ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 782842 全員に公開 ハイキング近畿

新羅・任那使を迎えた古代の道を歩く

日程 2015年12月20日(日) [日帰り]
メンバー LadyM, その他メンバー30人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
京都ー結崎 近鉄京都線
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

結崎駅ー島の山古墳ー白山神社ー屏風杵築神社ー黒田大塚古墳ー孝霊神社ー保津・宮古遺跡ー16面・薬王寺遺跡ー羽子田遺跡ー阪手北遺跡ー近鉄橿原線田原本駅
コース状況/
危険箇所等
危険場所は無し
友史会 http://www.kashikoken-yushikai.jp/
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

島の山古墳 前方後円墳
2015年12月20日 10:53撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
島の山古墳 前方後円墳
2
斑鳩宮から小墾田宮を結ぶ筋違道 路面幅は20mが確認されている 
2015年12月20日 11:20撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斑鳩宮から小墾田宮を結ぶ筋違道 路面幅は20mが確認されている 
1
観光的には太子道 厩戸皇子(聖徳太子)の通勤路
2015年12月20日 11:22撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光的には太子道 厩戸皇子(聖徳太子)の通勤路
2
黒田大塚古墳
2015年12月20日 11:59撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒田大塚古墳
5
筋違道から東に保津・阪手道を歩くと下ツ道にぶつかる
2015年12月20日 13:45撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筋違道から東に保津・阪手道を歩くと下ツ道にぶつかる
奈良警察所跡地 平城京跡左京3条2坊14坪発掘現場
2015年12月20日 14:57撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奈良警察所跡地 平城京跡左京3条2坊14坪発掘現場
土器も色々発掘された
2015年12月20日 15:01撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土器も色々発掘された
1
斜め向かいは長屋王跡 南隣は藤原仲麻呂邸 誰の屋敷かは今後の調査
2015年12月20日 15:02撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜め向かいは長屋王跡 南隣は藤原仲麻呂邸 誰の屋敷かは今後の調査
6角形の井戸 木枠も当時のものだそうです
2015年12月20日 15:35撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6角形の井戸 木枠も当時のものだそうです
2
江戸時代の街並みが残る今井町 交流センターは16時半で閉館済だった
2015年12月20日 16:56撮影 by RICOH WG-4, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江戸時代の街並みが残る今井町 交流センターは16時半で閉館済だった
1
撮影機材:

感想/記録
by LadyM

「新羅・任那使を迎えた古代の道」筋違道(太子道)・保津・阪手道を橿原考古学研究所の先生の案内・最新の発掘情報や説明を受けながら歩いてきました。
おまけに平城京跡左京三条二坊十四坪(奈良警察署跡)の発掘現場説明会も行け、帰りに今井町の屋敷街に立ち寄るという充実した旅になった。
隋使と冊封の新羅・任那との待遇の違いを考慮して、厩戸皇子邸 斑鳩宮を通ったのではないかという推測ルートで、宿泊した阿斗がどこにあるかもキーになる。以前は水路で難波津から大和に入ったと考えられていたが、発掘により推古18年(610年)には当時幅20mの道が敷設されていたとは驚きである。道が通る町では観光に力を入れておりあちこちに標識や真偽のは程は別として観光説明がたくさん建てられていた。
 
訪問者数:130人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ