ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785485 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

長沢背稜【鴨沢BS→雲取山→酉谷山→東日原BS】

日程 2015年12月28日(月) 〜 2015年12月29日(火)
メンバー SuSE
天候■12月28日→晴れ
■12月29日→晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
■西東京バス ハイキング時刻表 奥多摩・御岳山エリア
http://www.nisitokyobus.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/08/20150901_hiking_okutama.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

■写真1 - 鴨沢BS
平日ダイヤの丹波行きは、休日より1時間半も早く出ます。
なので、行動幅が大きく広がりそうですね。
2015年12月28日 07:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真1 - 鴨沢BS
平日ダイヤの丹波行きは、休日より1時間半も早く出ます。
なので、行動幅が大きく広がりそうですね。
1
■写真2
夏より貫禄を増したような気がする地域ネコ。
強い者だけが生き残れる世界です。
2015年12月28日 07:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真2
夏より貫禄を増したような気がする地域ネコ。
強い者だけが生き残れる世界です。
2
■写真3
村営の駐車場は路駐が出るほど賑わっています。
奥は土砂が積まれて駐車スペースが減りましたね。
2015年12月28日 08:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真3
村営の駐車場は路駐が出るほど賑わっています。
奥は土砂が積まれて駐車スペースが減りましたね。
1
■写真4
冬場は狩猟解禁のシーズンです。
誤って撃たれないように、熊鈴や目立つ服などハイカーの配慮も必要です。
2015年12月28日 08:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真4
冬場は狩猟解禁のシーズンです。
誤って撃たれないように、熊鈴や目立つ服などハイカーの配慮も必要です。
■写真5
早めのペースなので、鵜呑みは危険です。
標準CTの足なら3割ほど余計に見てもいいかと。
2015年12月28日 09:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真5
早めのペースなので、鵜呑みは危険です。
標準CTの足なら3割ほど余計に見てもいいかと。
■写真6
ルート全般には霜柱が育っていました。
日当たりのいいところは溶けて大惨事になりますね。
2015年12月28日 09:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真6
ルート全般には霜柱が育っていました。
日当たりのいいところは溶けて大惨事になりますね。
■写真7
久し振りの富士山ビュースポットより。
ダラダラと長い登りなので、ここの息抜きは重要です。
2015年12月28日 10:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真7
久し振りの富士山ビュースポットより。
ダラダラと長い登りなので、ここの息抜きは重要です。
1
■写真8 - 七ツ石小屋
休憩と給水に都合のいい場所にあります。
奥多摩小屋の水場は遠いので、テン泊でもここで給水する人も。
2015年12月28日 10:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真8 - 七ツ石小屋
休憩と給水に都合のいい場所にあります。
奥多摩小屋の水場は遠いので、テン泊でもここで給水する人も。
■写真9 - 七ツ石小屋
休憩とテン場を兼ねた奥のスペース。
バイオトイレと水場が至近で快適そうです。
2015年12月28日 11:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真9 - 七ツ石小屋
休憩とテン場を兼ねた奥のスペース。
バイオトイレと水場が至近で快適そうです。
■写真10
天気がいいので七ツ石山を経由しましょう。
石尾根縦走路を鷹ノ巣山方面。
2015年12月28日 11:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真10
天気がいいので七ツ石山を経由しましょう。
石尾根縦走路を鷹ノ巣山方面。
■写真11 - 七ツ石山
好天時は必ず立ち寄る七ツ石山。
巻いてしまうなんて、勿体ないことです。
2015年12月28日 12:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真11 - 七ツ石山
好天時は必ず立ち寄る七ツ石山。
巻いてしまうなんて、勿体ないことです。
1
■写真12 - 七ツ石山
南側の展望。
こっちは七ツ石小屋と大差ないかも。
2015年12月28日 12:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真12 - 七ツ石山
南側の展望。
こっちは七ツ石小屋と大差ないかも。
■写真13 - 七ツ石山
北側の展望。
これから歩く石尾根が、避難小屋まで俯瞰できます。
2015年12月28日 12:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真13 - 七ツ石山
北側の展望。
これから歩く石尾根が、避難小屋まで俯瞰できます。
■写真14 - 七ツ石山
雲取山の左隣りには、地味な奥秩父山塊。
ハイシーズンでも混雑しない、貴重な縦走路でもあり。
2015年12月28日 12:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真14 - 七ツ石山
雲取山の左隣りには、地味な奥秩父山塊。
ハイシーズンでも混雑しない、貴重な縦走路でもあり。
■写真15 - 七ツ石山
ブナ坂方面に少し下ると、南アルプスを一望できます。
障害物なしで俯瞰できるのは、恐らくここだけです。
2015年12月28日 12:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真15 - 七ツ石山
ブナ坂方面に少し下ると、南アルプスを一望できます。
障害物なしで俯瞰できるのは、恐らくここだけです。
■写真16 - ブナ坂
巻道と合流し、防火帯で雲取山を目指します。
奥多摩を愛してやまない理由が、ここにあります。
2015年12月28日 12:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真16 - ブナ坂
巻道と合流し、防火帯で雲取山を目指します。
奥多摩を愛してやまない理由が、ここにあります。
■写真17
道幅が少しずつ広がってるような気もしますが…。
霜が溶けて田んぼが形成されようとしています。
2015年12月28日 12:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真17
道幅が少しずつ広がってるような気もしますが…。
霜が溶けて田んぼが形成されようとしています。
■写真18
今年も変わらぬ姿のダンシングツリー。
根本は地滑りか何かで移動したのか?
2015年12月28日 12:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真18
今年も変わらぬ姿のダンシングツリー。
根本は地滑りか何かで移動したのか?
1
■写真19
よく晴れた日の眺望が素晴らしい石尾根。
晩秋に歩くのがオススメですね。
2015年12月28日 12:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真19
よく晴れた日の眺望が素晴らしい石尾根。
晩秋に歩くのがオススメですね。
■写真20
随所に巻道が設定され、ピークをスキップできます。
でも眺望を楽しみたいなら、巻かずに頑張るべきでしょう。
2015年12月28日 12:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真20
随所に巻道が設定され、ピークをスキップできます。
でも眺望を楽しみたいなら、巻かずに頑張るべきでしょう。
■写真21
五十人平のヘリポート。
からの、ヨモギノ頭と小雲取山と雲取避難小屋。
2015年12月28日 12:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真21
五十人平のヘリポート。
からの、ヨモギノ頭と小雲取山と雲取避難小屋。
■写真22 - 奥多摩小屋
テン泊か素泊まりかの二択な小屋。
この辺りの営業小屋で、唯一の汲み取り式トイレに。
2015年12月28日 12:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真22 - 奥多摩小屋
テン泊か素泊まりかの二択な小屋。
この辺りの営業小屋で、唯一の汲み取り式トイレに。
■写真23 - ヨモギノ頭
巻道もあるのですが、敢えて登ります。
防火帯フェチとしては、この眺望を見ないなんてとんでもない。
2015年12月28日 13:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真23 - ヨモギノ頭
巻道もあるのですが、敢えて登ります。
防火帯フェチとしては、この眺望を見ないなんてとんでもない。
■写真24
石尾根で唯一的な岩稜?
普通に階段登りで往来できます。
2015年12月28日 13:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真24
石尾根で唯一的な岩稜?
普通に階段登りで往来できます。
■写真25
小雲取山への登りは心をへし折ってきます。
日帰りなら、ここを一気に登り詰める体力は欲しいところ。
2015年12月28日 13:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真25
小雲取山への登りは心をへし折ってきます。
日帰りなら、ここを一気に登り詰める体力は欲しいところ。
■写真26
目的を視界に捉えながらの登る辛さと言ったら。
植生保護のルート誘導にご協力ください。
2015年12月28日 13:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真26
目的を視界に捉えながらの登る辛さと言ったら。
植生保護のルート誘導にご協力ください。
■写真27 - 雲取避難小屋
歩いてきた石尾根と、その先にも続く山稜。
東京都内とは思えないほど深い山並みです。
2015年12月28日 13:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真27 - 雲取避難小屋
歩いてきた石尾根と、その先にも続く山稜。
東京都内とは思えないほど深い山並みです。
■写真28 - 雲取避難小屋
小屋には丁寧にも「山頂はここじゃない」アピール。
山梨の山頂標識を頂上と思ってしまう人が居るんでしょうね。
2015年12月28日 13:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真28 - 雲取避難小屋
小屋には丁寧にも「山頂はここじゃない」アピール。
山梨の山頂標識を頂上と思ってしまう人が居るんでしょうね。
■写真29 - 雲取避難小屋
日中でもプラス気温にならない時期になりました。
登りで体が温まっているので、0℃には感じませんが。
2015年12月28日 13:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真29 - 雲取避難小屋
日中でもプラス気温にならない時期になりました。
登りで体が温まっているので、0℃には感じませんが。
■写真30 - 雲取避難小屋
幾多のハイカーを惑わしてきただろう、山梨の山頂標識。
ピークっぽい岩稜も紛らわしいですね。
2015年12月28日 13:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真30 - 雲取避難小屋
幾多のハイカーを惑わしてきただろう、山梨の山頂標識。
ピークっぽい岩稜も紛らわしいですね。
■写真31 - 雲取避難小屋
しかし南側なだけあって、富士山の眺望は山頂髄一か。
石尾根でずっと富士山を見てきたので、食傷気味は否めませんが。
2015年12月28日 13:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真31 - 雲取避難小屋
しかし南側なだけあって、富士山の眺望は山頂髄一か。
石尾根でずっと富士山を見てきたので、食傷気味は否めませんが。
■写真32 - 雲取山
なんか色々とゴチャゴチャした山頂。
もっとシンプルでもいいと思うんだけどな…。
2015年12月28日 14:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真32 - 雲取山
なんか色々とゴチャゴチャした山頂。
もっとシンプルでもいいと思うんだけどな…。
■写真33 - 雲取山
やはり埼玉の山頂標識が記念写真スポットか。
富士山も一緒に写るのがアクセントです。
2015年12月28日 13:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真33 - 雲取山
やはり埼玉の山頂標識が記念写真スポットか。
富士山も一緒に写るのがアクセントです。
■写真34 - 雲取山
冬枯れのシーズンは浅間山まで見られるとは…。
何度となく登ってきたけど、初めて知りました。
2015年12月28日 14:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真34 - 雲取山
冬枯れのシーズンは浅間山まで見られるとは…。
何度となく登ってきたけど、初めて知りました。
■写真35 - 雲取山
三角点の隣には、原三角点なるオブジェ。
明治時代の初期に測量されたらしく、今では貴重なのだとか。
2015年12月28日 14:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真35 - 雲取山
三角点の隣には、原三角点なるオブジェ。
明治時代の初期に測量されたらしく、今では貴重なのだとか。
■写真36
雲取山荘への下りは凍結しています。
まだアイゼンは不要でした。
2015年12月28日 14:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真36
雲取山荘への下りは凍結しています。
まだアイゼンは不要でした。
■写真37 - 雲取山荘
泊まり客のピークを迎えるだろう時間帯になのに、静まり返っています。
この日は小屋泊30名、テン泊2名ほどでした。
2015年12月28日 14:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真37 - 雲取山荘
泊まり客のピークを迎えるだろう時間帯になのに、静まり返っています。
この日は小屋泊30名、テン泊2名ほどでした。
■写真38 - 雲取山荘
山荘の夕食は小さいハンバーグと知っていたので自炊です。
自炊室で山めし礼賛を丸パクリしたカレーフォンデュを楽しみました。
2015年12月28日 17:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真38 - 雲取山荘
山荘の夕食は小さいハンバーグと知っていたので自炊です。
自炊室で山めし礼賛を丸パクリしたカレーフォンデュを楽しみました。
3
■写真39 - 雲取山荘
お早うございます。
2日目の朝はストーブで暖かかった自炊室の前よりお届けします。
2015年12月29日 06:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真39 - 雲取山荘
お早うございます。
2日目の朝はストーブで暖かかった自炊室の前よりお届けします。
■写真40 - 雲取山荘
日の出は6:50くらいと遅め。
ご来光目当てに山頂まで行く人もいるらしいです。
2015年12月29日 06:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真40 - 雲取山荘
日の出は6:50くらいと遅め。
ご来光目当てに山頂まで行く人もいるらしいです。
■写真41
ご来光とは無縁の方角に歩いているし…と思っていたら。
一段と光量が増して、木々の隙間から朝日が。
2015年12月29日 06:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真41
ご来光とは無縁の方角に歩いているし…と思っていたら。
一段と光量が増して、木々の隙間から朝日が。
2
■写真42
日の出とともに朝食タイムの健康的な生活。
子どもは、お尻の毛がフワフワです。
2015年12月29日 06:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真42
日の出とともに朝食タイムの健康的な生活。
子どもは、お尻の毛がフワフワです。
3
■写真43
三峰との縦走路と別れて、一変して踏み跡が怪しくなる長沢背稜へ。
一般登山道と信じて突き進みます。
2015年12月29日 07:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真43
三峰との縦走路と別れて、一変して踏み跡が怪しくなる長沢背稜へ。
一般登山道と信じて突き進みます。
■写真44
朝ごはん中の別の群れに遭遇します。
食害が深刻化したのは近代の話なので、どう考えても人間が加担しているのでしょう。
2015年12月29日 07:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真44
朝ごはん中の別の群れに遭遇します。
食害が深刻化したのは近代の話なので、どう考えても人間が加担しているのでしょう。
5
■写真45 - 芋ノ木ドッケ
でも、その先も登りのようですけど?
東京都で2番目に高い山は、扱いが雑なようです。
2015年12月29日 07:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真45 - 芋ノ木ドッケ
でも、その先も登りのようですけど?
東京都で2番目に高い山は、扱いが雑なようです。
■写真46 - 芋ノ木ドッケ
ピークと思しき場所はホントに何もなく。
ちなみに山頂標識は巻道の三峰側にあります。
2015年12月29日 07:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真46 - 芋ノ木ドッケ
ピークと思しき場所はホントに何もなく。
ちなみに山頂標識は巻道の三峰側にあります。
■写真47
芋ノ木ドッケの少し先から、長い長い長沢背稜が始まります。
標準CTの足なら、一杯水経由で東日原まで行けます。
2015年12月29日 07:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真47
芋ノ木ドッケの少し先から、長い長い長沢背稜が始まります。
標準CTの足なら、一杯水経由で東日原まで行けます。
■写真48
原生林の様相を残す奥深さがあります。
踏み跡も奥多摩にしては珍しく頼りない感じ。
2015年12月29日 07:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真48
原生林の様相を残す奥深さがあります。
踏み跡も奥多摩にしては珍しく頼りない感じ。
■写真49
これから歩く山並みを俯瞰します。
ピークは無数にありますが、途中からトラバースです。
2015年12月29日 08:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真49
これから歩く山並みを俯瞰します。
ピークは無数にありますが、途中からトラバースです。
■写真50
午前中は、ずっと雪が舞っていました。
どこから運ばれてきた雪なんだろう…。
2015年12月29日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真50
午前中は、ずっと雪が舞っていました。
どこから運ばれてきた雪なんだろう…。
■写真51 - 桂谷ノ頭
…だと思うのですが山頂標識はなく。
細かいアップダウンで揺さぶってくるエリアです。
2015年12月29日 08:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真51 - 桂谷ノ頭
…だと思うのですが山頂標識はなく。
細かいアップダウンで揺さぶってくるエリアです。
■写真52
アズマシャクナゲの自生地のようです。
奥多摩で石楠花は、ちょっと意外な感じですね。
2015年12月29日 08:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真52
アズマシャクナゲの自生地のようです。
奥多摩で石楠花は、ちょっと意外な感じですね。
■写真53 - 長沢山
少し開けたピークは背稜の名を冠する長沢山。
眺望は良くないので、足を止めず通過します。
2015年12月29日 09:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真53 - 長沢山
少し開けたピークは背稜の名を冠する長沢山。
眺望は良くないので、足を止めず通過します。
■写真54
水松山の手前のピークは北側に巻きます。
北側を歩くのって唯一の場面では?
2015年12月29日 09:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真54
水松山の手前のピークは北側に巻きます。
北側を歩くのって唯一の場面では?
■写真55
天祖山との分岐から南側の巻道に。
やっと長沢背稜らしい光景になりました。
2015年12月29日 09:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真55
天祖山との分岐から南側の巻道に。
やっと長沢背稜らしい光景になりました。
■写真56
辛うじて覗き見えるのは東京湾か。
タンカーらしき大型船を確認できます。
2015年12月29日 09:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真56
辛うじて覗き見えるのは東京湾か。
タンカーらしき大型船を確認できます。
1
■写真57
こんなところにヘリポートが。
開けて眺望もいいので休憩にします。
2015年12月29日 10:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真57
こんなところにヘリポートが。
開けて眺望もいいので休憩にします。
■写真58
珍しく北側の景色が見られます。
ノコギリのようなギザギザの両神山、右奥のは…日光連山?
2015年12月29日 10:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真58
珍しく北側の景色が見られます。
ノコギリのようなギザギザの両神山、右奥のは…日光連山?
■写真59
山肌を大きく削られた天祖山と、その奥には富士山。
間を横断するのは石尾根ですね。
2015年12月29日 10:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真59
山肌を大きく削られた天祖山と、その奥には富士山。
間を横断するのは石尾根ですね。
■写真60
酉谷山への分岐には指導標が。
ここの登りはキツいのですが、頑張って行きましょう。
2015年12月29日 11:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真60
酉谷山への分岐には指導標が。
ここの登りはキツいのですが、頑張って行きましょう。
■写真61 - 酉谷山
分岐から20分ほど登り詰めると、山頂に到着です。
奥多摩の最奥部に再訪する日が来るとは。
2015年12月29日 11:25撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真61 - 酉谷山
分岐から20分ほど登り詰めると、山頂に到着です。
奥多摩の最奥部に再訪する日が来るとは。
■写真62 - 酉谷山
南方が開けていて眺望が広がります。
石尾根の奥は丹沢でしょうか。
2015年12月29日 11:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真62 - 酉谷山
南方が開けていて眺望が広がります。
石尾根の奥は丹沢でしょうか。
■写真63
縦走路から少し外れたところに酉谷避難小屋。
都は避難小屋の計画利用は遠慮するように、との事。
2015年12月29日 12:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真63
縦走路から少し外れたところに酉谷避難小屋。
都は避難小屋の計画利用は遠慮するように、との事。
■写真64
再び南側の気持ちのいいトラバースに戻ります。
多少の起伏はあれども、疲れていても全然歩けるほど。
2015年12月29日 12:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真64
再び南側の気持ちのいいトラバースに戻ります。
多少の起伏はあれども、疲れていても全然歩けるほど。
■写真65
途中のハナド岩は眺望がいいことで知られています。
すぐそこなので寄り道してみましょう。
2015年12月29日 13:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真65
途中のハナド岩は眺望がいいことで知られています。
すぐそこなので寄り道してみましょう。
■写真66 - ハナド岩
トラバース主体の縦走路なので、眺望は貴重です。
崖っぷちまで行けますが滑落注意。
2015年12月29日 13:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真66 - ハナド岩
トラバース主体の縦走路なので、眺望は貴重です。
崖っぷちまで行けますが滑落注意。
■写真67
このまま東日原まで下りることもできますが。
今回の山行で最後のピークになる、三ツドッケを経由します。
2015年12月29日 13:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真67
このまま東日原まで下りることもできますが。
今回の山行で最後のピークになる、三ツドッケを経由します。
■写真68 - 三ツドッケ
三ツドッケを愛する者が違法に作り上げた眺望…。
山頂部分は不自然に切り開かれています。
2015年12月29日 14:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真68 - 三ツドッケ
三ツドッケを愛する者が違法に作り上げた眺望…。
山頂部分は不自然に切り開かれています。
■写真69 - 三ツドッケ
一杯水から先も、まだまだ続く都県境尾根。
こちらの防火帯も歩き甲斐があって好きです。
2015年12月29日 14:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真69 - 三ツドッケ
一杯水から先も、まだまだ続く都県境尾根。
こちらの防火帯も歩き甲斐があって好きです。
■写真70 - 三ツドッケ
都心部をよーく見てみると…ありました、スカイツリー。
好条件の日なら雲取山の山頂からも見えるらしいです。
2015年12月29日 14:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真70 - 三ツドッケ
都心部をよーく見てみると…ありました、スカイツリー。
好条件の日なら雲取山の山頂からも見えるらしいです。
■写真71 - 一杯水避難小屋
ログハウス風ではないのが珍しいクラシカルな避難小屋。
近くの一杯水は細いので枯れる時期もあります。
2015年12月29日 14:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真71 - 一杯水避難小屋
ログハウス風ではないのが珍しいクラシカルな避難小屋。
近くの一杯水は細いので枯れる時期もあります。
■写真72
バスの時間に合わせて下山を開始します。
馬酔木のトンネルは、登って来る時に山頂が近い目印になります。
2015年12月29日 14:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真72
バスの時間に合わせて下山を開始します。
馬酔木のトンネルは、登って来る時に山頂が近い目印になります。
■写真73
滝入ノ峰は左側へと巻きます。
稜線はVRで薄っすらと踏み跡が見えます。
2015年12月29日 15:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真73
滝入ノ峰は左側へと巻きます。
稜線はVRで薄っすらと踏み跡が見えます。
■写真74
久し振りに会った、更正に成功した木。
木にもいろいろな事情があるようです。
2015年12月29日 15:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真74
久し振りに会った、更正に成功した木。
木にもいろいろな事情があるようです。
■写真75
最後は急峻な樹林帯を九十九折で急降下です。
途中の分岐はVRに降格してしまいました。
2015年12月29日 15:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真75
最後は急峻な樹林帯を九十九折で急降下です。
途中の分岐はVRに降格してしまいました。
■写真76
いつの間にかモノレールの軌道が出来ていました。
生活用というより、治山関係のものでしょうか。
2015年12月29日 16:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真76
いつの間にかモノレールの軌道が出来ていました。
生活用というより、治山関係のものでしょうか。
■写真77
最後に、ゴチャゴチャした指導標が出ると車道に合流です。
この地域の標高はスカイツリーよりも高いようです。
2015年12月29日 16:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真77
最後に、ゴチャゴチャした指導標が出ると車道に合流です。
この地域の標高はスカイツリーよりも高いようです。
■写真78 - 東日原BS
全日程を計画通り歩くことができました。
駅までバスで移動して、もえぎの湯に立ち寄ってみます。
2015年12月29日 16:06撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
■写真78 - 東日原BS
全日程を計画通り歩くことができました。
駅までバスで移動して、もえぎの湯に立ち寄ってみます。
撮影機材:

感想/記録
by SuSE

年の瀬の忘年山行。
今年は、すっかり足が遠のいてしまった奥多摩に原点回帰。

いい機会なので、日帰りでは踏破不能な長沢背稜に挑みます。
テン泊で…んー、もう寒いから小屋泊でいいや。


■鴨沢BS→七ツ石山→雲取山→雲取山荘
忘年山行は平日ということを忘れがち。
危うく、行きも帰りも存在しないバスを待つところでした。

7:00発の丹波行きに乗り、鴨沢で降りたのは僅か2名。
まだ仕事の人も居るだろうし、こんなものか。

ルート全般を通して、まだ雪は付いていません。
ただ溶けた霜柱対策にゲイターはあった方が良いかも。

雲取山の山頂から雲取山荘へのルートは凍結箇所があります。
まだ地面や石が出ているので、慎重に歩けばアイゼンは不要でした。

冬場は給水ポイントの状況がきになるところ。
七ツ石小屋は出たり出なかったりします。
雲取山荘は完全に止まり、小屋から水を分けてもらいます。
湧き水は堂所、七ツ石小屋上ともに生きていました。
奥多摩小屋は不明です。

雲取山荘の宿泊者は30名と、こじんまり。
テン泊は2張りほどでした。

自炊の場合は自炊室のストーブを焚いて貰えるので暖かいです。
ストーブの上で調理もできてガスの節約に。

夏場はテン泊がメインだったので、久し振りの小屋泊。
受付脇の談話コーナーで楽しいひと時を過ごさせて貰いました。


■雲取山荘→酉谷山→三ツドッケ→東日原BS
自炊室は朝もストーブを焚いてくれます。
お陰で外は氷点下でも快適に朝食を作れました。

宿泊者の多くは鴨沢ピストンで帰る模様。
折角こんな山深いところに泊まったんだから、もっと奥多摩を楽しめば良いのに。
大きなお世話か。

長沢背稜へは、おそらく一人旅の模様。
踏み跡を見る限り、雲取山荘へ向かう人の方が多いか。
でも逆周りだと1泊2日は厳しいかも。
だから歩く人が少ないのかな…。

水松山までは、一般登山道ながら踏み跡が怪しい箇所あり。
基本は稜線なので、少しロストしてもすぐに合流できますが。

あとエスケープルートの少なさも厳しいところ。
一般登山道だと天祖山のみ。
しかも、難所があるらしく下りでの利用は避けたいところ。

そんな長沢背稜のお楽しみは、水松山から仙元峠まで続くトラバース。
とても地味なのですが、静かだし意外と眺望もあったりしてオススメです。

今回は一杯水避難小屋から東日原に下ります。
標準CTの足では、雲取山荘からだとこの辺りか限界でしょうか。

下山後は初めてもえぎの湯に立ち寄ってみます。
いつも混雑している印象が強く、なかなか足が向きませんでした。
泉質は非常に気持ちよく、肌がツルツルになっていくのが分かるようです。
訪問者数:387人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ