の分岐辺りから破線ルートの尾根を行きます。
やせた尾根もありました。
2015年12月19日 10:04撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせた尾根もありました。
地図を見ながら歩いてきましたが、ピンクのリボンも役に立ちました。
2015年12月19日 10:05撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地図を見ながら歩いてきましたが、ピンクのリボンも役に立ちました。
指導標の後ろから来ました。約20分の破線ルート歩きでした。
2015年12月19日 10:17撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指導標の後ろから来ました。約20分の破線ルート歩きでした。
唐沢峠からは大山への登りとなります。
2015年12月19日 10:21撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢峠からは大山への登りとなります。
後ろに見える大山まで1.5km。もうひと頑張りです。
2015年12月19日 10:37撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろに見える大山まで1.5km。もうひと頑張りです。
2
左に相模湾が見える明るい稜線歩き
2015年12月19日 10:39撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に相模湾が見える明るい稜線歩き
振り返って大山三峰山
2015年12月19日 10:49撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って大山三峰山
2
雷ノ峰尾根と合流付近になると木段が多くなります。雪少し降ったみたいですね。
2015年12月19日 10:55撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷ノ峰尾根と合流付近になると木段が多くなります。雪少し降ったみたいですね。
1
大山。三峰山とは大違いの人の多さでした。
2015年12月19日 11:15撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山。三峰山とは大違いの人の多さでした。
3回目の大山でようやく景色が見えました。
2015年12月19日 11:16撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3回目の大山でようやく景色が見えました。
1
雷ノ峰尾根を下って見晴台へ。
2015年12月19日 12:18撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷ノ峰尾根を下って見晴台へ。
昼食を済ませて、阿夫利神社下社へ。
2015年12月19日 12:40撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食を済ませて、阿夫利神社下社へ。
ワイヤーの柵が取り付けられているので安全です。
2015年12月19日 12:45撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワイヤーの柵が取り付けられているので安全です。
二重神社を過ぎ
2015年12月19日 12:53撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重神社を過ぎ
二重滝を過ぎ
2015年12月19日 12:54撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重滝を過ぎ
阿夫利神社下社に到着です。
2015年12月19日 13:05撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿夫利神社下社に到着です。
1
阿夫利神社下社の左側奥が蓑毛方面の登山道です。
2015年12月19日 13:15撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿夫利神社下社の左側奥が蓑毛方面の登山道です。
途中の見晴らしの良い場所で。
2015年12月19日 13:27撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の見晴らしの良い場所で。
2
蓑毛越。ベンチがいくつか設置されています。
2015年12月19日 13:34撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓑毛越。ベンチがいくつか設置されています。
出会う人が少ない静かな道でした。
2015年12月19日 13:43撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出会う人が少ない静かな道でした。
蓑毛までは何度か林道を横切ります。指導標があるので分かりやすいです。
2015年12月19日 13:52撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓑毛までは何度か林道を横切ります。指導標があるので分かりやすいです。
柏木林道分岐。蓑毛バス停までは300mです。
2015年12月19日 13:57撮影 by E-P5, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柏木林道分岐。蓑毛バス停までは300mです。

感想/記録

大山へは過去2回来てますが、いずれも山頂はガスに覆われて眺望ゼロ・・・
今度こそはと、3回目の大山の計画を立てました。
行ったことのない大山三峰山も登って、大山への縦走です。

三峰山は低山ながら起伏の激しい山ですが、危険と思われる個所も
クサリ、ハシゴ、橋、階段で整備されているので、慎重に歩けば問題なく、
楽しく歩くことができました。
ただ眺望はないので、眺望を目的にしていくと、がっかりするかもしれませんね。

三峰山から唐沢峠付近までは、コースタイム30分程の破線歩きです。
基本尾根から外れなければ問題ないと思います。
薄いですが踏み跡もあるし、地図で確認しながらピンクリボンを目印に歩けば
迷うことは少ないと思います。

さて、過去2回眺望ゼロの大山は、唐沢峠付近から見る限り、今回は大丈夫そう。
頂上からの眺望は見事で、過去2回の分まで満喫しました。

余談です。
恥ずかしい話なのですが、大山頂上からの富士山はどこから見えるのか
最初わかりませんでした。茶店付近から頭は見えていたのですが・・・。
過去2回眺望ゼロだったし・・・。
一旦、表参道の鳥居付近まで下って富士山を撮っていたのですが、
頂上に戻り、トイレに行ったら裏側にも人がいて、やっと展望地に気づきました。
危うく立ち去るところでした。


訪問者数:278人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 鎖場 林道 クリ 登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ