ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780972 全員に公開 ハイキング甲信越

里山ハイキング@陣馬形山

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー dqfather
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美里、陣馬形山登山者駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間13分
休憩
49分
合計
4時間2分
Sスタート地点09:3110:17陣馬形山登山口10:2411:01東屋11:0211:11ブナの大木11:1211:38陣馬形山12:1612:36ブナの大木12:42東屋12:59陣馬形山登山口13:0113:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
乾いた道。雪・凍結無し。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

見事な快晴、穏やかな日
2015年12月19日 09:43撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見事な快晴、穏やかな日
登山道入り口。右を進むようになっているが、直進します。
2015年12月19日 09:55撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入り口。右を進むようになっているが、直進します。
すぐに民家に突き当たる。
右の倉庫の手前を右に進むと、道なりに登山道が続きます。
2015年12月19日 13:15撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに民家に突き当たる。
右の倉庫の手前を右に進むと、道なりに登山道が続きます。
ブナの大木
休憩しようと思ったが、風が冷たくて諦めた。
2015年12月19日 11:12撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの大木
休憩しようと思ったが、風が冷たくて諦めた。
キャンプ場手前の林道から。
塩見岳がきれいに見えました。
2015年12月19日 11:27撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場手前の林道から。
塩見岳がきれいに見えました。
さらに南。
荒川三山と赤石岳?
2015年12月19日 11:28撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに南。
荒川三山と赤石岳?
頂上。
伊那谷がきれいに見渡せました。
空気が澄んでいます。
2015年12月19日 11:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上。
伊那谷がきれいに見渡せました。
空気が澄んでいます。
中央アルプス北部。雲に隠れています。
宝剣岳方面。
2015年12月19日 11:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス北部。雲に隠れています。
宝剣岳方面。
空木岳あたりか?
2015年12月19日 11:39撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空木岳あたりか?
伊那市方面。
2015年12月19日 11:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊那市方面。
鋸岳が少し見えます。
甲斐駒ケ岳は隠れている。
2015年12月19日 11:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸岳が少し見えます。
甲斐駒ケ岳は隠れている。
仙丈ケ岳。
雲に隠れ気味。
2015年12月19日 11:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳。
雲に隠れ気味。
北岳と間ノ岳
2015年12月19日 11:40撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳と間ノ岳
荒川三山と赤石岳?
2015年12月19日 11:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川三山と赤石岳?
キャンプ場を上から眺めたところ。
2015年12月19日 11:41撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場を上から眺めたところ。
雪は、日陰のところに少しだけ。
2015年12月19日 11:51撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は、日陰のところに少しだけ。
同じく、少しだけの雪。
2015年12月19日 12:22撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく、少しだけの雪。
カップヌードル。
寒いときは暖かい汁物がいいね。
2015年12月19日 11:52撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カップヌードル。
寒いときは暖かい汁物がいいね。
ふかふか落ち葉はクッションが効いてて、膝にやさしい。
2015年12月19日 12:56撮影 by TG-620 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふかふか落ち葉はクッションが効いてて、膝にやさしい。

感想/記録

 しばらく歩いていないので、またしてもリハビリハイキング。2日前に雪が舞い、寒くなったので靴と服の確認、雪が残っていればチェーンスパイクの試験など目的。
 朝の温度は-3℃、ゆっくり支度をして自宅を出発。駐車場には車無し。準備をしていると名古屋ナンバーの車が来て3人グループが準備を始めた。登山開始は9:30頃。
 上半身はファイントラックのスキンメッシュ長袖、ジオライン薄手、モンベルのメリノウール中厚、モンベルのウィンドブレーカー。下半身はスキンメッシュ長脚、ジオライン薄手、裏地付き冬ズボン。足はスキンメッシュ5本指とメリノウールトレッキング靴下。
 歩き始めはブランクを感じてきついのでゆっくり上る。登山口からは直進して民家の軒先をかすめて山道へ入る。日向は土が緩んでいたが、樹林帯に入ると乾いた道、落ち葉が敷き詰めてあって快適。
 展望が効くベンチで、暑いので上半身のメリノウールを脱ぐ、結果的には汗抜けのためにウィンドブレーカーを脱げばよかった。ここで名古屋からのグループに追い抜かれた。更に、おばさんの単独者に追いつかれるが、一足先に出発。
 風がなく、ところどころ陽が入るのでかすかに汗をかく上り。1時間余りしたところで、3人組が日向の広場でお茶休憩をしていたので追い抜く。結果的にはここらで休憩すればよかった。おにぎりをどこかで食べようと思っていて、ブナの大木で準備をするが、稜線になっていて風が通り抜けて寒いので諦め、頂上まで行くこととした。
 結局、休憩なしで頂上へ、2時間ちょっとで到着した。荷物を下してメリノウールを着なおして展望台へ。南アルプスが陽を浴びて、雪をかぶって素晴らしい眺め。中央は雲がかかって山頂があまり見えない。
 キャンプ場に戻って、カップラーメン。山専ボトルのお湯を使った、入れてから4時間くらい、評判では十分ということだったが3分間ではまだ少し硬かった。
 観光客は合計で車5台ほど。皆寒くて早々に帰って行く。テントは無し。
 40分ほど休憩して下り始める。上半身は、今度はメリノウールを着てウィンドブレーカーは脱いだ。ちょっと寒かったけど風を感じないので困ることはない。単独のおばさんがすぐ後ろを下ってきた。下り始めて単独の40歳くらいの男性とすれ違う。今年から登山を始めたが、既に塩見岳の日帰りをしたと。凄い。更に下っていくと、ソロの60代半ば位のおじいさんが、テント装備で登ってきた。凄いの一言。「風が強ければ日帰り」と言っていたけど、翌朝は冷え込むという予報。
 樹林帯の下りは落ち葉のじゅうたん、軽く走ってもクッションが効いていて快適。ただ、下に石があるとつまずく。後ろからくるソロのおばさんが結構速く、追われるように下って1時間20分ほどで車に戻る。
 帰りに「望岳荘」に寄り、おにぎり食べて温まって帰る。

 お天気が良く、暖冬のせいで雪もなく、霜柱もわずかにある程度。下半身は暑いくらい。足はちょっときつかったけど、何とかOKか。上半身もミドルウェアの調整で、ある程度までなら対応できそう。
訪問者数:191人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ