ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 783538 全員に公開 ハイキング丹沢

鍋割山(大倉〜鍋割山〜大倉)

日程 2015年12月17日(木) [日帰り]
メンバー crayon894, その他メンバー2人
天候晴れのち曇り(山頂付近では雪)
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間23分
休憩
1時間15分
合計
6時間38分
S大倉バス停09:1010:00黒竜の滝10:0710:25二俣10:47林道終点11:17後沢乗越11:2012:20鍋割山13:1413:49後沢乗越13:5313:55後沢分岐14:11林道終点14:1214:36二俣14:3714:53黒竜の滝14:5815:48大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所なし
その他周辺情報下山後に渋沢駅のケンタッキーで一息つきました。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録

11月22日の鍋割山に、寝坊のため不参加となってしまったSさんのリベンジとして計画しました。
他の参加者は、家の都合で平日にしか参加できないNさん。

それなのに、今回は自分が寝坊・・・。
さすがに初心者2人に「待たせるのは悪いので2人で行って〜」とは言えないので、急いで身支度を整えて、40分遅れで家を出ました。
待ち合わせ時刻から40分ほど遅れて、渋沢駅で時刻通りに来ていたSさんとNさんの2人と合流。大変申し訳ない・・・。
バス停に移動し、大倉行のバスに乗り込みます。
12月だからなのか、自分たち以外の登山客は5人くらいしかいませんでした。

大倉バス停でゆっくりと準備をして、元々少なかった登山客がほぼいなくなった頃に登山開始。
天気は快晴! 天気予報では山頂の気温は低いようですが。
11月22日と同じルートなので、どんなコースかは分かっているので気持ちがとても楽♪
3人とも前職場が同じなので、二俣までのなだらかな道をおしゃべりしながら進んでいきます。
Nさんは家の水槽で魚を飼っているようで「この石、水槽にいいなぁ」と物色しながら歩いてます(笑)

途中、ふと空を見上げると、灰色の雲が少しずつ広がってきてます。なんだか嫌な予感・・・。
Nさんはコケが生えてる手頃な石を見つけ、持ち帰ることに決めたようです(笑)
帰り道に拾っていこうと、道の脇の細い切り株のようなところに乗せていました。
曲がり角でもないし、特に目印もないので、帰りに見落としそうな気がしましたが・・・。

2つ目の橋のところで、脇に丸太が1本渡してあるところを渡るNさん。
足元ばかりを気にしているあまりに、頭上に伸びている細い枝に頭を軽くヒット。
ケガするような枝ではありませんが、びっくりして川に落ちる危険性もありました。
幸い落ちませんでした。まあ、落ちても靴が濡れるくらいですが。

二俣に到着し、歩荷のための水入りのペットボトルをザックに入れます。
前回は6リッターで大変な目にあったので、今回は4リッターにしておきました。
Nさんも4リッター、自信なさ気なSさんは0リッター。

順調に後沢乗越に到着し、しばし休憩。
道端に水入りの2リッターのペットボトルが落ちてたので、Nさんが頂上まで手に持って行くことに。
でもこのペットボトル、潰れてて、水が2リッター入ってるようには思えません。

気温が低いので、短めの休憩を終え、登っていきます。
前回と比べて、水は2リッター少ないし、気温も低いし、道も分かってるしで、やっぱり気持ちが楽です。
ぼくの少し先を行くNさんが手に持っているペットボトルを見ると、たまに水滴が地面に落ちてます。
ペットボトルから漏れていて、それで登山者が置いていったのでしょう。

後沢乗越から山頂までの半分くらいのところでちらほらと雪が舞いだしました。
嫌な予感が当たってしまった・・・。ちなみに今日は自分の誕生日。
昨年の誕生日も奥多摩の川苔山で雪に降られて寒かった記憶が。
来年の誕生日は家でおとなしくしていることにしよう。

雪はひどくなることなく、山頂に到着。
さすがに寒いので、鍋割山荘の中で鍋焼きうどんをいただくことにしました。

下り始めは雪がちらついているものの、後沢乗越に着く頃にはすっかり止んでいました。降ってたのは上の方だけでしたね。

そして予想通り、石のことは気にはしていたものの、Nさんは石を置いた地点を通過してしまいました。
分かりやすい目印をつけとけば良かったですねぇ。

大倉バス停に着いて、トイレに行ったらちょうどバスが来たので乗り込み、渋沢駅へ。
駅前のケンタッキーで帰路に着く前の休憩をしました。
訪問者数:84人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 乗越
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ