ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785084 全員に公開 ハイキング赤城・榛名・荒船

西上州の山の宿題2 大屋山(道ロストでバリルート利用)

日程 2015年12月27日(日) [日帰り]
メンバー kuboyan
天候晴時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●駐車場
 最初の駐車場(3台)、次の駐車場(2台)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間32分
休憩
17分
合計
2時間49分
Sスタート地点10:3111:43神明宮11:4712:05大屋山12:0812:14展望台12:1512:23大屋山12:2912:38神明宮12:54蓼沼登山口12:5713:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●道の状況:山頂近くの大展望台付近は、崖っぷちになっているので注意。
 落ち葉で道が不明箇所多数あり。GPSは持参したほうが良いです。
 難易度が家族向けと侮ってはいけません。
(1)最初の駐車場〜車道の合流地点:登山者0、鹿1頭
 余り整備されていません。最初は軌道の道でわかりやすいが、軌道をくぐったあとの堰堤付近から道が判りづらい。沢を渡る鉄板の橋はしっかりしてます。
(2)民家の脇からの登り口
 危険箇所ありません。ここの登山口をわからず、そのまま車道に進んでも、バリルートで尾根を進めることが出来ます。ただし、距離は長くなり、結構シンドイです。
(3)蓼沼へのバリルート(*通常道ではありません):登山者0
 危険箇所ありません。ただし、ルートファインディング技術、バリルートハイキング等の経験が必要。落ち葉で道が不明な箇所多数。
(4)蓼沼〜大屋山:登山者0
 危険箇所ありません。落ち葉と、うっすら雪で道が不明箇所多数。
(5)大展望台付近:登山者0
 痩せ尾根で、展望台の先は落ちない様に注意しましょう。
(6)蓼沼〜民家
 危険箇所ありません。落ち葉で道が不明箇所多数。
●登山ポスト
 見当たりませんでした。
その他周辺情報●登山後の温泉
 下仁田まで行けば、清流荘で風呂が入れます。
●飲食情報
 南牧村役場近くに、うどん屋があります。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

車道にある駐車場3台の場所からスタート。ここに大屋山へという道標があります。実は、この先に2台駐車可能な場所があるので、こちらが便利。
2015年12月27日 10:28撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車道にある駐車場3台の場所からスタート。ここに大屋山へという道標があります。実は、この先に2台駐車可能な場所があるので、こちらが便利。
1
軌道があります。
2015年12月27日 10:29撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軌道があります。
しばらく沢沿いに登ると、軌道が2つに分かれます。左にすすみます。落ち葉で道が分かりにくいのと、あまりよく整備されていない道なのか?あちこち崩落地帯があります。でも、危険な所はないです。
2015年12月27日 10:31撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく沢沿いに登ると、軌道が2つに分かれます。左にすすみます。落ち葉で道が分かりにくいのと、あまりよく整備されていない道なのか?あちこち崩落地帯があります。でも、危険な所はないです。
あれま。車道にでました。反対側に”大屋山へ”の道標が倒れていました。
2015年12月27日 10:38撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれま。車道にでました。反対側に”大屋山へ”の道標が倒れていました。
登山道を進むと、堰堤に出ますが、ここからの道がわかりにくくなっています。堰堤を渡らないようにしましょ。
2015年12月27日 10:39撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を進むと、堰堤に出ますが、ここからの道がわかりにくくなっています。堰堤を渡らないようにしましょ。
よくよく見ると、左上に登る道があります。
2015年12月27日 10:41撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よくよく見ると、左上に登る道があります。
登ると、尾根になっていました。
2015年12月27日 10:45撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ると、尾根になっていました。
落ち葉で埋もれた道を登ります。落ち葉ですべるのなんの。
2015年12月27日 10:49撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉で埋もれた道を登ります。落ち葉ですべるのなんの。
1
さらに車道にでました。実は、この先分岐があって、民家方面に進むのが正解。でも、わからずどんどん車道を進んでしまいました。
2015年12月27日 10:52撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに車道にでました。実は、この先分岐があって、民家方面に進むのが正解。でも、わからずどんどん車道を進んでしまいました。
コル部まで来ちゃいました。
2015年12月27日 11:02撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コル部まで来ちゃいました。
元に戻ろうと一瞬思ったものの、古い地図には黒点々道があります。行ってみましょう。ここから尾根に取り付きます。
2015年12月27日 11:02撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
元に戻ろうと一瞬思ったものの、古い地図には黒点々道があります。行ってみましょう。ここから尾根に取り付きます。
1
急な登りを登り、この岩を越えれば尾根に出ます。しばらくアップダウンがあります。
2015年12月27日 11:13撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な登りを登り、この岩を越えれば尾根に出ます。しばらくアップダウンがあります。
広い尾根に出ました。この辺りは、うっすらと雪が積もっていました。
2015年12月27日 11:22撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根に出ました。この辺りは、うっすらと雪が積もっていました。
テレビの電波塔を通過します。
2015年12月27日 11:23撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレビの電波塔を通過します。
鉄塔の下をくぐり、落ち葉の急坂を登りつめると、
2015年12月27日 11:29撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔の下をくぐり、落ち葉の急坂を登りつめると、
蓼沼に出ました。
2015年12月27日 11:40撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼沼に出ました。
1
大明神、祠がありました。かなり白くなってきました。
2015年12月27日 11:42撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神、祠がありました。かなり白くなってきました。
落ち葉をザクザク登り、チョット下って大屋山への最後の登りです。
2015年12月27日 11:54撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉をザクザク登り、チョット下って大屋山への最後の登りです。
大屋山頂上です。山頂は木が茂っていて、展望は今ひとつ。展望台にすすみましょう。
2015年12月27日 12:00撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大屋山頂上です。山頂は木が茂っていて、展望は今ひとつ。展望台にすすみましょう。
2
三角点に、ターーッチ。
2015年12月27日 12:00撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点に、ターーッチ。
2
10分ほどで展望台に来ました。ここからの景色はいいですね。
2015年12月27日 12:11撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで展望台に来ました。ここからの景色はいいですね。
3
あれは、鹿岳かな。
2015年12月27日 12:11撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは、鹿岳かな。
別のコンデジでズームしてみましょ。やっぱり、鹿岳ですね。
2015年12月27日 12:15撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別のコンデジでズームしてみましょ。やっぱり、鹿岳ですね。
2
展望台の先の景色です。珍しい岩と、奥の山はうっすら雪化粧。展望台の先は崖っぷちなので、戻りましょう。
2015年12月27日 12:15撮影 by COOLPIX S7000, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台の先の景色です。珍しい岩と、奥の山はうっすら雪化粧。展望台の先は崖っぷちなので、戻りましょう。
蓼沼分岐から赤テープを頼って下山します。落ち葉で道がよくわからん。
2015年12月27日 12:36撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼沼分岐から赤テープを頼って下山します。落ち葉で道がよくわからん。
途中に”清水あります”看板がありました。ちょろちょろの水があります。
2015年12月27日 12:42撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中に”清水あります”看板がありました。ちょろちょろの水があります。
こんな感じの針葉樹の道を抜けると、
2015年12月27日 12:46撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの針葉樹の道を抜けると、
鉄塔が見えるススキ原に出ます。
2015年12月27日 12:47撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔が見えるススキ原に出ます。
ここにも水があり、氷ついてました。
2015年12月27日 12:49撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも水があり、氷ついてました。
直ぐ先には、民家が見えました。
2015年12月27日 12:50撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐ先には、民家が見えました。
無人のようです。風の音でトタンがギ〜ギ〜となって不気味。
2015年12月27日 12:52撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無人のようです。風の音でトタンがギ〜ギ〜となって不気味。
ここが民家への登り口です。ここが正解だったんですね。
2015年12月27日 12:55撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが民家への登り口です。ここが正解だったんですね。
帰りは、車道で帰りましょう。
2015年12月27日 13:02撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは、車道で帰りましょう。
駐車場まで戻ってきました。簡単に済ませる予定が結構ハードでした。
2015年12月27日 13:16撮影 by XZ-1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場まで戻ってきました。簡単に済ませる予定が結構ハードでした。

感想/記録

本日は、黒滝山とのダブルヘッダーで、大屋山に寄りました。家族向けで、楽勝とおもったんですが、道は間違えたり、雪が降ってきて、かなり寒く、かなりハードでした。ここは、アカヤシオが咲く頃が良いという話なので、また黒滝山とセットで来てみたいですね。
訪問者数:200人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/23
投稿数: 3726
2015/12/27 22:33
 ダブルお疲れ様でした!
西上州は短時間で歩ける山が多いですから、ダブルやトリプルが可能ですね

大屋山の北側の岩稜伝いに下山できる道があるそうです
但し危険な道のようですが
登録日: 2010/5/5
投稿数: 1063
2015/12/27 23:05
 Re: ダブルお疲れ様でした!
niiniさん、こんばんは。

西上州の山は、岩が多いので、見かけ以上に大変ですけど、面白いですね。
実は、大屋山の北側の尾根道、チョット見てみました。雪がついていたので、早々に退散したんですが、踏み跡は結構あるので、使っているんじゃないかなと思いますよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ