ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 783199 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

八方尾根:今日は最悪のBC、早々に帰る

日程 2015年12月23日(水) [日帰り]
メンバー bumpkin
天候曇天
アクセス
利用交通機関
車・バイク
何時ものように従業員駐車場の対面に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間47分
休憩
0分
合計
2時間47分
Sアルペンクワッド下08:1609:03八方池山荘09:36八方山10:45八方池山荘11:03ゴンドラ上G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は、予定、スキー外、標高、準備時間
( 6:23(6:40) 自宅 )
( 7:30-8:02(7:40-8:00) ゴンドラ下 )
8:16(8:15) アルペンクワッド下
8:21(8:20) アルペンクワッド上
   兎平を1本滑る    
8:30-37(7")(8:35-40) リーゼングラード下(1,675m) シール付けハイクアップ
9:02(9:10) 八方池山荘(1,840m)
9:49-59(10")(10:10-20) 2,080mP 八方沢に向かってドロップイン
             3回転ぶ、早々に引き上げる
10:10-22(12")(10:30-40) 1,975(1,870)mP ハイクアップ
10:30-36(6")(11:20-30) 1,990(2,000)mP(トイレ小屋南東) ドロップイン
八方山の南をトラバース気味に滑り八方池山荘に、そしてリーゼングラードを滑る
10:52 リーゼングラード下(1,675m) 階段登行でハイクアップ
10:55(11:40) アルペンクワッド上(1,680m)
BC:2'18" 延標高差:845m 速度:367m/h 準備時間:28"
  ハイクアップ:1'23" 延標高差:425m 速度:307m/h
  滑降:27" 延標高差:420m 速度:933m/h
11:45-50 ゴンドラ上
スキー:2'47" 兎平2回(整地、不整地) ゴンドラ往復、リフト2回
最高速度:48.6km/h
( 11:19-21(12:20-25) 駐車場 )
( 12:25(13:30) 自宅 )
Door to Door:6'02"
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:ゴンドラ発券所左
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖インナー(厚手) スマートウール
ハードシェル(冬用)(紺) マムート
タイツ(厚手) CXW
アウター(厚手)(黒) OR
靴下(ロング) 1対 スマートウール
グローブ(厚手ウール) 1対 ヘラス
アウター手袋(黄色) 1対 ウインドーストッパー
予備手袋(厚手) 1対 マウンテンハードウェア
防寒着(ダウン)(赤) マムート
ネックウォーマー(黒) スクリーマー
バラクラバ(薄手)(グレー) ノースフェイス
ブーツ(山スキー靴) 1対 ガーモント
ザック(27L)(エアーバック付) bca
ビーコン ピープス
スコップ ブラックダイヤモンド
ゾンデ ブラックダイヤモンド
地図(地形図) 各種
コンパス シルバ
個人装備品
数量
備考
計画書 1つ提出用
ヘッドランプ ブラックダイヤモンド
予備電池 各種
GPS ガーミン
筆記用具
ファーストエイドキット ドイター
針金 1巻
ガムテープ 1巻
保険証
サングラス スミス
ツェルト(橙色) ヘリテイジ
ストック(2段伸縮) 1対 ブラックダイヤモンド
ナイフ
カメラ ペンタックス
ビンディング 1対 デアミール
スキー板 1対 ソロモン
シール 1対 ブラックダイヤモンド
ゴーグル ジール
−ドライバー

写真

アルペンクワッド上:8:15太陽はこの時が一番よく見えた
2015年12月23日 08:20撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルペンクワッド上:8:15太陽はこの時が一番よく見えた
3
アルペンクワッド上:白馬三山、雲の中ではないが夕暮れのように暗い
2015年12月23日 08:20撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アルペンクワッド上:白馬三山、雲の中ではないが夕暮れのように暗い
2
鹿島槍、五竜もさえない
2015年12月23日 08:51撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍、五竜もさえない
2
高曇りなので雨飾、頸城三山、乙妻、高妻も見える
2015年12月23日 08:51撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高曇りなので雨飾、頸城三山、乙妻、高妻も見える
2
白馬三山:正に雪国の天気
2015年12月23日 09:14撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬三山:正に雪国の天気
2
八方山とその下の沢(私はギャラリーバーンと呼んでいる)
2015年12月23日 09:14撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方山とその下の沢(私はギャラリーバーンと呼んでいる)
2
中央が今日滑ろうと思っているバーン:見ての通り起伏が全く分からない
2015年12月23日 09:25撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央が今日滑ろうと思っているバーン:見ての通り起伏が全く分からない
2
八方ケルンに向かって:今日は祝日にも拘わらずBCの人は少ない
2015年12月23日 09:35撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方ケルンに向かって:今日は祝日にも拘わらずBCの人は少ない
2
八方ケルンも寂しげ
2015年12月23日 09:41撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方ケルンも寂しげ
2
この先からドロップイン
2015年12月23日 09:47撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先からドロップイン
2
トラックが全く見えない:起伏、雪質(風で飛ばされた硬いバーン、軽くクラストした雪、重い吹き溜まり)が全く分からず、3回転ぶ
2015年12月23日 10:04撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラックが全く見えない:起伏、雪質(風で飛ばされた硬いバーン、軽くクラストした雪、重い吹き溜まり)が全く分からず、3回転ぶ
2
早々に諦めここを斜滑降でトラバース:トラバースもびくびくしながら
2015年12月23日 10:04撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早々に諦めここを斜滑降でトラバース:トラバースもびくびくしながら
2
振り返っても雪面は全く見えない
2015年12月23日 10:11撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返っても雪面は全く見えない
2
頸城三山等
2015年12月23日 10:47撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頸城三山等
2
スキー場に戻って来た
2015年12月23日 10:51撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場に戻って来た
2
リーゼングラード:ここもトラックは見えない
2015年12月23日 10:53撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リーゼングラード:ここもトラックは見えない
2
最後に白馬三山にお別れし、帰る
2015年12月23日 10:54撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に白馬三山にお別れし、帰る
2
撮影機材:

感想/記録

今日のBCはさえない最悪であった。
自分の技量のなさをまざまざと見せつけられた。
山、自然は甘くないことを改めて知らされた。
今日は、天気図から見て午前中は曇りであっても風も弱く、ガスにはならないだろう。午前中一時晴れも期待できるのではないかと思い出掛ける。
予定通り高曇りで山は見える。しかし、曇天で雪面もよく分からない。
リーゼングラード、八方山とハイクアップすると、硬い雪面やわずかにクラストした雪質、雪も結構重そう、滑りにくそうだ。
天気も悪く写真も撮る気になれない。
第2ケルンで追い抜いた3名の外人がドロップダウンの準備をしているので
ガラガラ沢に行くのか聞いたら途中まで滑って戻ると言っていた。
確かに北面(出だしは硬いだろうが)の方がよさそうだ。
今日ははじめから第3ケルン手前から南面を滑る予定にしていたので、2080mポイントからドロップイン。
曇天で雪面が見えない。最初、硬い雪で足を取らて尻餅をつく。
2回目、3回目はクラストした雪面から重い吹き溜まりに突っ込み前に一回転。
とても楽しめる雰囲気がなく、早々に退散することに。
斜滑降でトラバースするが、岩場もあり、急斜面で雪質がコロコロ変わるので慎重に、かつ、疲れる。
できるだけ下らないようにしたので次のハイクアップが楽であった。
その後も1回転び散々。
早々に帰宅の途に。
今回はガスでなかったが雪面が見えなかったり見通しが悪いBCの怖さを改めて思い知らされた。
訪問者数:594人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/9/25
投稿数: 315
2015/12/24 7:03
 おはようございます
bumpkinさん おはようございます

黒菱平で準備している時、何となくそうかな?と思ったのですが、挨拶せずに同じ時間にハイクアップ始めました。
薄緑のパンツです。

私は下の樺 上部と八方池近くと南面2本ドロップしました。
気持ち良かったわけでなく、ミックスの難しいコンディションで、1本でおさまりがつかなかったのであがきました。

無名沢から歓声が聞こえてきてました。北面が正解だったのでしょう。が、昨シーズンやって上り返しでのキツさから、行けませんでした。

北面が開通したら何度か行く予定です。
bumpkinさんの庭ですので、お会いする機会が多そうです。
登録日: 2013/7/13
投稿数: 431
2015/12/24 8:17
 Re: おはようございます
追い抜いて行かれた方ですね。
声をかけて戴ければ嬉しかったです。
流石ですね。あの南面をあのコンデションで2本滑るなんて。
私は転んでテンションが下がり、早々に退散です。
確かに無名沢がよかったようですね。
初め下の樺から無名沢に行こうとしたのですが、天気が悪そうなので手前に変更したのですが、失敗でした。
また会える日を楽しみに。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

登山ポスト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ