ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 784175 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20151226_八幡谷鉄塔巡視道ツブレ池風吹岩往復_金鳥山寄り道

日程 2015年12月26日(土) [日帰り]
メンバー toshi_a_2014
天候
アクセス
利用交通機関
徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5〜1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間32分
休憩
24分
合計
2時間56分
S岡本八幡神社13:4414:24ハブ沼14:2615:02風吹岩15:32ハブ沼15:3415:50金鳥山16:1016:39岡本八幡神社16:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 サブザック 非常食 飲料 保険証 携帯 時計 タオル ストック 小型ライト

写真

近日来と同じ、岡本八幡神社→鉄塔巡視道→八幡谷金鳥山ルート→ツブレ池分岐→ツブレ池→八幡谷尾根ルート→森林管理歩道横断→本庄山→風吹岩と登ってきました。
2015年12月26日 15:03撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近日来と同じ、岡本八幡神社→鉄塔巡視道→八幡谷金鳥山ルート→ツブレ池分岐→ツブレ池→八幡谷尾根ルート→森林管理歩道横断→本庄山→風吹岩と登ってきました。
帰りも同じルート、ツブレ池に夕日が差しています。
2015年12月26日 15:32撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りも同じルート、ツブレ池に夕日が差しています。
1
ツブレ池→八幡谷金鳥山ルートのツブレ池分岐→金鳥山と登って寄り道しました。これは、金鳥山の旧第二電電金鳥ステーション跡の休憩所から北を見て、金鳥ステーションの電波塔があった方へ踏み跡を進んだらあった境界標です。
2015年12月26日 15:51撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツブレ池→八幡谷金鳥山ルートのツブレ池分岐→金鳥山と登って寄り道しました。これは、金鳥山の旧第二電電金鳥ステーション跡の休憩所から北を見て、金鳥ステーションの電波塔があった方へ踏み跡を進んだらあった境界標です。
金鳥ステーションの電波塔があったあたり。電柱とそれへの斜めのワイヤーがあり、ワイヤーには小動物が登らないようにカバーがしてあります。
2015年12月26日 15:52撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥ステーションの電波塔があったあたり。電柱とそれへの斜めのワイヤーがあり、ワイヤーには小動物が登らないようにカバーがしてあります。
1
金鳥ステーションの電波塔があったあたりは、植樹事業が進んでいます。何年か後には、ここへ入ることもできなくなっているかもしれません。
2015年12月26日 15:52撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥ステーションの電波塔があったあたりは、植樹事業が進んでいます。何年か後には、ここへ入ることもできなくなっているかもしれません。
1
金鳥ステーションの電波塔があったあたりへ入る所の踏み跡。赤いてっぺんの標識が 2 本立っています。
2015年12月26日 15:55撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥ステーションの電波塔があったあたりへ入る所の踏み跡。赤いてっぺんの標識が 2 本立っています。
1
旧第二電電金鳥ステーション跡の休憩所から北、金鳥ステーションの電波塔があった方を見ています。この写真の右端に、一つ前の写真の踏み跡の入口があります。
2015年12月26日 15:55撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧第二電電金鳥ステーション跡の休憩所から北、金鳥ステーションの電波塔があった方を見ています。この写真の右端に、一つ前の写真の踏み跡の入口があります。
1
金鳥山風吹岩ルートから旧第二電電金鳥ステーション跡の休憩所に入ってくる通路から休憩所を眺めています。この写真の右後ろに 3 つ前の写真の植樹があります。右奥が八幡谷金鳥山ルートの下山口で、この後そちらへ下山するのですが ..... 写真左の金鳥山展望休憩所への側道へ進んでみます。
2015年12月26日 15:56撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥山風吹岩ルートから旧第二電電金鳥ステーション跡の休憩所に入ってくる通路から休憩所を眺めています。この写真の右後ろに 3 つ前の写真の植樹があります。右奥が八幡谷金鳥山ルートの下山口で、この後そちらへ下山するのですが ..... 写真左の金鳥山展望休憩所への側道へ進んでみます。
金鳥山展望休憩所への側道の南端で休憩所の方へ行かずに右、南南西方向へ行くと、植樹事業中の斜面があり、通路には、古い石の境界柱が何本か立っています。昔の登山道の痕かもしれません。
国土地理院の地図には、このあたりに八幡谷から斜面ないしは尾根筋を上って来るルートが記されています。
4 年前(2011年)のこのパーティの記録では、八幡谷からこのあたりへ登ってきたことになるようです。
http://www.hime8kin.net/2011sankokiroku/110129kinchozan.html
http://www.hime8kin.net/image2011/110129kinchozan/kin033.jpg
古い航空写真では、これに相当するか近いルートが確認できるものもあります。
2015年12月26日 15:59撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥山展望休憩所への側道の南端で休憩所の方へ行かずに右、南南西方向へ行くと、植樹事業中の斜面があり、通路には、古い石の境界柱が何本か立っています。昔の登山道の痕かもしれません。
国土地理院の地図には、このあたりに八幡谷から斜面ないしは尾根筋を上って来るルートが記されています。
4 年前(2011年)のこのパーティの記録では、八幡谷からこのあたりへ登ってきたことになるようです。
http://www.hime8kin.net/2011sankokiroku/110129kinchozan.html
http://www.hime8kin.net/image2011/110129kinchozan/kin033.jpg
古い航空写真では、これに相当するか近いルートが確認できるものもあります。
1
金鳥山展望休憩所から眺める景色の右端の尾根の南東の斜面が、一つ前の写真の植林事業がある斜面になります。旧第二電電金鳥ステーション跡の休憩所に側道を戻って、八幡谷金鳥山ルートを下山し、座福ケ原堰堤からは鉄塔巡視道へ回って下りました。
2015年12月26日 16:02撮影 by QCAM-AA, QCOM-AA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金鳥山展望休憩所から眺める景色の右端の尾根の南東の斜面が、一つ前の写真の植林事業がある斜面になります。旧第二電電金鳥ステーション跡の休憩所に側道を戻って、八幡谷金鳥山ルートを下山し、座福ケ原堰堤からは鉄塔巡視道へ回って下りました。
2
訪問者数:150人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

堰堤
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ