ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785290 全員に公開 ハイキング丹沢

山納め 玄倉林道からの鍋割山

日程 2015年12月27日(日) [日帰り]
メンバー monkichikun, その他メンバー3人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
小田急線 新松田駅 駅からタクシー(約8000円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
1時間10分
合計
8時間20分
S玄倉林道ゲート07:4008:30新青崩隧道08:40玄倉ダム08:5010:20雨山峠10:3011:10茅ノ木棚沢ノ頭12:00鍋割山12:5016:00大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
四連休の最終日は久しぶりのグループ登山で2015年の山納め。
当初大菩薩嶺や八ヶ岳などが検討されたけど結局はいつもの丹沢になった。
とはいえ玄倉林道からアクセスするコースは初めてだったため新鮮な山歩きになった。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 飲料 ヘッドランプ GPS 携帯 時計 タオル カメラ

写真

新松田駅から
2015年12月27日 07:03撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新松田駅から
1
タクシーに乗って
2015年12月27日 07:03撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タクシーに乗って
玄倉林道ゲート
2015年12月27日 07:43撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
玄倉林道ゲート
1
580mあるらしい
2015年12月27日 08:35撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
580mあるらしい
1
右手に滝
2015年12月27日 08:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に滝
左手に玄倉ダム
2015年12月27日 08:44撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に玄倉ダム
2
ユーシンブルー
2015年12月27日 08:51撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユーシンブルー
3
またトンネル
2015年12月27日 09:00撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またトンネル
1
凍てつく枯葉
2015年12月27日 09:35撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍てつく枯葉
ここから雨山峠へ
2015年12月27日 09:44撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから雨山峠へ
1
山食ごっこ
2015年12月27日 09:48撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山食ごっこ
2
階段というか梯子というか
2015年12月27日 09:56撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段というか梯子というか
沢伝いを通り
2015年12月27日 09:58撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢伝いを通り
雨山峠
2015年12月27日 10:34撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠
2
名も知らぬ山
2015年12月27日 11:06撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名も知らぬ山
茅ノ木棚沢ノ頭
2015年12月27日 11:10撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅ノ木棚沢ノ頭
長い鎖場
2015年12月27日 11:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長い鎖場
1
おそらく核心部
2015年12月27日 11:17撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おそらく核心部
1
ちょっとした広場
2015年12月27日 11:26撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした広場
石仏
2015年12月27日 11:32撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石仏
この階段が脚に堪える
2015年12月27日 11:45撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この階段が脚に堪える
だんだん曇ってきた
2015年12月27日 11:54撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん曇ってきた
1
鍋割山荘に到着
2015年12月27日 11:58撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山荘に到着
1
お湯を沸かし
2015年12月27日 12:21撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お湯を沸かし
餅入りカレーヌードル
2015年12月27日 12:26撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餅入りカレーヌードル
3
下山
2015年12月27日 13:03撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山
分岐点
2015年12月27日 14:09撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点
やはり下りに弱いのか?
2015年12月27日 14:12撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり下りに弱いのか?
黄葉が残ってた
2015年12月27日 15:05撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄葉が残ってた
落ち葉
2015年12月27日 15:37撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉
大倉バス停
2015年12月27日 15:58撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉バス停
1
そしてラーメン納め
2015年12月27日 16:50撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてラーメン納め
5

感想/記録

前夜からのオールナイト映画を観てから新宿に移動し小田急線の急行小田原行きに乗る。
6時50分に新松田駅に到着、他の3人は少し早めの御殿場線で既に到着していた。
駅前のコンビニで朝ごはんを買いタクシーで玄倉林道ゲートまで運んでもらう。
舗装されているとはいえ穴が多いかなり痛んだ道だったが絶妙なハンドル捌きで減速せずに揺れも少ないスムーズな運転を見せてくれ、さすが職業ドライバーと感心したものだ。
30分ほどで玄倉林道ゲートに到着、朝ごはんを食べ準備をしてから出発。
歩き始めからずっと平坦でいい加減飽きてきた辺りに新青崩隧道という長いトンネルに到達。
600m近くあり中は真っ暗、もしライトがないとかなり辛い通り抜けになるだろう。
トンネルを抜けると右手に滝があり左手にはユーシンブルーと呼ばれる青い水溜りがあった。
なぜこれほど水が青いか皆で推論し(ダム施設から流れる大量のバスクリン説や上流にインク工場がありその廃液が流れこんでる説など…)結論が出ないままその地を後にする。
雨山峠に向かう分岐からようやく登山道らしい道に…油断すると滑落しそうなところが盛り沢山ではあるが基本的に沢の脇を歩いていく気持ちがよい遊歩道になっている。
雨山峠は寄への分岐点にもなっていてそちらから来たと思われる登山者と行き交った。
途中長い長い鎖場やちょっといい感じの広場などを経由しようやく目指す鍋割山荘に到着。
そこまで3人しか登山者と会わなかったが山頂では軽く100人を超える登山者が休憩していた。
名物の鍋焼きうどんは約20分待ちだったので持参したカップラーメンを食べてワインを飲む。
下り道で自分たちは結構いいペースで歩いているつもりだったが誰一人抜かせず沢山の人に追い越されたのが腑に落ちない、やはり下りに弱いということを自覚するべきだろう。
途中の道の真ん中に下半身の無い鹿の死骸があったが猛獣にでも襲われたのだろうか?
という感じで大倉バス停に到着しバスで渋沢駅へ、そして駅前のラーメン屋でラーメン納め。
訪問者数:199人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 林道 滑落 コンビニ クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ