ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 782674 全員に公開 ハイキング東北

半田山

日程 2015年11月23日(月) [日帰り]
メンバー nomoshin
天候曇り一時小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
半田山自然公園・管理センター0624―半田沼0636―北駐車場・登山口0645―0750半田山0751―0807駐車場・登山口―0818ベンチ(半田沼の展望良)0827―0850半田山自然公園・管理センター
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

半田山自然公園の駐車場に車を停めました。
2015年11月23日 06:24撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半田山自然公園の駐車場に車を停めました。
散策路がいろいろとあるようです。
2015年11月23日 06:25撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
散策路がいろいろとあるようです。
まずは半田沼に降りてみます。
2015年11月23日 06:31撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは半田沼に降りてみます。
人気のない湖畔を進みます。
2015年11月23日 06:36撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人気のない湖畔を進みます。
沼の向こうの雲の中が半田山かと思ってしまいましたが、どうやれこれは違った模様。
2015年11月23日 06:38撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼の向こうの雲の中が半田山かと思ってしまいましたが、どうやれこれは違った模様。
盗掘する人の気持ちが全く理解できません。
2015年11月23日 06:44撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
盗掘する人の気持ちが全く理解できません。
北駐車場近くの登山口から登り始めます。
2015年11月23日 06:45撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北駐車場近くの登山口から登り始めます。
復興百周年の意味がこの時点では良く飲み込めていません…
2015年11月23日 06:53撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
復興百周年の意味がこの時点では良く飲み込めていません…
落ち葉を踏んでの登路。
2015年11月23日 07:48撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉を踏んでの登路。
山頂に到着しました。あいにく、雲の中です。雨が降っていないだけ、良しとしましょう。
2015年11月23日 07:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着しました。あいにく、雲の中です。雨が降っていないだけ、良しとしましょう。
1
祠が3座。
2015年11月23日 07:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祠が3座。
三角点もあります。
2015年11月23日 07:50撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点もあります。
山頂全景。何も見えませんし、寒いので、とっととずらかります。
2015年11月23日 07:51撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂全景。何も見えませんし、寒いので、とっととずらかります。
晴れていれば、半田沼がハート型に見えるということなのでしょうね。
2015年11月23日 07:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
晴れていれば、半田沼がハート型に見えるということなのでしょうね。
おっ、雲の下まで下ったようです。ここからなら沼が見えます。
2015年11月23日 08:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、雲の下まで下ったようです。ここからなら沼が見えます。
1
ズームしてみると、多少変形していますが、確かにハート型と言えなくもありません。
2015年11月23日 08:18撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズームしてみると、多少変形していますが、確かにハート型と言えなくもありません。
2
ハートレイクを見ながら、このベンチで朝食(おにぎり)にしました。
2015年11月23日 08:27撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハートレイクを見ながら、このベンチで朝食(おにぎり)にしました。
1
色づいた落ち葉の道。
2015年11月23日 08:33撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色づいた落ち葉の道。
湖畔まで降りてきました。
2015年11月23日 08:46撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湖畔まで降りてきました。
管理センターがオープンしていたので、中に入ってみます。
2015年11月23日 08:56撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理センターがオープンしていたので、中に入ってみます。
治山の歴史が詳しく説明されています。これで復興百周年の謎が解けました。
2015年11月23日 08:57撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
治山の歴史が詳しく説明されています。これで復興百周年の謎が解けました。
1
部屋の隅には、こんな剥製も。
2015年11月23日 09:02撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
部屋の隅には、こんな剥製も。
1
ハクビシンとリスも忘れちゃいけません…
2015年11月23日 09:03撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクビシンとリスも忘れちゃいけません…
1
管理センターの玄関に掲示された放射線量のデータ。そう、ここは福島ですね… 忘れちゃいけません。
2015年11月23日 09:05撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
管理センターの玄関に掲示された放射線量のデータ。そう、ここは福島ですね… 忘れちゃいけません。
撮影機材:

感想/記録

三連休の最終日、当初は山形県の葉山(村山)に登ろうと思って、道の駅「むらやま」まで行って車中泊していました。ところが、初期の予報よりお天気が早く悪くなりだし、もし雪道になって帰京できなくなったら大変、ということで、夜中に笹谷トンネルを越えて、宮城県に戻りました。ここまで来て、まっすぐ帰宅するだけではもったいない、ということで、雨でも歩けそうな半田山に登ってきました。

電子回路の実装に欠かせないハンダ。英語では、solderですが、日本語では、半田と記載しますが、その語源はというと、この半田山に由来しているという説が有力です。

江戸時代、半田銀山は、佐渡の相川金山、但馬の生野銀山とともに、日本三大鉱山として、通貨鋳造銀山の役割を担っており、大いににぎわっていたそうです。また、山としても、谷文晁著「日本名山図繪」(文化九年発行)に掲載されています。

半田沼付近はきれいに整備された公園になっており、立派な「桑折町半田山管理センター」には、いろいろな資料も展示されていました。なんでも明治時代の後半から地すべり活動が始まり、明治34〜36年には大きな崩落が発生し、人家も移転せざるを得なかったようです。

そのセンターの入口には、環境放射線量測定値のボードが掲げてあって、3.11東日本大震災が引き起こした原子力発電所事故の影響を実感する機会にもなりました。

ちなみに、現代の山岳写真家・三宅修氏は、「現代日本名山図繪」というユニークな本を執筆されています。谷文晁の本家本元の「図繪」に掲載されている山の図絵と同じ風景を写真で撮影しているのです。山は見る位置によって形を大きく変化しますので、どこから見た図柄なのかを現地で探索するという楽しみ(苦しみ?)の後にやっと完成したものとのことで、山好きには楽しい一冊。
訪問者数:80人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ