ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 781222 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

北高尾山稜から南高尾山稜へ

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー oy99
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:高尾駅 バスで大下バス停
帰り:高尾山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間56分
休憩
1時間17分
合計
9時間13分
S大下バス停07:2807:35木下沢梅林07:44こげさわの森 1番口 (富士見台登山口)08:13富士見台08:1808:23杉沢ノ頭(峰ドッケ)08:33高ドッケ08:45板当山08:50板当峠08:5108:56狐塚峠09:21黒ドッケ09:25湯ノ花山09:43大嵐山10:00三本松山10:06関場峠10:33堂所山10:3611:14景信山11:2111:42小仏峠11:56城山12:4313:14大垂水峠13:36大洞山13:4113:48コンピラ山13:56中沢峠14:14入沢山14:18東山14:1914:26泰光寺山14:2714:38三沢峠15:01草戸山15:0615:33草戸山15:3415:40草戸峠16:32四辻16:3316:41高尾山口駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に問題なし
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

小下沢林道より登山口へ
こげさわの森一番口
ここから登ります
2015年12月19日 07:43撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小下沢林道より登山口へ
こげさわの森一番口
ここから登ります
1
こんな沢を上がっていきます
2015年12月19日 07:49撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな沢を上がっていきます
1
富士見台より富士山
今日は良く見える
2015年12月19日 08:16撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台より富士山
今日は良く見える
2
北高尾山稜から
かすかに見えるのは筑波山かな?
2015年12月19日 09:05撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北高尾山稜から
かすかに見えるのは筑波山かな?
黒ドッケ
北高尾に主稜はないけど、個人的にはここ
2015年12月19日 09:21撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒ドッケ
北高尾に主稜はないけど、個人的にはここ
1
湯の花山
ちょっと休憩するのにいい
冬は回りの木の葉が落ちていい日差しが入る
2015年12月19日 09:31撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯の花山
ちょっと休憩するのにいい
冬は回りの木の葉が落ちていい日差しが入る
1
冬は葉が落ちて、夏見えなかったものが見えてくる
堂所山頂からちょっと北高尾に下りた所
富士山が見える、知らなかった
2015年12月19日 10:32撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬は葉が落ちて、夏見えなかったものが見えてくる
堂所山頂からちょっと北高尾に下りた所
富士山が見える、知らなかった
景信山頂より
2015年12月19日 11:20撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景信山頂より
1
城山山頂より
2015年12月19日 12:42撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山山頂より
1
大洞山
2015年12月19日 13:39撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大洞山
南高尾山稜ルートの富士見台
午後はちょっとモヤッてきたけど、富士山は見えた
2015年12月19日 14:07撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南高尾山稜ルートの富士見台
午後はちょっとモヤッてきたけど、富士山は見えた
1
草戸峠より
冬は暗くなるのが早い
2015年12月19日 15:41撮影 by ISW13HT, HTC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草戸峠より
冬は暗くなるのが早い
1
撮影機材:

感想/記録
by oy99

今日は北高尾山稜から南高尾山稜を回る予定
ちょっと悩んだのが北高尾をどこからアプローチするか
思いついたのが矢倉沢ルート
一度このコースは下ったことはあるが登ったことがなかった
結構厳しいルートだった記憶があるけど登りはどうかなと決定

出発は大下バス停
まずは小下沢林道へ
日影バス停からも行けるが大下からの方が近い
小下沢林道をしばらく進むと右手にこげさわの森一番口
入口は分かりやすい
ここから登っていく
しばらく登っていくと沢を進むルートとなる
沢は枯れており岩の上を進む感じ
浮き石もありちょっと注意して進む
途中鹿の頭蓋骨があったりちょと不気味な感じも
夏とか梅雨時はあまり来たくないルートだ
そのまま沢沿いを進む
一度左手の斜面に入る
これが結構な急登
ロープがあり登れないことはないものの
結構しんどい
その後もしばらく沢を進み
途中から山道となる
ここからは道はけっこうしっかりしており
迷う心配はない
しかし相変わらず急なのぼり
北高尾山稜ルートに近づくと
ようやく緩やかになっていく
30分程度とそれほど長いコースではないものの
かなり急だった

尾根まで上がると北高尾山稜
そして直ぐに富士見台
ここからはいつもの北高尾山稜ルートだ
いくつものピークを登り下り進んでいく
黒ドッケを過ぎると
落葉が進み今で見えなかった景色か見えるようになってくる
このルートは夏と冬ではかなり印象が異なる
夏もいいけど
やはり冬のこのルートが好きだ
そのまま進み堂所山
山頂直前から富士山が見えて
夏は木々に遮られ見えなかったが
冬になると見えるものがある

そのまま高尾-陣馬メインルート
景信山を目指す
いつものルート
堂所山から景信山はちょっと変化が少なく
なぜかいつもシンドク感じる
景信山から城山に進みランチ
紅葉最盛期の11月より
景信山、城山山頂にはが多くの人がいる感じだ

城山より南高尾山稜を目指し大垂水峠へ
城山から直ぐの急な下り
やはり夏とは印象がかなり違う
そんな変化を楽しみながら進んだ
大垂水峠からは南高尾山稜ルート
まず目指すは大洞山
ここまでは登りが続く
それほど急ではないものの
ルート後半に入りちょっとシンドクなってきた
それでも大洞山を過ぎれば
急な登りは少なくなり
歩きやすいルートとなる
ただそれも三沢峠まで
ここからは、まず階段が多くなる
草戸山まで結構な階段が続く
逆ルートだと登りが多くシンドイ
南高尾山稜を復路に使うと
まずこの階段地獄がダメージを与える
それでも草戸山に到着
階段地獄はここまで
ちょっと一休みして出発
ここでなんと道間違え
草戸峠方面にいくつもりが
間違えて大戸方面に進んでしまった
途中気づくが下に降りて高尾駅に行けばいいかと
安易に考えてしまった
さらに進むうちに
ちょっと心配になり地図を確認
すると守屋地図にはこのルートは載ってない
安易に高尾方面に行けると考えていたが無理そう
仕方ないので引き返す
このルート
意外に急な登り下りがあり
ちょっと心が折れかける
それでも草戸山まで戻り
草戸峠へ進む
ここでちょっと思案
予定通り四辻まで行くか
梅の木平へ降りるか
前回は梅の木平へ降りてしまった
それとここから四辻まで
意外に登りが多く
実はシンドイルート
ちょっと考えるが予定通り四辻へ

やはりこのルート
疲れた体にはシンドイ
高尾山口に向かい下りが続く訳ではなく
登り下りが連続するルート
結構急な登りもあり
ヘロヘロになってきた体にはしんどかった
最後まで登りのある
復路、特にロングランした後にはシンドイです

それでも何とか四辻に到着
ここからは高尾山口まで一気に下ります
今日はなんとか明るいうちに駅まで帰れた













訪問者数:272人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ