ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 784838 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

川原山【新たなルートを探して】

日程 2015年12月27日(日) [日帰り]
メンバー yamatabi
天候晴れ、PM2.5多し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水無鍾乳洞へ下りる林道三差路付近
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間58分
休憩
33分
合計
3時間31分
Sスタート地点11:1212:03川原山12:3513:03P66213:0413:27川原山14:00八丁山14:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ルートは手書きです
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

林道三差路付近のここにとめました。
正面の尾根を登るため取り付きを探します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道三差路付近のここにとめました。
正面の尾根を登るため取り付きを探します。
尾根右側の土捨て場の最奥から取りつきました。
急斜面ですがダブルストックで何とか登れました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根右側の土捨て場の最奥から取りつきました。
急斜面ですがダブルストックで何とか登れました。
1
尾根に登り上がると、そこには踏み跡と赤テープが。
取り付き点を確認するため下ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に登り上がると、そこには踏み跡と赤テープが。
取り付き点を確認するため下ってみます。
1
土捨て場に入ってすぐのところから取りつくのが正解のようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土捨て場に入ってすぐのところから取りつくのが正解のようです。
2
最近藪がはらわれたようで、まだ葉があおい枝が落ちています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近藪がはらわれたようで、まだ葉があおい枝が落ちています。
1
切り口は鉈ではないみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
切り口は鉈ではないみたい。
一つ目の小さなピークを振り返ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ目の小さなピークを振り返ります。
稜線が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線が見えます。
急斜面を登ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面を登ると
1
2つ目の小さなピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つ目の小さなピーク。
3つ目のピークを振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3つ目のピークを振り返る。
八丁山からの稜線に出ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁山からの稜線に出ました。
1
ここが分岐。左から登ってきました。右前方が八丁山。背中が川原山方面です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが分岐。左から登ってきました。右前方が八丁山。背中が川原山方面です。
木々の間から川原山頂上が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から川原山頂上が見えます。
1
3本杭の分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3本杭の分岐。
糸島方面。PM2.5で霞んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
糸島方面。PM2.5で霞んでいます。
1
本日の昼食等。
THERMOSは、お湯とコーヒーの2本。
鉈1本。本日は鋸なし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の昼食等。
THERMOSは、お湯とコーヒーの2本。
鉈1本。本日は鋸なし。
4
井原山〜雷山の稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井原山〜雷山の稜線
1
王丸山の向こうに飯盛山、その向こうにマリナタウン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王丸山の向こうに飯盛山、その向こうにマリナタウン。
1
九大伊都キャンパス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九大伊都キャンパス
西山の向こうに油山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山の向こうに油山
1
我が家の方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
我が家の方向
1
別のルートを探しに中央のP662に行ってみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別のルートを探しに中央のP662に行ってみます。
1
頂上から数メートル戻ったここからトラバースします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から数メートル戻ったここからトラバースします。
1
すぐに市境となっている尾根に出ます。
赤テープ、踏み跡あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに市境となっている尾根に出ます。
赤テープ、踏み跡あり。
1
しばらくは歩きやすいが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは歩きやすいが
藪出現。ここで鉈登場です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藪出現。ここで鉈登場です。
1
右寄りに進むと、タオルの忘れ物?
この先藪がきつくて少し引き返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右寄りに進むと、タオルの忘れ物?
この先藪がきつくて少し引き返します。
今度は左寄りに進むと、赤テープが現れP662に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は左寄りに進むと、赤テープが現れP662に着きました。
1
ここからは九電鉄塔巡視路になっていて、道が整備されています。福岡市の飯場や糸島市の川原から登ってこられそうです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは九電鉄塔巡視路になっていて、道が整備されています。福岡市の飯場や糸島市の川原から登ってこられそうです。
1
引き返して、帰りは赤テープを外さないように歩きます。
尾根のかなり下をトラバースしていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
引き返して、帰りは赤テープを外さないように歩きます。
尾根のかなり下をトラバースしていました。
1
この落葉樹を横切って、中央下のアオキのところに出出来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この落葉樹を横切って、中央下のアオキのところに出出来ました。
もうひとつ赤テープのついた尾根を発見。川原集落からの最短コースみたい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうひとつ赤テープのついた尾根を発見。川原集落からの最短コースみたい。
1
3本杭の分岐に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3本杭の分岐に戻ってきました。
サトー、イトー、井上ちゃん、タキさん、藪こぎお疲れさまでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サトー、イトー、井上ちゃん、タキさん、藪こぎお疲れさまでした。
2
市境を野河内渓谷へ下りる尾根。
赤テープなし。踏み跡微か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
市境を野河内渓谷へ下りる尾根。
赤テープなし。踏み跡微か。
登ってきた尾根方向。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根方向。
八丁山手前の岩のピーク。左を巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁山手前の岩のピーク。左を巻く。
八丁山頂上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁山頂上。
1
もうひとつルートを開拓するため、八丁山から西への尾根を下りてみます。このへんから左へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうひとつルートを開拓するため、八丁山から西への尾根を下りてみます。このへんから左へ。
なんと、赤テープがありました。しかも新しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと、赤テープがありました。しかも新しい。
1
急な尾根を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な尾根を下ります。
林道が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が見えてきました。
ここに出ました。
工事の現場事務所のところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに出ました。
工事の現場事務所のところ。
1
ここから林道歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから林道歩き。
林道が崩壊しています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が崩壊しています。
崩壊地を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊地を通過。
1
林業で使われるザウルスロボ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林業で使われるザウルスロボ
中央の谷の奥が川原山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の谷の奥が川原山
林道三差路に戻ってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道三差路に戻ってきました。
取り付き点を確認。一番下のスギの木を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取り付き点を確認。一番下のスギの木を目指します。
重機の少し奥が取り付きです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重機の少し奥が取り付きです。

感想/記録

福岡市と糸島市の境にある無名山である川原山は、これまで隠れた名山として、数回山レコで紹介されているが、いずれも八丁山経由のピストンルートのみだった。
九州の低山歩きのHP「CJNの低山そうつ記」でも同じルートがとられている。
地形図を見ていると、もっと簡単に登れそうな尾根があるし、いろんなルートをとれば、ピストンでなく周回もでき、もっと人気が出る可能性がある、と思い、南西、北東、西方向のルートを探してみた。
結果は、少なくとも5つ以上のルートから登ることができ、バラエティーに富んだ登山が楽しめる山であることが判明した。
一番近くて楽なルートは、今日登った水無からの南西尾根ルートで、取り付きから40分程度で頂上に立てる。これを機に、たくさんの人が登り、無名山から有名山に昇格できたら嬉しい。
訪問者数:181人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/1/23
投稿数: 155
2015/12/28 1:01
 川原山新ルート確立お疲れ様でした♪
水無側から登られたんですね♪
なるほど…頭の中で地図が繋がりました!
写真34の川原集落からの直登ルートがやはりあったんですね♪
今度取り付き地点探してみます♪
yamatabiさんに頑張っていただいたおかげで、また川原山の魅力が増したと思います♪
次に続くヤマレコユーザーさんが現れたら嬉しいですね( 〃▽〃)
登録日: 2007/12/3
投稿数: 77
2015/12/28 16:11
 Re: 川原山新ルート確立お疲れ様でした♪
水無からは楽なルートでした。取り付きが土捨て場に少し入ったところ、というのが難点ですが・・・
写真34のルートの取り付き点が分かれば、周回が可能になるので楽しめると思います。ぜひ探してみてください
頂上ではShuさんが萱を刈り払ってくれたおかげで、快適に昼食をとることができました。ありがとうございました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ