ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 781355 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山【モミジ谷−太尾道】

日程 2015年12月20日(日) [日帰り]
メンバー s_fujiwara, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・R309水越トンネル西口を旧R309に入り水越川公共駐車場へ
☆自宅から22.5km 約40分

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち59%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間23分
休憩
1時間19分
合計
5時間42分
S水越川公共駐車場07:2307:29水越峠バス停07:35水越峠08:08金剛の水08:0908:16カヤンボ08:19もみじ谷入り口09:18第6堰堤09:2309:27本流ルート分岐09:3710:05金剛山10:2410:40山頂広場11:2211:32大日岳11:3311:50六道の辻11:5112:05太尾塞跡13:05水越川公共駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
歩行距離:9.2km(沿面:9.6km)
累積標高:732m
コース状況/
危険箇所等
【モミジ谷】
・全体に少し荒れているが、通行に支障なし
・第5堰堤からきれいなVカットの谷になる
・第6堰堤から上部の谷はサワ歩き箇所もあり
・詰めると尾根への取付き箇所にロープがありわかりやすい
・急登の尾根を登りきると石柱が正面に見えここを左へ進むと山頂周回路に出る

【太尾道】
・山頂周回路から大日岳方面へ進む
・大日岳から大峰支稜の稲村ヶ岳方面が展望できる
・大日岳から下りは山道凍結でスリップ注意(アイゼンがあれば安心)
・六道の辻を過ぎ太尾塞跡を左に下る(しばらく急峻な下りになる)
・太尾東西分岐を右へ下ると公共駐車場が近い(左へ下ると青崩登山口方面に出る)
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

ガンドガコバ林道入口
2015年12月20日 07:42撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガンドガコバ林道入口
2
モミジ谷入口
2015年12月20日 08:24撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モミジ谷入口
2
狼谷分岐
ここは左へ進む
2015年12月20日 08:43撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狼谷分岐
ここは左へ進む
1
第5堰堤
水量が多い
2015年12月20日 09:11撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第5堰堤
水量が多い
2
この二股を右へ進むと
2015年12月20日 09:10撮影 by EX-ZS35, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この二股を右へ進むと
きれいなV字カットの谷
ここはお気に入りなところ
2015年12月20日 09:17撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいなV字カットの谷
ここはお気に入りなところ
1
第6堰堤
氷瀑にはまだまだ時間がかかる
2015年12月20日 09:24撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第6堰堤
氷瀑にはまだまだ時間がかかる
3
沢の中を進むと二股があり、
荒れているが、ここを右へ進む
2015年12月20日 09:37撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の中を進むと二股があり、
荒れているが、ここを右へ進む
1
尾根の取付きにはロープがある
2015年12月20日 09:41撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の取付きにはロープがある
尾根の急登をひたすら登る
2015年12月20日 09:43撮影 by EX-ZS35, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の急登をひたすら登る
1
テラスで一息ついて・・・、
2015年12月20日 09:55撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テラスで一息ついて・・・、
1
再び急登を詰めると石柱が正面に見える
ここを左にとると山頂周回路に出る
2015年12月20日 10:07撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び急登を詰めると石柱が正面に見える
ここを左にとると山頂周回路に出る
1
葛木神社裏参道のブナ林方の展望
最奥は愛宕山
2015年12月20日 10:12撮影 by EX-ZS35, CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社裏参道のブナ林方の展望
最奥は愛宕山
7
同所から、葛城山の奥に冠雪の山塊
「武奈ヶ岳?」かな?
この右にも冠雪の山塊があり
これは「霊仙山と伊吹山?」かな?
ご教示いただければありがたい
2015年12月20日 10:25撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同所から、葛城山の奥に冠雪の山塊
「武奈ヶ岳?」かな?
この右にも冠雪の山塊があり
これは「霊仙山と伊吹山?」かな?
ご教示いただければありがたい
12
葛木神社 参詣
2015年12月20日 10:30撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木神社 参詣
5
転法輪寺 納経
2015年12月20日 10:41撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
転法輪寺 納経
3
山頂広場
時計と山頂標識の間から愛宕山が見えた
2015年12月20日 10:49撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂広場
時計と山頂標識の間から愛宕山が見えた
9
大日岳から稲村ヶ岳がきれいに見える
2015年12月20日 11:40撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大日岳から稲村ヶ岳がきれいに見える
12
六道ノ辻通過
2015年12月20日 11:57撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六道ノ辻通過
3
太尾塞跡
2015年12月20日 12:14撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太尾塞跡
太尾塞跡
左へ下る
ここからしばらく急峻な下りになる
2015年12月20日 12:14撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太尾塞跡
左へ下る
ここからしばらく急峻な下りになる
ここは右へ、東コースを下る
2015年12月20日 12:40撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは右へ、東コースを下る
山道はここまで
2015年12月20日 13:08撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道はここまで
1
下山ポイント
旧R309 No.25Point
2015年12月20日 13:08撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山ポイント
旧R309 No.25Point
1
今日も無事に下山しました
2015年12月20日 13:11撮影 by SZ-15,DZ-100 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も無事に下山しました
6

感想/記録

最近まれな2日連続の山行になる。
昨日の明神平はガスで視界が遮られ、若干不満があった。
今日の関西地方は完全な高気圧の中心。
ということで、「一日ずれた」の印象が大。
ということで、久しぶりの「モミジ谷」経由の金剛山へ出かける。

いい天気だ!
立木の葉も散って見通しの良いモミジ谷は清々しさも感じる。
葛木神社裏参道のブナ林の展望所から葛城山がバッチリ見える。
それから、その上部の遠方には見たことがない冠雪の山塊が見える。
「あれは?」と聞かれても即座に答えられない。
∵こんなに澄んだ空気の下での展望は無かったから(>_<)

帰宅して調べてみると方向的に「武奈ヶ岳?」のような気がする。
その右側に見えていたのは「霊仙山?と伊吹山?」と思われるが・・・。
山座同定可能な方にご教示いただけたら幸いです。
訪問者数:308人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/15
投稿数: 2699
2015/12/21 10:35
 s_fujiwaraさん、おはようございます
二日続きの山行きですね。
お元気になられて良かったですね。
昨日はいい天気でしたね。
私は、高見山でしたが霧氷は融け落ちてました。
高見山からも北に白い山塊が見えてました。
おっしゃるように琵琶湖の西側の比良山系ですね。
登録日: 2012/11/11
投稿数: 296
2015/12/21 13:19
 冬山楽しめましたね
19日には明神平でしたか、昨日は金剛山。お元気になられたようで良かったです。僕は明神にしようか迷ったのですが、釈迦岳の林道ヶもうすぐ通行止になるので行って来ました。金剛山も天気が良く暖かく良かったですね、まぁ樹氷は楽しめなかったですが頂上でお湯を沸かしカップ麺を食べられたことに感謝しなくてはと思っています。
釈迦から金剛山葛城山がきれいに見えましたよ。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 4933
2015/12/21 14:12
 s_fujiwaraさん、こんにちは。
二日連続登山、すっかりご回復で
何よりです。
遠望の山は、比良の南部の山だと
思います。遠くまで見れて
いい日和でしたね。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2015/12/21 14:46
 Re: s_fujiwaraさん、おはようございます
annyonさん こんにちは!
早速コメントをいただきありがとうございます。

当日はまれな、いいお天気でしたねsun
モミジ谷の第6堰堤は氷瀑にはまだ時間がかかりそうでした。

annyonさんは高見山でしたか・・・。
風通しが良いので、てっきりきれいな霧氷が見られると思っていました。
霧氷は落花していたとは残念でしたね。

やっぱり遠望の冠雪した山塊は比良山系だったのですね。
ご教示ありがとうございました。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2015/12/21 14:51
 Re: 冬山楽しめましたね
sskamosikaさん こんにちは!
コメントをいただきありがとうございます。

本格的な冬山シーズンが到来しましたね!
19日の明神平は霧氷は素晴らしかったのですが、背景が曇天とガスで
惜しいことをしました。
20日の金剛山は、お天気が良くて滋賀の冠雪した山が見えました。
金剛山からこれだけ遠望ができたのは初めてでした。

釈迦ヶ岳に行かれたとのこと、すぐに拝見させていただきます。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2015/12/21 14:56
 Re: s_fujiwaraさん、こんにちは。
komakiさん こんにちは!
コメントをいただきありがとうございます。

「すっかり回復」だといいのですが、無理やり出かけた?
という感じです。ご心配をおかけしております。

金剛山からの遠望で、ここまで見えたのは初めてで、驚きました。
並んで眺めていた方が、「あの遠くの山は?白山?」と聞かれて
「うぅ〜ん・・・、白山ではないなぁ。滋賀県の山だと思うけれど?」
とあてずっぽうに答えておきました

山が好天が一番ですね。大きな感動をいただきました。
登録日: 2013/2/26
投稿数: 1588
2015/12/22 6:53
 s_fujiwaraさん おはようございます!
◎ 2日連続とは絶好調みたいで安心しました。^.^Y
◎ 本当に遠望がハッキリ見えて最高の時に行かれて良かったですね! 方角を確認すると武奈ヶ岳っぽいですね!山名を余り知らない私が言うのも変ですが、、。^,^;
◎ それにしても見えるんですね!? 気が付かなかった事を教えて頂き有り難うございました! これから意識して見たいと思います!
◎ しっかり歩けて最高の景色を見る事が出来て楽しかったでしょうね! お疲れ様でした! m(_ _)m
登録日: 2013/5/29
投稿数: 445
2015/12/22 13:32
 金剛山の展望
素晴らしい展望ですね。
私が武奈ヶ岳に登った時に、金剛山が見えると教えてもらいました。
金剛山は5月に一度しか登ったことがなく、大阪の街が見える山としか思わなかったのですが、これからの季節は遠くの山も見えるようになるんでしょうね。
雪のある時に大阪の娘の家から電車とバスを使って行きたいと思っています。
その時はいろいろ教えてください。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2015/12/22 20:22
 Re: s_fujiwaraさん おはようございます!
mypaceさん こんばんは!
コメントをいただきありがとうございます。

まさか金剛山から比良山系を望めるとは驚きました。
当日はちょうど関西は高気圧のど真ん中で条件が良かったのでしょうね。
武奈ヶ岳の右の方にも冠雪した山塊が見え、武奈ヶ岳が正しいなら
おそらく霊仙、伊吹山かな?と想像します。

行きたいとこはたくさんあるのに、体調に問題ありで思うに任せないところが
辛いですね。
可能な範囲で動きたいと思います。
ありがとうございました。
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2015/12/22 20:39
 Re: 金剛山の展望
mayutsuboさん こんばんは!
コメントをいただきありがとうございます。

金剛山から武奈ヶ岳を望めたのはラッキーでした。
逆に武奈ヶ岳からも金剛山が見えることがあるのですね。

金剛山は山道がたくさんあって、マイナーなコース取りでいろんな山道を
楽しんでいる方もおられます。
山頂で達成感を味わうというより、山道の変化に富んだコースを楽しむ
という感じでしょうか。
機会があったらお出かけください。
検討されて、「ここはどうなっているの?」疑問がありましたらわかる範囲で
お答えします。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 709
2015/12/23 21:12
 「一日ずれた」
s_fujiwaraさん、こんばんは。

週の初めからの天気予報や天気図では土曜日の方がイイかも!?という
感じでしたが、金曜日に見た予想天気図では日曜日に高気圧が日本列島の
真上を覆うようになってたので、「一日ずれた!」って、私もそう思い
ましたが、こんなイイお天気になるとは思ってなかったです sun

私も高見山から比良連山を眺めて、かなり白く見えたので「あっちに
行ってみたいな〜!?」とかなりそそられました
でも、奈良の山々もこれからいっぱい雪が降ると思うので楽しみです

金剛山のV字谷、気になる所なので、一度行ってみたいです〜
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2015/12/24 19:52
 Re: 「一日ずれた」
sukanpoさん こんばんは!
コメントをいただきありがとうございます。

当日は素晴らしい天気に恵まれました 。
金剛山から比良連山を望めるとは・・・
予期しない展望にすっかり佇んでしまいました。

高見山も遠望が素晴らしかったようでよかったですね!
やっぱり好天に限りますね

「モミジ谷」はsukanpoさんには物足りないコースかも知れませんが、
もう少し冷え込んでから行かれた方が第6堰堤の氷瀑も見れていいかもしれませんね。
氷瀑もいいですが、好みで言わせていただくと、
第5堰堤を過ぎて二股を右に入ったV字谷が私のお気に入り場所です!

武奈ヶ岳も行きたいのですが、ちょっと遠いので・・・
奈良の山もエエとこ、たくさんありますし・・・

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ