ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 784471 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

丹沢山地・塔ノ岳登山

日程 2015年12月26日(土) [日帰り]
メンバー teamranger
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
小田急線秦野駅よりバスで30分前後。
今回は秦野駅よりKさんの車にピックアップしてもらい、山道入口まで移動)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

9:30 小田急線秦野駅に集合。
   車で登山道入口へ移動。

10:10 登山道入口へ到着。各自出発準備。
11:30 三ノ塔に到着。
12:20 行者ヶ岳に到着
13:50 塔ヶ岳山頂に到着。

14:00 塔ヶ岳山頂を出発。
15:10 三ノ塔に到着
15:40 ニノ塔に到着。
16:30 登山道入口に到着。
コース状況/
危険箇所等
・途中に鎖を用いて登り降りする急斜面有り。
・冬場は積雪のため、途中よりぬかるんだ道が続く。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 アウター手袋 雨具 ネックウォーマー ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

まだまだ序盤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ序盤
Nさん(黒)とK(緑)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
Nさん(黒)とK(緑)
行者ヶ岳の山場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳の山場
積雪が深くなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪が深くなってきた
丸い猫に遭遇
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸い猫に遭遇

感想/記録

■登場人物
 Kさん
  チームリーダー。登山・マラソンなど屋外運動のベテラン。

 Nさん
  走力に定評のあるハンサム。
  今回のある意味主役。

 H(書き手の私)
  ボーイスカウト歴が長いが登山は5年ぶり。
  アウトドアの偏った知識有り。

 M
  頭を負傷中で自宅待機。

 T
  まだまだ山経験が少ないため、今回はパス。


■集合〜登山道入口

--------------------------H視点でお送りします--------------------------

7:20
 H起床。

8:00
 8:00に秦野駅集合だが、とても間に合わない。
 体を起こしてしばし考え、「寝坊しました」とチームへ連絡。
 「考えている暇あったら早く出発するべし」との返信。
 秒速で着替えて出発。

 新宿駅にて、乗ろうとしていた小田急線特急が目の前で発進。
 やむなく急行車両へ乗車。
 お二人は既に秦野駅のマクドナルドで待機中。

9:20
 秦野駅に到着。
 Kさんの車にピックアップして頂き、登山道入り口へ移動。

------------------------H視点でお送りしました------------------------


■登山開始〜行者ヶ岳まで
 10:00過ぎより登頂開始
 最初から急な階段が続く。

《二ノ岳到着》
  Kさん持参のコーヒーをみんなで飲む。
  山専ボトルなので熱々。
  寒い場所で温かい物を飲むと、生きるって素晴らしいと思う。

《Nさんに変調》
  徐々にNさんのペースが落ち始める。
  Kさん・Hから離れ、たまに見えなくなってしまうことも。
  更に進むと、いよいよNさんの言動に変化があらわれる。

  ・表情
   仕事においても見たことがない疲れた表情。
   目が死んでおり、無表情。顔も鮮やかに青い。

  ・太陽がしんどい
   「日光に照射されると体力を奪われる感じがする」とのこと。
   ドラキュラ的。

  ・幻覚
   「かなり大きめの鹿がいきなり目の前に現れ、3分ほど見つめ合っていた」
   「大蛇が見えて仰け反ったら、階段に積んである土嚢だった」
    状況によっては非常に危ない発言。

《三ノ塔・行者ヶ岳通過、大休止・・・12:30》
  行者ヶ岳を過ぎたあたりで大休止&昼食。

  ・Kさん : カロリーメイトフルーツ味。
  ・Nさん : おにぎり。
  ・H : サラダチキンとおにぎり。

  高タンパク高カロリー食が必要なのに、低カロリーなサラダチキンを
  Hが持ってきたことにKさん絶句。
  持ってきた理由が「おいしいから」ということにKさんさらに絶句。


■行者ヶ岳〜山頂まで

《大休止終了、出発・・・13:03》
  体調を考慮し、Nさんは下山。(高山病かもしれない・・・低山病?)
  KさんとHで山頂を目指す。
  16:00頃から日没となることを考え、山頂到着は14:00が期限と想定。

《新大日通過》
  このあたりから積雪エリアに突入。
  溶けた雪が登山道に浸透し、ぬかるみがしぶとく続く。

《猫》
  山頂少し前で、丸々太った猫と遭遇。
  その場で猫とたわむれていた女性によると、昨年度から住み着いている
  とのこと。
  昨年度は痩せていたが、登山客が色々食べ物を与えた結果、どんどん
  太っていったらしい。珍しいので記念撮影。
 (Kさんは猫アレルギーなので、その後くしゃみが続く・・・)

《塔ノ岳山頂到着・・・13:53》
  山小屋もあり、けっこう開けた場所。
  一面雪景色。
  トイレ休憩・記念撮影を済まし、少し休憩。

■山頂〜下山

《塔ノ岳山頂出発・・・14:03》
  下山時はなるべく休憩を最小限に留め、日没前に到着する作戦とする。
  行動食として飴を食べながら動く。

《三ノ塔到着・・・15:10》

《二ノ塔到着・・・15:38》
  二ノ塔ふもとに15:20着。
  ペースをあげ、二ノ塔に15:38到着。

《山道入口到着・・・16:30》
  その後も安定したペースで進み、無事下山。
  Nさんが車中で待っており、少し回復した様子。


■雑記

《Kさん語録》
  「若さはそれだけで素晴らしい」(最若手のHに対して)
  「文明から離れようとして山を登るのに、文明(山小屋・車の音)を見ると
   安心してしまう」(下山時に車の音を聞いて)

《ピストン登山の面白さ》
  ・登山時と下山時で景色が異なって見えるため飽きない。
  ・下山時に逆ルートを辿ることから、登山時に下山時のイメージをしながら
   楽しめる。

おしまい
訪問者数:24人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

行動食
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ