ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 780983 全員に公開 ハイキング奥武蔵

高水山・棒ノ折山

日程 2015年12月16日(水) [日帰り]
メンバー kaakais, その他メンバー1人
天候晴時々曇
アクセス
利用交通機関
電車バス
往き:西武線・拝島からJR青梅線軍畑駅
帰り:さわらびの湯バス停から国際興業バス・飯能から西武線
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間35分
休憩
1時間50分
合計
7時間25分
S軍畑駅07:4308:05高源寺08:16登山口09:10高水山09:4010:05岩茸石山10:3011:07常盤の峰11:26両沢山11:35黒山11:4512:15権次入峠12:30棒ノ嶺13:1513:24権次入峠13:39岩茸石14:42白谷沢登山口15:02さわらびの湯バス停15:08さわらびの湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
計画では7:45出発・15:10到着だったのでほぼ時間通りに行きました。
コース状況/
危険箇所等
軍畑駅に登山届ポストあり・提出
岩茸石山から北へ1つめのピークを超え少し降りた先に分岐不明瞭な箇所あり(間違ったほうに進みそうになりました…)
権次入峠〜白谷沢登山口、とにかく《滑りやすい》。階段崩壊の箇所あり。白孔雀の滝付近一部登山道崩落箇所あり(通行に支障はなし)
その他周辺情報さわらびの湯 800円
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

共同装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 常備薬 携帯 時計 タオル

写真

軍畑駅からスタート。我々以外に3名ほど登山客が降りてゆきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軍畑駅からスタート。我々以外に3名ほど登山客が降りてゆきました。
途中、岩茸石山までルートが同じというおじさんに出会い、話しながら登山道到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、岩茸石山までルートが同じというおじさんに出会い、話しながら登山道到着。
ここでも出るようですね。鈴を装着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでも出るようですね。鈴を装着。
1
登山道入っていきなり砂防ダムが立ちはだかります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入っていきなり砂防ダムが立ちはだかります。
序盤は沢に沿って樹林帯を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
序盤は沢に沿って樹林帯を登ります。
半分くらいのところで沢からはずれ、ススキに囲まれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半分くらいのところで沢からはずれ、ススキに囲まれます。
その後再び樹林帯を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後再び樹林帯を登ります。
「七合目」の碑。信仰の山ということでしょうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「七合目」の碑。信仰の山ということでしょうか。
予想通り、寺院がありました。この近くに水場がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予想通り、寺院がありました。この近くに水場がありました。
高水山に到着!木に囲まれ展望は無し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高水山に到着!木に囲まれ展望は無し。
飛んで岩茸石山。北側の展望が見事でこれから目指す黒山、棒ノ嶺が一望できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛んで岩茸石山。北側の展望が見事でこれから目指す黒山、棒ノ嶺が一望できました。
2
この辺で分岐を間違えそうになりました。登山地図だけでなく地形図も持っていけばよかったと後悔…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺で分岐を間違えそうになりました。登山地図だけでなく地形図も持っていけばよかったと後悔…
名無しのピークなのですがペットボトルのお手製山頂碑が。この他にもこの道には歴史を紹介する紙がビニール袋に入れられて吊るされたりと、地域に愛される山と実感しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名無しのピークなのですがペットボトルのお手製山頂碑が。この他にもこの道には歴史を紹介する紙がビニール袋に入れられて吊るされたりと、地域に愛される山と実感しました。
黒山。展望はありませんが静かな山頂でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒山。展望はありませんが静かな山頂でした。
1
権次入峠。ここからは広い道になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権次入峠。ここからは広い道になります。
植生保護中だそうで。新しい道が出来ていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植生保護中だそうで。新しい道が出来ていました。
棒ノ嶺に到着!晴男の相方のおかげで青空が広がっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺に到着!晴男の相方のおかげで青空が広がっていました。
2
冬らしく遠くまですっきりとはいきませんでしたが見事な展望でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬らしく遠くまですっきりとはいきませんでしたが見事な展望でした。
これから目指す有間ダムも遠望できました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから目指す有間ダムも遠望できました。
問題の階段。数日前の雨のせいか、非常に滑りやすいです。おじさんが一人転倒していました。危ない…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
問題の階段。数日前の雨のせいか、非常に滑りやすいです。おじさんが一人転倒していました。危ない…
岩茸石。十字路になっています。ただでさえ沢筋で寒いのに注意書き洒落でさらに寒くなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石。十字路になっています。ただでさえ沢筋で寒いのに注意書き洒落でさらに寒くなりました。
これが岩茸石。中には登る人もいるようですが…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが岩茸石。中には登る人もいるようですが…
階段跡。崩壊が進んでいます。ロープが張ってあるのでそれを頼りに下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段跡。崩壊が進んでいます。ロープが張ってあるのでそれを頼りに下ります。
林道との交差点。この林道、「有間林道」といって左に行くと有間ダムの上流に至るみたいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道との交差点。この林道、「有間林道」といって左に行くと有間ダムの上流に至るみたいです。
しばらくは左岸を歩いていきますが、そのうち何度も渡渉します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは左岸を歩いていきますが、そのうち何度も渡渉します。
水に流れる落ち葉が綺麗です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水に流れる落ち葉が綺麗です。
白孔雀の滝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白孔雀の滝。
ロープを使って降りた先が沢。ちょっと難易度高めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープを使って降りた先が沢。ちょっと難易度高めです。
下から数えて2つ目のゴルジュ。まさか道が無いとは思いませんでした…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から数えて2つ目のゴルジュ。まさか道が無いとは思いませんでした…
1
枝沢との合流。下から登ってくると枝沢に迷い込む人が多いらしく…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝沢との合流。下から登ってくると枝沢に迷い込む人が多いらしく…
下から数えて1つ目のゴルジュ。下るより登るほうが安全ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から数えて1つ目のゴルジュ。下るより登るほうが安全ですね。
その後は左岸を歩き、だんだん沢との高低差が広がります。道にはシダが生えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後は左岸を歩き、だんだん沢との高低差が広がります。道にはシダが生えています。
1
登山口到着!喜んで猛ダッシュしたらダム転落ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口到着!喜んで猛ダッシュしたらダム転落ですね。
1
ダム湖の水位は低めの印象
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダム湖の水位は低めの印象
さわらびの湯まで到着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわらびの湯まで到着しました。
バス停に杖が置いてありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停に杖が置いてありました。
さすがは飯能市。ここなちゃんが迎えてくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがは飯能市。ここなちゃんが迎えてくれました。
温泉設備はかなり良かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉設備はかなり良かったです。
1

感想/記録

相方とは三つ峠以来でしたが楽しくやれました。
水分は冷1100ml、熱800mlを持っていきましたが高水の時点で冷600mlを消費してしまったので水場で汲みました。結局ペットボトルで持っていった水が丸々余ったので足りたんですけどね。
登山口で出会ったおじさんは聞くと岩茸石山から川井に降りて酒を飲むんだそうで。私もいずれはそういう時間の使い方をしたいですね。
高水山は山頂直下に南側に展望のある東屋があるのですがおじ様がバーナーでブレックファストを作って召し上がっていたので遠慮…
岩茸石山では3組ほどに出会いましたが皆御嶽方面から来た感じでした。

川井へ降りるおじさんに別れを告げ静かな棒ノ嶺への道を黙々と進みます。途中分岐がわからない箇所があり、5分ほど考えましたが、「どちらかというと踏み跡が明瞭なほう」に進むとすぐに先を見通せる箇所があり正しいことを確認しました。
その後は何度もピークを上り下り。
岩茸石山〜黒山の道は謎な掲示物が多く歴史の偉人と思われる方が「山の神」と称され木に祀られていたりしました。

平日とあって人は少なく棒ノ嶺の山頂でも10人程度でした。
持ってきた熱々の紅茶はまだ80℃ほどの熱さを保っておりコップに移してから2人で飲み切りました。

その後の下りはとにかく滑る。数日前の雨のせいかぬかるんでいたり、階段が崩壊していたりと、けっこう悲惨でした。白谷沢は楽しかったですね。ただスリップしたら一巻の終わり・沢にダイブです…スニーカーだと厳しいかも?

さわらびの湯はけっこう混んでました。名栗湖ツーリングに来たと思われるライダーの方もけっこういらっしゃいました。
そして飯能での国際興業では熟睡…西武線で馬場まで戻って夕飯にとんこつ大学を食べて〆としました。
訪問者数:229人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ