ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 781948 全員に公開 ハイキング奥武蔵

あちらこちらの山では冬支度が始まっているのでしょうか

日程 2015年12月20日(日) [日帰り]
メンバー kuwayare
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:国際興行バス 7:10飯能駅→8:05名郷
帰り:秩父鉄道 14:35浦山口→14:43御花畑
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
22分
合計
6時間25分
S名郷08:0808:41白岩登山口08:4209:26鳥首峠09:2710:01ウノタワ10:0210:20横倉山10:2110:30大持山の肩10:3210:38大持山10:3911:50小持山12:15シラジクボ12:37シラジクボとの分岐12:42武甲山12:5312:58シラジクボとの分岐12:5913:20長者屋敷の頭13:2113:55橋立林道終点13:5614:22札所28番 橋立堂/橋立鍾乳洞14:2314:30浦山口駅14:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪はありませんでしたが、所々、日陰には霜柱が立っていました。場所により、少々ぬかるみあり。鳥首峠から大持山の間は、落ち葉により道が不明瞭な部分がありましたが、全体的に道は分り易いのではないでしょうか。
その他周辺情報御花畑から西武秩父駅への乗り換えの途中に仲見世があり、そこでジェラートを食べました。350円でした。でも、ちょっと寒かったかな。少し歩いたら、たい焼きが目に入り、そちらにすればよかったかなと、ちょっと後悔。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

蒼い空の下、まずは、鳥首峠に向かい出発。名郷のバス停では数十人のハイカーがおられましたが、鳥首峠に向かったのは小生一人でした。まさしく奥武蔵一人旅。
2015年12月20日 08:21撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒼い空の下、まずは、鳥首峠に向かい出発。名郷のバス停では数十人のハイカーがおられましたが、鳥首峠に向かったのは小生一人でした。まさしく奥武蔵一人旅。
有名な白岩廃集落を通り、鳥首峠に。鳥首という名付けに少し興味を引かれます。鳥といえば、翼とか羽毛とか思い浮かべますが、何故、首なのでしょうか。世の中、分らない事だらけです。
2015年12月20日 09:33撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な白岩廃集落を通り、鳥首峠に。鳥首という名付けに少し興味を引かれます。鳥といえば、翼とか羽毛とか思い浮かべますが、何故、首なのでしょうか。世の中、分らない事だらけです。
送電線の工事をしており、そこで使われている工事車両。ワイヤーのようなものを巻き取る機能がありますが、何をするのでしょうか。山を引っぱるとか、まさかね。
2015年12月20日 09:52撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線の工事をしており、そこで使われている工事車両。ワイヤーのようなものを巻き取る機能がありますが、何をするのでしょうか。山を引っぱるとか、まさかね。
1
眺望の良い場所で、伊豆ヶ岳が見えたので、写真に撮りました。しかし、ピントが手前の樹にあっていて、ボヤーンとしております。残念。
2015年12月20日 10:44撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺望の良い場所で、伊豆ヶ岳が見えたので、写真に撮りました。しかし、ピントが手前の樹にあっていて、ボヤーンとしております。残念。
1
大持山。ここから武甲山までの稜線は眺望が素晴らしく、沢山の山々を望めます。また、行き先の山もくっきりと分り、子持山、武甲山のハイカーが歩いているのが分ります。
2015年12月20日 10:51撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大持山。ここから武甲山までの稜線は眺望が素晴らしく、沢山の山々を望めます。また、行き先の山もくっきりと分り、子持山、武甲山のハイカーが歩いているのが分ります。
3
どこからでも分る、ギザギザ頭の両神山。
2015年12月20日 11:05撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どこからでも分る、ギザギザ頭の両神山。
6
お昼は「名古屋 台湾ラーメン」。おいおい、ネーミングが間違ってません?できれば、地名は一つにして欲しかった。ラーメンは辛くて、美味しかったです。
2015年12月20日 11:21撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼は「名古屋 台湾ラーメン」。おいおい、ネーミングが間違ってません?できれば、地名は一つにして欲しかった。ラーメンは辛くて、美味しかったです。
1
お昼は眺めの良い窪地で食べましたが、そこからの風景をお届けします。絶壁にせり出した岩の上に、石が積んであるので、気になって写真に収めるました。
2015年12月20日 11:44撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お昼は眺めの良い窪地で食べましたが、そこからの風景をお届けします。絶壁にせり出した岩の上に、石が積んであるので、気になって写真に収めるました。
2
子持山には3人のハイカーがお昼を食べておられました。こそっと挨拶をして、景色を写真に撮り、そそくさと次の武甲山へと向かいます。
2015年12月20日 12:00撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子持山には3人のハイカーがお昼を食べておられました。こそっと挨拶をして、景色を写真に撮り、そそくさと次の武甲山へと向かいます。
これから向かう武甲山。さすが奥武蔵の勇、どっしりとしています。しかし、軽々しい山とは、あまり見かけないな。あはは。
2015年12月20日 12:01撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう武甲山。さすが奥武蔵の勇、どっしりとしています。しかし、軽々しい山とは、あまり見かけないな。あはは。
4
ひっそりと武甲山。
展望台は数名の方のみでしたが、神社の境内では多くの方がお食事を召し上がっておりました。
2015年12月20日 12:57撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひっそりと武甲山。
展望台は数名の方のみでしたが、神社の境内では多くの方がお食事を召し上がっておりました。
3
遠くに浅間山。流石に噴火の煙までは見えませんが、頭には白い物が、恐らく、雪でしょうが。武甲山の頂上は眺めが良い。
2015年12月20日 12:59撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに浅間山。流石に噴火の煙までは見えませんが、頭には白い物が、恐らく、雪でしょうが。武甲山の頂上は眺めが良い。
6
武甲山から下山して、浦山口駅へ。長い林道が退屈です。ちょいと見上げると、二子山が。ちょいと前にお世話になりました。
2015年12月20日 14:16撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武甲山から下山して、浦山口駅へ。長い林道が退屈です。ちょいと見上げると、二子山が。ちょいと前にお世話になりました。
浦山口駅に到着。駅までの道を間違えそうになり、親切な方に正して頂きました。本当に、多謝。
2015年12月20日 14:42撮影 by DMC-TZ10, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浦山口駅に到着。駅までの道を間違えそうになり、親切な方に正して頂きました。本当に、多謝。
1

感想/記録

暖冬と噂されている今日この頃、山の冬支度を確認するために、奥武蔵の稜線を歩いて参りました。前日の天気予報は晴れですが、冷え込むとの予報の通り、行きは空気の冷たさを感じ、電車の座席暖房で暖を取りました。しかし、山を歩いているときは、風がなく、強い日差しが燦々と降り注ぐので、寒さを感じる事はありませんでした。霜柱が立っている所はありましたが、雪がないところを考えると、この辺りの山域の冬支度は、遅々としているようです。
おかげで、小生のようなへなちょこハイカーは、気分良く歩けます。やはりアイゼンを付けての歩行は面倒ですし、凍結した道をあるくのは気を使います。
他方、冬なのに雪がないのは少し寂しい。遥かなるアルプス等の山々の白さを感じて、冬山の美しさに思いを馳せるところでしょうか。
訪問者数:292人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 林道 霜柱
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ