ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 783956 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

乙女峠から金時山〜明神ヶ岳縦走

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー mkazu11, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
ロマンスカーで箱根湯本駅へ。
そこからバスで乙女峠まで行きます。
帰りは宮城野から小田原までバスで、そこからは新幹線で帰りました!
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間37分
休憩
53分
合計
7時間30分
S乙女峠バス停09:3310:06乙女峠10:1110:13乙女峠10:1410:41長尾山10:4211:27金時山12:0412:05金時山頂トイレ12:1112:12金時山12:1312:54矢倉沢峠13:20苅川峠(狩川峠)13:2114:57明神ヶ岳15:40鞍部15:4117:03宮城野支所前G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険なところはなかったですが、ところどころ雪がありました。
下では滑って一度転びましたので気をつけましょう。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

富士山をバックに放射能を吐く
2015年12月19日 15:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山をバックに放射能を吐く
撮影機材:

感想/記録

まずい。今週こそ休もうと思ってましたが、やっぱり天気が良い。
ということで職場の同僚に、富士山がガツンと見えるだろうよと誘って金時山に行きました。
箱根湯本までは初めてロマンスカーで行きましたが、なかなか快適でよかったです。
同僚は箱根湯本で昼食など買い込む予定にしていたようですが、遅刻してきて予定のバスに乗るにはギリギリのため、山頂の茶屋で何か買えるだろうとダッシュで乗り込みます。
そして、乙女峠に到着するとすでに富士山がガツンと見えており興奮しながら登山開始しました。
サクッと山頂に到着。かなりの混雑ぶりでした。
腰を落ち着ける岩場をようやく探して、同僚は茶屋でカップ麺を調達して、ワインで乾杯しながら昼食です。
その後、明神ヶ岳に行く前にトイレなど済ませていたら、元祖金時茶屋のおばあさんが、茶屋で買い物しないでテーブル使ってる客に汚い言葉でののしり声をあげ、立ちのくように要求していました。言い方があるだろううに潜在的な客に対しても悪印象を与える態度は見ていて気分悪く、今後もできるだけ山小屋や茶屋を使わない方が精神衛生的に良いなと感じるシーンでした。
そんな訳でさっさと明神ヶ岳を目指します。
ところどころ雪が残っている道を行きましたが、あくまでも傍に残っている程度で歩くことに支障は無かったですが、かなりのどろんこ道になってました。
写真で良く見る竹林は、上から見ていた時は綺麗だと感じてましたが、中を歩いていると眺望無く変化も乏しいので飽きてきます。同僚はこの道にはつまん無くて帰りたくなるとマジで根をあげてました^^;
竹林を抜けるとところどころ、見晴らせる箇所もあり振り返ると、金時と富士山が重なって見えとても綺麗でした。
なかなかにしんどい登りをようやく登りきり明神ヶ岳山頂到着。15時くらいなのでこちらは3組くらいしか人がいませんでした。
雲がかかった富士山をバックに、煙を吐き出しているかのような記念写真を撮って下山開始。
かなり暗くなって宮城野に到着しました。
宮城野からはバスで小田原まで行き、そこで同僚とは焼肉屋で反省会をして解散。
今回も楽しい山行でした!
さすがに今年はこれで登り納めかな?
訪問者数:199人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ