ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 781625 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

ある晴れた冬の川苔山

日程 2015年12月20日(日) [日帰り]
メンバー Casei
天候晴れ、快晴!
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR奥多摩駅から,川乗橋BSまでバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◇危険部分
・沢沿いのトラバース路は狭く、注意しないと滑落一直線
・沢の遡上ルートで一部、分かりにくい部分あり
・急斜面の直登あり、九十九折あり
・舟井戸〜大ダワの尾根道はけっこうな岩場
・全体的に落ち葉が積もって、斜面やトラバース路が滑りやすい。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

奥多摩駅バス停。年の瀬押しせまったせいか、登山客は少なめ(増便が1本しかない)
2015年12月20日 08:24撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩駅バス停。年の瀬押しせまったせいか、登山客は少なめ(増便が1本しかない)
バスで15分ほど。登山口の川乗橋BSへ
2015年12月20日 08:55撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスで15分ほど。登山口の川乗橋BSへ
林道歩き30分ほどで山道への入口。トイレ掃除してました。
2015年12月20日 09:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道歩き30分ほどで山道への入口。トイレ掃除してました。
沢沿いなので所により道が狭い。落葉での滑り注意!
2015年12月20日 09:29撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いなので所により道が狭い。落葉での滑り注意!
天然のウォータースライダーみたいな滝もありました
2015年12月20日 09:35撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然のウォータースライダーみたいな滝もありました
1
何度か木橋を渡ります
2015年12月20日 09:36撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か木橋を渡ります
冬の沢も趣があってよいですね
2015年12月20日 09:51撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬の沢も趣があってよいですね
左の小さな遭難碑が見えたら注意!それまで通り沢ぞいに直進できそうに見えますが、実はUターンして崖を登るような階段が正しいルート(右に小さく道標もあるんですけどね)
2015年12月20日 10:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の小さな遭難碑が見えたら注意!それまで通り沢ぞいに直進できそうに見えますが、実はUターンして崖を登るような階段が正しいルート(右に小さく道標もあるんですけどね)
こちら名勝の百尋の滝。薄絹のような薄い幕みたいな感じ
2015年12月20日 10:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら名勝の百尋の滝。薄絹のような薄い幕みたいな感じ
2
滝つぼ近くまで寄れます。迫力の滝というより優雅さを感じます。
2015年12月20日 10:14撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝つぼ近くまで寄れます。迫力の滝というより優雅さを感じます。
2
沢から離れて山腹を登ると分岐。左右どちらからも川苔山にいけます。今回は右の足毛岩コースへ。
2015年12月20日 10:44撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢から離れて山腹を登ると分岐。左右どちらからも川苔山にいけます。今回は右の足毛岩コースへ。
けっこうゴツゴツした道
2015年12月20日 10:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこうゴツゴツした道
途中ようやく空が広がって頂上が望めるように
2015年12月20日 11:13撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中ようやく空が広がって頂上が望めるように
急坂。これを登りきったあそこが頂上だな、って思いきや
2015年12月20日 11:17撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂。これを登りきったあそこが頂上だな、って思いきや
1
案の定、それはただの肩でホントの頂上はさらに上!
2015年12月20日 11:21撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案の定、それはただの肩でホントの頂上はさらに上!
なんとか午前中に登頂できました
2015年12月20日 11:25撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか午前中に登頂できました
西側の山並み。雲取山だなあ
2015年12月20日 11:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西側の山並み。雲取山だなあ
1
富士山は今日もハンサムでした。
2015年12月20日 11:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は今日もハンサムでした。
1
北側は木々の合間から白い峰々が。方向的には赤城とか日光白根とかだけど・・・どうだろう?
2015年12月20日 11:28撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北側は木々の合間から白い峰々が。方向的には赤城とか日光白根とかだけど・・・どうだろう?
山頂はそこそこに、本仁田山方面へ下山。
大ダワまでの尾根道はけっこうシビアだったので、岩が苦手な方は巻道をどうぞ
2015年12月20日 12:27撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はそこそこに、本仁田山方面へ下山。
大ダワまでの尾根道はけっこうシビアだったので、岩が苦手な方は巻道をどうぞ
本仁田山。山頂標は私製?
2015年12月20日 13:01撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本仁田山。山頂標は私製?
ここは市街地の展望がいいところですよ。
2015年12月20日 13:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは市街地の展望がいいところですよ。
1
さて下山。ん?乳房観音ってなんだろな、なんだか中学生男子が過剰反応しそうな名前だけれども。
2015年12月20日 13:54撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて下山。ん?乳房観音ってなんだろな、なんだか中学生男子が過剰反応しそうな名前だけれども。
イチョウの乳根に由来するもので、転じて母乳豊穣、乳癌除けのご利益だそうで、当たり前ですけど至極マジメ。
2015年12月20日 13:56撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチョウの乳根に由来するもので、転じて母乳豊穣、乳癌除けのご利益だそうで、当たり前ですけど至極マジメ。
山道終了。個人宅の脇を通行して車道へ。
2015年12月20日 13:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山道終了。個人宅の脇を通行して車道へ。
登山口はこんな感じ。
2015年12月20日 14:00撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口はこんな感じ。
あとは車道を2kmちょっと歩いて奥多摩駅へ帰還。この季節は駅前でアユの塩焼き屋台でてないんですねー(残念)
2015年12月20日 14:23撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは車道を2kmちょっと歩いて奥多摩駅へ帰還。この季節は駅前でアユの塩焼き屋台でてないんですねー(残念)
撮影機材:

感想/記録
by Casei

久しぶりに川苔山にいってみました。
夏に登ったことのある山も、冬だとまた違った表情ですからね、あと百尋の滝は見てなかったから見ておきたいな、と。

川乗橋からの沢コースは、常に流れが見える道ですから清々しい雰囲気です。日が差さないためちょっと肌寒いのが注意点。有名な百尋の滝のほかにも小さい滝や絵になる渓谷の風景が見られます。写真キャプションでも書きましたが、ちょっと道を見落としそうなところはありましたけどね。

川苔山への登りは、けっこうな急斜面なので、一気に上がろうとすると冬でも汗だくです。下りでは落ち葉で滑りやすい急勾配の悪路ですから、こちらは冷や汗ですね。なお、元・奥多摩山岳救助隊員の本によると、百尋の滝から登ってしばらくの一帯が「魔の場所」らしく滑落事故多発エリアだそうです。

本仁田山から奥多摩駅への下りもなかなか荒れて歩きにくいところ、滑りやすいところありましたから、最後だからと気を抜いてはいけません。

訪問者数:344人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 滑落 直登 道標 渓谷 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ