ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 783353 全員に公開 雪山ハイキング道南

袴腰岳

日程 2015年12月23日(水) [日帰り]
メンバー m3_1999
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道途中から圧雪 アイスバーン
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
36分
合計
4時間43分
Sスタート地点12:0713:26三角山13:2714:49袴腰岳15:2416:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
午前は仕事のため、遅れてスタート。三角山の上り途中からスノーシューを付けた。
頂上直下のポコは谷地形の夏道は登りづらい、右から巻いたほうが楽そう。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ハードシェル タイツ ズボン グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 携帯 ストック カメラ

写真

三角山から。函館山周囲の海が光ってきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角山から。函館山周囲の海が光ってきれいです。
3
もう少しで頂上です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで頂上です。
4
だんだん曇ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん曇ってきました。
海向山と恵山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
海向山と恵山
3
横津岳。レーダードームはガスの中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横津岳。レーダードームはガスの中。
2
さらにくもってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにくもってきた。
1
横津岳と駒ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横津岳と駒ヶ岳
1
ぽつぽつ光がついてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぽつぽつ光がついてきた。
3

感想/記録

午前に仕事のため、中途半端な時間となった。地元のスキー場はまだオープンしてなく、ニセコにスキーに行く時間もなく、近場の袴腰岳を登った。第二登山口まで車で入れた。先行者1人とは、第二登山口に行く林道ですれ違った。先行者は林道が渡渉する前に車を置いているようであった。
三角山の上り、ツボで雪は足首下でスノーシューとしたが、少し埋まり始めた時点でスノーシューをつけていればよかった。林道ですれ違った先行者のワカントレースは三角山で引き返していた。
頂上手前のポコは夏道をGPSでトレースして上ったが、スノーシューでの急斜面トラバースは難儀であった。
ポコとのコルからは稜線を直登した。小さな雪庇が発達してこれを右に左に小さく巻きながら頂上到着。少し風があり寒いが、稜線を北に少しだけ降りると風は来なかった。ジェットボイルで湯沸かしセイコーマートのカップゆずうどんを食べた。稜線上を横津岳方面に、駒ヶ岳が見えるところまで行った。雲が低かったが駒ヶ岳の頂上は見えた。横津岳のレーダードームはガスの中だった。
下山は頂上直下のポコはわずかに北から巻くと下り安かった。上りもここを登ればよかった。三角山は東を巻いた。
トドマツの人工林の手前でスノーシューを脱ぎ、ヘッドランプを付けた。
日没やや過ぎて無事下山。
楽しい雪山ハイキングだったが、BCクロカンなど軽量なスキーだともっと楽しいだろうと思った。

訪問者数:233人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ