ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785639 全員に公開 ハイキング丹沢

大山

日程 2015年11月29日(日) [日帰り]
メンバー nutmeg
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間10分
休憩
50分
合計
5時間0分
S大山ケーブルバス停09:1009:40大山寺10:00阿夫利神社下社10:1010:50本坂追分11:25大山12:0512:05不動尻分岐13:00見晴台13:23二重滝14:10大山ケーブルバス停14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス カメラ

写真

男坂と女坂の分岐点。登りは女坂。下りは男坂を。
2015年11月29日 09:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂と女坂の分岐点。登りは女坂。下りは男坂を。
紅葉が見られてよかった
2015年11月29日 09:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉が見られてよかった
1
夫婦杉
2015年11月29日 10:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦杉
ヤビツ峠の合流地点
2015年11月29日 11:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠の合流地点
富士見台
2015年11月29日 11:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台
奥の院
2015年11月29日 11:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の院
大山山頂
2015年11月29日 11:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山山頂
1
見晴台方面へ下る
2015年11月29日 12:47撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴台方面へ下る
二重滝
2015年11月29日 13:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重滝
おっとこ坂〜。
2015年11月29日 13:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっとこ坂〜。
撮影機材:

感想/記録
by nutmeg

6:44家を出発。
新宿から小田急線小田原行き。
8:30伊勢原駅到着。直行バスでケーブル下まで。
9:00にケーブル下到着。トイレに行って9:10登山開始。
人がうじゃうじゃいてびっくりする。こんなに混雑しているとは思わなかった。
登山も渋滞。途中で追い越したりもする。
下山の人とすれ違うが、挨拶を返さない人がいたり、登りを優先してくれずがしがし降りてくる人がいたりで、ちょっと残念な気持ちになる。
途中富士山が見えるポイントがあり、素晴らしかった。
山頂も混雑。が座れないほどではなく、快適な場所で景色を見ながらお昼休憩。
奥の院に手を合わせ、トイレに寄って下山開始。
この日の目的は下山のスピードをコースタイム通りにしてみる、速く降りてみる、ということだったのでガシガシ降りる。
阿夫利神社まで下りてきてケーブルカーに乗ろうと思っていたのだが、30分待ちと案内が出ていたので、男坂を歩いて下ることにした。
しかしこれが失敗。翌日からまる一週間、ひどい筋肉痛に泣くことになった。
歩いているときはそうとは知らないので、男坂もスピードを落とさずがんがん下りる(足には相当な負担だったらしい)。膝は痛まず下りた。
参道の土産物屋でお土産を買ってバスで帰る。
バスも立ちっぱなし、伊勢原駅からもしばらく座れず、くたくたになった登山だった。
教訓。
その1。ムリすればコースタイム通り下れるが、筋肉がついていかない。ゆっくりでも負担の少ない下り方をしたほうが次の登山に早くつながるのでそっちのほうがいい。経験を積めば、無理せずとも早くなっていくだろう。
その2。人気の山に土日に行くのはなるべく避けるべし。
訪問者数:40人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 奥の院 ケーブルカー
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ