ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785546 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

金剛山 未踏の丸滝谷ルートへ

日程 2015年12月28日(月) [日帰り]
メンバー zienyo
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
水越峠に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間37分
休憩
41分
合計
4時間18分
Sスタート地点08:2108:33水越川左支川砂防ダム08:3410:22六道の辻10:2310:35大日岳10:3610:44山頂広場11:2211:27金剛山11:54セト12:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
丸滝谷コースは沢沿いなので渡渉は何度もあります。
今日のような天候でも中には一部凍ってる部分もありました。
パッと見ただけでは判別できないところもありましたので、慎重に渡渉や岩登りをする必要があります。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

流石に年末ですね。多くの方が最終出勤日だったのでしょう…
ポツンですw
2015年12月28日 08:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流石に年末ですね。多くの方が最終出勤日だったのでしょう…
ポツンですw
1
さあ、今日はこの石筆橋からスタートします。
渡ったら右に。
2015年12月28日 08:21撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、今日はこの石筆橋からスタートします。
渡ったら右に。
こちら側からは楠木正成の肖像画が見えませんねぇ…
2015年12月28日 08:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら側からは楠木正成の肖像画が見えませんねぇ…
1
さて、林道終わりでいよいよ沢沿いのコースに取り付きます。
2015年12月28日 08:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、林道終わりでいよいよ沢沿いのコースに取り付きます。
しっかり道標もあります。
2015年12月28日 08:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しっかり道標もあります。
1
取付いてすぐに小滝が見えてきます。
2015年12月28日 08:40撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付いてすぐに小滝が見えてきます。
2
とにかくずっと沢沿いです。
滝も大小いろいろ豊富にあります。
2015年12月28日 08:42撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかくずっと沢沿いです。
滝も大小いろいろ豊富にあります。
1
ズンズン登ります。
2015年12月28日 08:42撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズンズン登ります。
1
ここが分岐点になります。真ん中が中尾ノ背、左の滝の方向が石ブテ東谷。そして右の沢へ行くと今回登る丸滝谷に進みます。
2015年12月28日 08:51撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが分岐点になります。真ん中が中尾ノ背、左の滝の方向が石ブテ東谷。そして右の沢へ行くと今回登る丸滝谷に進みます。
1
分岐してすぐ
2015年12月28日 08:55撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐してすぐ
特徴あるはしごのある滝に来ました。ここは写真で度々見ていました。
2015年12月28日 09:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
特徴あるはしごのある滝に来ました。ここは写真で度々見ていました。
4
なかなか迫力ある水流です。
2015年12月28日 09:04撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか迫力ある水流です。
4
しかしこのハシゴ、よく見ると凍ってます…
ツルツルでした(汗)
2015年12月28日 09:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしこのハシゴ、よく見ると凍ってます…
ツルツルでした(汗)
3
開けたところはこのようなスケール感があります。
2015年12月28日 09:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開けたところはこのようなスケール感があります。
とにかくずっと沢の縁を行ったり来たり。時に滝の中も歩きます。
2015年12月28日 09:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかくずっと沢の縁を行ったり来たり。時に滝の中も歩きます。
1
滝の左右どちらかに分かり易い踏み跡かロープがあるので、迷う事はほとんどありません。
2015年12月28日 09:16撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の左右どちらかに分かり易い踏み跡かロープがあるので、迷う事はほとんどありません。
1
ルートから外れて滝が見えます。こちら側にもテープがあったので、ルートがありそうです。
2015年12月28日 09:44撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートから外れて滝が見えます。こちら側にもテープがあったので、ルートがありそうです。
1
そして、ここが丸滝谷のハイライトになります。山と高原の地図では(危)マークです。
2015年12月28日 09:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、ここが丸滝谷のハイライトになります。山と高原の地図では(危)マークです。
3
ドーンと大きな壁面を流れ落ちる滝。水量は少ないです。
2015年12月28日 09:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドーンと大きな壁面を流れ落ちる滝。水量は少ないです。
1
壁の右側から回り込むカタチで登れます。
2015年12月28日 09:55撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
壁の右側から回り込むカタチで登れます。
滝を登る前に来た道を見下ろすと結構な勾配でした。
2015年12月28日 09:55撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝を登る前に来た道を見下ろすと結構な勾配でした。
1
ハイライト部分を超えると狭小のV字谷となります。
2015年12月28日 10:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイライト部分を超えると狭小のV字谷となります。
1
霜柱がキレイです
2015年12月28日 10:05撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱がキレイです
1
この辺りはV字ではないですが、斜度が急です。お助けロープは助けになります。
が、ロープをあてにし過ぎるのは危険。
2015年12月28日 10:07撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りはV字ではないですが、斜度が急です。お助けロープは助けになります。
が、ロープをあてにし過ぎるのは危険。
1
蟻地獄と呼ばれる理由が分かりました。
この上ですり鉢状になって全てがこの谷に流れ込むようなカタチになっていました。
2015年12月28日 10:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蟻地獄と呼ばれる理由が分かりました。
この上ですり鉢状になって全てがこの谷に流れ込むようなカタチになっていました。
1
ようやく分岐に着きました。
2015年12月28日 10:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく分岐に着きました。
2
少し登ると六道の辻に出ます。
2015年12月28日 10:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登ると六道の辻に出ます。
ここからは緩やかに大日岳経由で山頂を目指します。
このあたりから少し雪が乗っています。
2015年12月28日 10:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは緩やかに大日岳経由で山頂を目指します。
このあたりから少し雪が乗っています。
こちらにも霜柱
2015年12月28日 10:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらにも霜柱
1
山頂ですが。。。
2015年12月28日 10:43撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ですが。。。
3
人が居ませんね・・・
2015年12月28日 10:46撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が居ませんね・・・
5
今日は晴れの予報でしたが。。。
2015年12月28日 10:47撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は晴れの予報でしたが。。。
2
こちらも。。。
2015年12月28日 10:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも。。。
2
閑散としてます(笑)
2015年12月28日 10:54撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
閑散としてます(笑)
4
山頂は-1℃でした。
2015年12月28日 11:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は-1℃でした。
さて、下りましょうか。
2015年12月28日 11:29撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下りましょうか。
3
青崩道で一番好きなエリア。
2015年12月28日 12:01撮影 by PENTAX K-5 II s , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青崩道で一番好きなエリア。
1
降りた時は少しクルマ増えてましたが、それでも少ないですね…
2015年12月28日 12:36撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
降りた時は少しクルマ増えてましたが、それでも少ないですね…
4

感想/記録
by zienyo

ラスト2登と決めての年末金剛山でしたが、さすがに最終出勤日の人が多かったのかほとんど人に出逢いませんでした。。。
この日は初めて丸滝谷コースを歩きましたが、思いがけず暖かく凍結箇所も無いと高をくぐって歩いていたら、渡渉の途中で踏み込んだ石が部分的に凍っていてスコーン!と滑って転倒しました。
持っていたカメラを庇うために体には打ち身と擦り傷が出来ましたが、水しぶきを被ってしまいました。一応、防塵防滴を謳うカメラで助かりました。

ルートとしてはガンガン滝を登って行くルートなので面白いです。
特に夏場は涼しそうで楽しめそうです。

しんどいのは最後の蟻地獄付近くらいでしょうか。
しかし、写真撮影と転倒の影響もあり予想以上に時間を要してしまいました。

さ、明日は登り納めです。
どのルートにしようかなぁ〜
訪問者数:183人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 渡渉 霜柱 高原 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ