ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 781919 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

雪の西穂高岳、初チャレンジ

日程 2015年12月20日(日) [日帰り]
メンバー nozomu98
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高登山口駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
積雪
その他周辺情報前泊で平湯のつゆくさ、という民宿を利用させて頂きました。素泊まりですが、土曜日であったので、7000円程でした。部屋は小綺麗にはされていました。露天風呂があり、カギをかけられます。湯船に浸かり、夜空をみあげると、月と星がみれ、小宇宙を感じました。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 着替え ザック アイゼン ピッケル

写真

山登りでこんな晴れはいつ以来でしょうか。気持ちいい。来てよかった。
2015年12月20日 10:41撮影 by SC-02E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山登りでこんな晴れはいつ以来でしょうか。気持ちいい。来てよかった。
4
恐る恐る登ってみました。夏では経験ありましたが、冬は初です。
2015年12月20日 11:40撮影 by SC-02E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恐る恐る登ってみました。夏では経験ありましたが、冬は初です。
8
独標をのぼり、下ったら、その後は、自分のリミットが外れてしまいました。危険ですね。冷静さももっておかないと。しかし、
ここまできたのであれば、なんとしてでも西穂高岳まで。
2015年12月20日 12:05撮影 by SC-02E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
独標をのぼり、下ったら、その後は、自分のリミットが外れてしまいました。危険ですね。冷静さももっておかないと。しかし、
ここまできたのであれば、なんとしてでも西穂高岳まで。
10
なんだか自分を誇らしく思えてしまう。この感覚、登山の醍醐味だよなあ。
2015年12月20日 12:48撮影 by SC-02E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんだか自分を誇らしく思えてしまう。この感覚、登山の醍醐味だよなあ。
6
達成感半端なし。自己満足最高潮。自己陶酔もそこそこにして、写真を撮りまくりました。そして、美しく危険な場所から早々と離れることにしました。この道の先にはジャンダルムや奥穂高岳が。まずは夏山を歩こう。
2015年12月20日 12:49撮影 by SC-02E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
達成感半端なし。自己満足最高潮。自己陶酔もそこそこにして、写真を撮りまくりました。そして、美しく危険な場所から早々と離れることにしました。この道の先にはジャンダルムや奥穂高岳が。まずは夏山を歩こう。
13
岩って美しい。頂上を目指している時とは違い、下りでは岩の美しさや周りに広がる景色にみとれてしまいます。神々しい。
2015年12月20日 13:11撮影 by SC-02E, SAMSUNG
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩って美しい。頂上を目指している時とは違い、下りでは岩の美しさや周りに広がる景色にみとれてしまいます。神々しい。
8

感想/記録

この上なく晴れていました。お天気に恵まれました。このコンディションのおかげで、より遠くへ行こうというモチベーションと、この日以外にいつ行くんだという使命感がをもちました。しかし、当初西穂高岳までは計画に入れていなく、歩きながらのコース変更でした。トラブルが起きなかったから、結果オーライでしたが、客観的にみればとてもほめられた行動ではなかったです。
訪問者数:1207人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ジャンダルム
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ