ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785242 全員に公開 ハイキング箱根・湯河原

明神ヶ岳|宮城野支所前BSからピストン - 親子登山50 (小1)

日程 2015年12月19日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山y-nocchi, その他メンバー7人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
路線バス:小田原駅東口 or 箱根湯本駅 から 宮城野支所前BS
 箱根湯本駅からは10分間隔、小田原駅からは30分間隔
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間28分
休憩
43分
合計
3時間11分
Sスタート地点11:1412:13鞍部12:1613:05明神ヶ岳13:4514:25鞍部14:25宮城野支所前G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSログの頭が欠けましたが、スタート/ゴールとも宮城野支所前BSです。
GPSログは明神ヶ岳山頂に達してませんが、山頂の標識のある広場まで行きました。
その他周辺情報宮城野支所前BSに公衆トイレあり
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル 調理用食材 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター

写真

明神ヶ岳へ向かう。
2015年12月19日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神ヶ岳へ向かう。
稜線に出たけど、鞍部だから山頂まではまだ登るよ。
2015年12月19日 12:15撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出たけど、鞍部だから山頂まではまだ登るよ。
箱根らしい、ハコネダケ(と思う)のトンネル。
2015年12月19日 12:30撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
箱根らしい、ハコネダケ(と思う)のトンネル。
1
向かいは箱根駒ヶ岳で、その下の鬼押し出しからは絶え間なく水蒸気が湧き上がる。
2015年12月19日 12:42撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かいは箱根駒ヶ岳で、その下の鬼押し出しからは絶え間なく水蒸気が湧き上がる。
相模湾と小田原の街並み。綺麗だ。
2015年12月19日 13:03撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湾と小田原の街並み。綺麗だ。
2
鬼押し出しからの水蒸気と、山頂にて。
2015年12月19日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼押し出しからの水蒸気と、山頂にて。
3
南アルプスですかね、遠くまで見通せました。
2015年12月19日 13:41撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプスですかね、遠くまで見通せました。
2
間近の富士山は邪魔する雲が取れず。手前のコブみたいなのは金時山。
2015年12月19日 13:57撮影 by Canon PowerShot SX710 HS, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間近の富士山は邪魔する雲が取れず。手前のコブみたいなのは金時山。
2
撮影機材:

感想/記録

会社のトレッキング同好会の忘年山行に親子で参加しました。
このグループには昨年5月に親子参加して棒ノ折山へ行きましたが、そのときは山頂手前で大人のペースについていかれなくなった相棒が悔し涙を流し、それでもこちらに顔を向けず「泣いてない」と涙をぬぐっていました。あれから1年半、我が隊は30回以上の山行を経験しており、相棒の成長はいかほどに。

山行計画で参照したガイドブックが相当古く、今は登山道として使われていない道(火打沢沿いの道:通れるかもしれませんが作業道の位置づけのようです)を登りに選んで周回コースとしていましたが、当日朝にそのことに気づいてピストンに計画変更。

高低差600m弱はそれなりに歩き甲斐がありました。別荘地を抜けるまでは階段で、これも結構しんどい。稜線までの山道は広葉樹が落葉したあととはいえ眺望はなく、とにかく上へ上へといった感じ。バテ気味のメンバーも出始めたころ稜線へ出ましたがそこは鞍部、頂上へはもう少し登る必要があります。 しかし稜線からは対面の駒ケ岳や、その反対側には相模湾と小田原の街並みがバッチリ見え、気分は高揚して疲れを感じず歩けました。いつ降ったのかわかりませんが、日陰に薄っすら残雪があり(アイゼンなど不要)、それでも盛り上がり。間近の富士山の眺めが楽しみでしたが、雲が完全に取れることはありませんでしたが、海側の絶景で大満足。

下山は、日没が少々心配になる時刻だったので急ぎ目に下りました。相棒はといえば、登り始めから下山まで隊長のすぐ後ろの2番目の位置をキープし、たまに自分の山行経験の自慢話を披露しながら、大人と一緒に歩き通せました。私は最後尾を歩き相棒の御守りは若者に任せっきりにしてしまいましたが、みんな大人の対応をしてくれていてとても助かりました。

昔、箱根の外輪山を半周したときの下山路が今回のコース(http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-660464.html)。あのときは下山途中で膝が痛くなり、落ちていた枝を杖にしてやっとの思いで降りてきたけど、今回は楽勝。もちろん距離も違いますが、40半ばでもフィジカルは鍛えられるもんだなと実感しました。 外輪山半周のとき、金時山から明神ヶ岳までの稜線が気持ちよかった記憶があり機会があればその道を相棒と歩いてみたいのですが、金時山周辺が大混雑していたり、どこかが田んぼのようにぬかるんでいた記憶もあるので、時期とか選ばないとなぁと思います。
訪問者数:481人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 鞍部 山行 ピストン 外輪山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ