ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785637 全員に公開 アイスクライミング八ヶ岳・蓼科

ジョウゴ沢 ナイアガラの滝

日程 2015年12月28日(月) [日帰り]
メンバー tanukigo, その他メンバー1人
天候快晴♪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
【アクセス】
上信越佐久ICより大門街道、八ヶ岳エコーラインを使いアクセス。美濃戸口までは積雪、凍結個所有るため冬タイヤ必須です。
美濃戸口から美濃戸の区間は殆ど積雪凍結箇所は有りませんでした。

【駐車場】
赤岳山荘駐車場利用 \1000/日
トイレ有り(\100) 60台駐車可能

【マップコード】
八ヶ岳山荘駐車場(美濃戸口) 218 531 406
赤岳山荘駐車場 (美濃戸) 218 534 427

経路を調べる(Google
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間37分
休憩
34分
合計
9時間11分
S赤岳山荘06:3106:35美濃戸山荘06:4007:15堰堤広場07:1608:08赤岳鉱泉08:3008:35大同心沢(大同心ルンゼ)分岐08:39ジョウゴ沢14:27ジョウゴ沢14:2814:33赤岳鉱泉14:3715:13堰堤広場15:1415:38美濃戸山荘15:42赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

赤岳鉱泉
アイスキャンディーも立派に育ちました
2015年12月28日 08:06撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉
アイスキャンディーも立派に育ちました
テントもいっぱい
2015年12月28日 08:07撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントもいっぱい
鉱泉より10分ほどでジョウゴ沢へ
2015年12月28日 08:44撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱泉より10分ほどでジョウゴ沢へ
F1到着
既に多くのクライマーが準備してます
2015年12月28日 08:50撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1到着
既に多くのクライマーが準備してます
1
F1
短く傾斜が緩いのでノーザイルで進みます
右に高巻きルートあり
2015年12月28日 09:09撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F1
短く傾斜が緩いのでノーザイルで進みます
右に高巻きルートあり
2
F2
登りごたえの有るラインです
2015年12月28日 09:18撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2
登りごたえの有るラインです
2
登り切ると一気に視界が開けます
2015年12月28日 10:29撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切ると一気に視界が開けます
1
気持ちの良い空間
2015年12月28日 10:33撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い空間
1
ゴルジュを詰めて行きます
2015年12月28日 10:44撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュを詰めて行きます
2
迫力ある乙女の滝
2015年12月28日 11:00撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力ある乙女の滝
3
空を見上げると雲一つ無い青が広がります
2015年12月28日 11:17撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空を見上げると雲一つ無い青が広がります
ナイアガラの滝
2015年12月28日 11:17撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイアガラの滝
3
ナイアガラの滝終了点よりtanukigo妻
2015年12月28日 12:08撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナイアガラの滝終了点よりtanukigo妻
2
テロリスト!
2015年12月28日 12:08撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テロリスト!
1
懸垂にて下降します
2015年12月28日 12:24撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂にて下降します
2
後を振り返ると大同心、赤岳、阿弥陀岳が広がります
2015年12月28日 12:24撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後を振り返ると大同心、赤岳、阿弥陀岳が広がります
1
懸垂下降中
2015年12月28日 12:24撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懸垂下降中
1
2本目
tanukigo妻のリード
この後、墜落し諦めます
2015年12月28日 12:45撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2本目
tanukigo妻のリード
この後、墜落し諦めます
1
2本目懸垂下降
2015年12月28日 13:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2本目懸垂下降
1
絶景〜
2015年12月28日 13:07撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景〜
スクリューを回収しながらの下降です
2015年12月28日 13:07撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スクリューを回収しながらの下降です
1
大同心
2015年12月28日 13:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大同心
2
下山時
F2懸垂下降
2015年12月28日 13:54撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時
F2懸垂下降
1
赤岳鉱泉まで戻るとアイスキャンディーには多くのクライマーが張り付いていました」
2015年12月28日 14:45撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉まで戻るとアイスキャンディーには多くのクライマーが張り付いていました」
美濃戸まで戻りました
7割程の駐車率でした
2015年12月28日 15:46撮影 by COOLPIX AW110 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸まで戻りました
7割程の駐車率でした
1

感想/記録

本年最後の山行は4週連続の八ヶ岳へアイスクライミングで締めに、ジョウゴ沢へ行ってきました。
一週間おきに徐々に雪山へと変化して行く光景を楽しみ、感じながら赤岳鉱泉へと向かいます。ジョウゴ沢を少し詰めるとF1到着。既に多くのクライマーが準備している中取り付き。
傾斜は緩く短いため、ノーザイルで越えて行きます。続くF2.ここで本格的なアイスへとなり、tanukigoリードで高度を上げます。滝の幅は有るものの、右のラインは氷が薄く傾斜も強いので、右のラインを選択。
F3は、高巻きし進むと一気に視界が開け、日差しが降り注ぎ気持ちの良いゴルジュ帯へと入って行きました。
振り返ると赤岳、阿弥陀岳が綺麗にそびえたちます。ゴルジュを詰めると左岸に乙女の滝が現れます。青々としたバーチカルな氷瀑。今後の課題として、本日目的のナイアガラの滝へと向かいます。
ナイアガラの滝取り付き点、tanukigoリードの下、登攀開始。
しかし、ラインを選択ミスしたのか情けなく戻ります。
2回目、再びtanuigoリードの下、登攀。前日、ジムに行き、軽く練習するつもりがみっちりやっちゃったのが仇となったのか、腕がパンプしちゃって…と言い訳しながら登り切りました。1本目登り、懸垂下降。
再び、2本目をリードで登り、登攀終了。下山は、同ルートを懸垂下降しながら降りてきました。
赤岳鉱泉につくと年末ということもあってテント村があり、アイスキャンディーには多くのクライマーが取り付いていました。
日の沈む前に下山完了。
雲一つ無い快晴の中、本年最後の山行を満喫することが出来ました。


訪問者数:317人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ