ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 783662 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

筑波山〜穴場情報をあなたに〜

日程 2015年12月23日(水) [日帰り]
メンバー U-leaf
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
行き:電車とバスで筑波山神社へ
帰り:ケーブルカーを利用しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間2分
休憩
13分
合計
2時間15分
S筑波山神社前12:1112:16白雲橋登山口12:25迎場分岐12:2612:57弁慶茶屋跡13:24筑波山13:3413:45御幸ヶ原13:4614:19筑波山(男体山)14:2014:26御幸ヶ原G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありません。
その他周辺情報筑波山神社周辺には立ち寄り湯をやっているホテルがあります。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 保険証 携帯 カメラ

写真

色々とコースがありますが、今回は白雲橋コースを選択します。
2015年12月23日 12:10撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
色々とコースがありますが、今回は白雲橋コースを選択します。
1
名前の由来の白雲橋ですが・・・案外普通ですね。
2015年12月23日 12:15撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の由来の白雲橋ですが・・・案外普通ですね。
弁慶茶屋跡です。
休憩にはもってこい。
2015年12月23日 12:59撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弁慶茶屋跡です。
休憩にはもってこい。
ここから奇岩群です。
相変わらず面白い。
2015年12月23日 13:01撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから奇岩群です。
相変わらず面白い。
1
女体山山頂。
さすがに今回はそんなに人がいませんでした。
2015年12月23日 13:26撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女体山山頂。
さすがに今回はそんなに人がいませんでした。
2
男体山山頂にもいきました。
2015年12月23日 14:17撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山山頂にもいきました。
2
山頂付近にやたら人懐っこい猫がいました・・・が、生態系とかいろいろ大丈夫でしょうか。
2015年12月23日 14:15撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近にやたら人懐っこい猫がいました・・・が、生態系とかいろいろ大丈夫でしょうか。
3
さて、ここからが本番。
普通はここを右に行き男体山を登るのですが、ここから左の自然研究路を進みます。
2015年12月23日 14:09撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、ここからが本番。
普通はここを右に行き男体山を登るのですが、ここから左の自然研究路を進みます。
1
しばらく進むと展望台。
晴れていれば遠くスカイツリーとかも見えるのですが、これでも十分。
2015年12月23日 13:50撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく進むと展望台。
晴れていれば遠くスカイツリーとかも見えるのですが、これでも十分。
2
今年の登山はこれで最後かな。
ありがとうございました。
2015年12月23日 14:27撮影 by SH-01F, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の登山はこれで最後かな。
ありがとうございました。
1

感想/記録
by U-leaf

なにせ体が訛りまくっているのでこれは動かねばと今年最後の登山を計画。
しかし、前日飲み会でとりあえず起きれて雨が降らなかったら行こうというめちゃくちゃな計画で就寝。
幸いにして?どうにか登山できそうな時間に目が覚め、晴れていたのでレッツゴー。

筑波山はご存じのとおり、非常に登りやすいこともあって多くの方が登山に励んでいます。
特に紅葉などのピーク時は登山道各地で渋滞が発生するなど人気の山です。
しかしそんな筑波山ですが、実は穴場があります。
それが自然研究路。
男体山周辺を1時間程度で回る登山道ですが、皆様女体山や男体山の登頂で満足するのかほとんど人がいません。
それでいて各地に展望台があり、関東平野の絶景を独り占めできる最高のシチュエーション。
現在一部崩落して進めない部分もありますが、最初の展望スポットまでは御幸ヶ原から5分もかかりません。
筑波山に来たときはぜひどうぞ。
訪問者数:247人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

崩落 紅葉 奇岩
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ