ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 783185 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走六甲・摩耶・有馬

[ワンゲル部]荒地山〜地獄谷

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー moriakimiki
天候
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
8:00 JR芦屋駅 集合、出発
コース状況/
危険箇所等
荒地山から風吹岩へ下りるところ、細かい小径があり迷いやすい。
ロックガーデンの脇から中級者コースを下りたが、途中で違う小径に入ってしまった。沢伝いに下りて、元のルートに合流することができた。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

以前行ったロックガーデンは左、今回は右に進みます。
2015年12月19日 08:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前行ったロックガーデンは左、今回は右に進みます。
登山口はここから
2015年12月19日 08:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口はここから
鷲尾山から眼下に拡がる芦屋の街並みを望む
2015年12月19日 08:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲尾山から眼下に拡がる芦屋の街並みを望む
岩梯子を登る
2015年12月19日 09:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩梯子を登る
岩梯子の後には、一人ずつしか通れない隙間を通る
2015年12月19日 09:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩梯子の後には、一人ずつしか通れない隙間を通る
魅力的な岩場が続く
2015年12月19日 09:59撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魅力的な岩場が続く
荒地山山頂。風が寒いので通過。
2015年12月19日 10:34撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山山頂。風が寒いので通過。
荒地山から風吹岩に向かうルートには、いくつか小径があり間違えそうになる。
2015年12月19日 11:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山から風吹岩に向かうルートには、いくつか小径があり間違えそうになる。
風吹岩に到着
2015年12月19日 11:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩に到着
今回は中級者向けのルートへ
2015年12月19日 11:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は中級者向けのルートへ
奇怪な岩に到着
2015年12月19日 11:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奇怪な岩に到着
ここが所謂「万物相」
2015年12月19日 11:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが所謂「万物相」
1
眼下に拡がる街並み
2015年12月19日 11:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下に拡がる街並み
1
振り返るとこんな感じ
2015年12月19日 11:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとこんな感じ
1
どうやら少し道を間違ったようで、沢沿いに降りて行っている。
2015年12月19日 12:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうやら少し道を間違ったようで、沢沿いに降りて行っている。
足下が崩落している所もある
2015年12月19日 12:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足下が崩落している所もある
高低差
2015年12月19日 12:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高低差
ここを降りてきたわけだ
2015年12月19日 12:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを降りてきたわけだ
高座ノ滝に到着
2015年12月19日 12:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座ノ滝に到着
芦屋駅に向かって無事下山なのです。
2015年12月19日 13:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦屋駅に向かって無事下山なのです。

感想/記録

ワンゲル部、12月の登山は再びロックガーデンへ。
前回は所謂ロックガーデンから六甲山へという定番ルートを登ったのだが、今回は男子のみのパーティということもあり少しハード目のルートに挑戦することとした。
芦屋駅から出発し、住宅街の中を上がる。あいかわらず登山の格好をした人が多い。
高座ノ滝の手前で鷹尾山方面への分岐があり、そこからは登山客も少なくなり、自分たちのペースで進むことが出来た。
鷹尾山を越え、程なく荒地山に望む岩肌が見えてくる。
そして岩梯子に取り掛かると、部員たちのテンションも一気にあがる。
岩梯子を登り切ると一人ずつしか通り抜けられない穴(新七右衛門堯砲鮟臠屬棒り抜け、荒地山へと進んでいった。
荒地山からなかみ山を経て風吹岩まで回ってくる。
途中、出会った人に湧水のある場所を教えてもらい、そこで一息。
細かい小径があるので迷いそうになります。
風吹岩からは高座ノ滝まで降りるのだが、今回は中級者コースということで地獄谷のルートを通る。
程なく万物相(ピラーロック)の奇妙な岩場が現れ、またもテンションが上がる。
花崗岩の急な勾配を下っていくので慎重に進むが、どうやら途中でルートを誤ったようだ。本来のルートに合流すべく沢に沿って下りていくこととなった。幸い水量もそれほどなく、苦労することなく進むことができ、無事に高座ノ滝まで戻ることができた。
住宅街を抜け、JR芦屋駅に到着したのは13:50頃。
比較的短時間の山行であったが、内容は面白いコースだった。
今度は地獄谷を上っていくルートで再挑戦してみたいと思う。
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

崩落 テン 山行 花崗岩
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ