ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785694 全員に公開 ハイキング関東

八丈島 八丈富士

日程 2015年12月27日(日) [日帰り]
メンバー masaki123
天候曇りときどき晴れ。風極めて強し。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク、 飛行機

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間38分
休憩
1時間5分
合計
3時間43分
S八丈富士登山口10:1211:17八丈富士11:4012:20浅間神社13:0213:55八丈富士登山口13:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSが働いていなかったため、コースタイムは推定、トラックログは手書き。
コース状況/
危険箇所等
火口縁の山頂へ行く道は、やや険しいところがあるので注意が必要。
その他周辺情報山の中腹にふれあい牧場という施設がある。が、この時は自販機が置いてあるだけだった。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

麓にあった注意書き。全部歩いて登る人は参考にどうぞ。
2015年12月27日 09:51撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓にあった注意書き。全部歩いて登る人は参考にどうぞ。
1
動物よけの柵。どうも野山羊がいるらしい。
2015年12月27日 10:12撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物よけの柵。どうも野山羊がいるらしい。
1
階段が続く。左のスロープ上を歩いたほうがよい。
2015年12月27日 10:18撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が続く。左のスロープ上を歩いたほうがよい。
1
火口縁に着いた。
2015年12月27日 11:01撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口縁に着いた。
八丈富士山頂。反対側のほうが高そうに見えるが、錯覚だろうか。
2015年12月27日 11:17撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丈富士山頂。反対側のほうが高そうに見えるが、錯覚だろうか。
3
火口全景。
2015年12月27日 11:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口全景。
5
反対側も崖。
2015年12月27日 11:49撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側も崖。
2
火口の底に池がある。
2015年12月27日 11:50撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口の底に池がある。
3
火口内に入る。
2015年12月27日 12:12撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口内に入る。
1
浅間神社。火口内は、ここに行くルートしか残っていない。
2015年12月27日 12:20撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間神社。火口内は、ここに行くルートしか残っていない。
3
八丈島東側海岸。
2015年12月27日 13:24撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丈島東側海岸。
2
神止山。ソーラーパネルが設置されている。
2015年12月27日 13:26撮影 by DMC-GM1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神止山。ソーラーパネルが設置されている。
2

感想/記録

当初は青ヶ島に行く予定だったが、八丈島空港で青ヶ島行きのヘリが離陸しようとした瞬間、なんと故障。エンジンはまわっているが、発電機が故障し電気系統がアウトらしい。翌日に代替便も出るとのことだったが、いろいろと考えて今回は八丈島を巡ることにした。八丈富士に登ったのは、その2日目。

レンタルバイクを利用して、登山口まで上がる。車がすでに数台とまっている。レンタカーが多いようなので、余所から登りに来ているようだ。

登山道は基本的に階段なのだが、長年の風化で歩きにくくなっている。階段の横にコンクリートのスロープが併設されていて、そちらの方が歩きやすい。それなりの急傾斜なので、疲れるが割合と速く登れる。

そういうわけで、30分ほどで火口に到着。これはすごい光景。日本に富士と名の付く山は多数あるが、富士を名乗るのならやはり火口はあってほしい。この八丈富士は、その点に関しては遜色ない。富士山の火口と違うのは、中が濃い緑に覆われていることだろうか。

ここからも30分ほどで山頂に到着。それにしても風が強い。ただ歩いているだけで飛ばされそうだし、撮影しようと思っても三脚が立たないぐらいだ。火口を一周しようと思っていたが、山頂への往復にとどめた。その代わりに、火口の中に降りてみる。

あれほど強かった風は、火口の中ではほとんど吹いていない。まるでジャングルの中かと思うほど木々が生い茂っているが、動物の気配が全くないのが面白い。やがて、鳥居が見えてきた。ここが浅間神社で、火口の中にはこの神社に行くルートしか残っていない。かつては池に向かう道もあったようだが。

八丈富士の火口は2段階になっていて、火口の縁を1階とすると地下1階と地下2階がある。この浅間神社は、地下1階の縁ぎりぎりで、地下2階の大穴の崖の上に位置している。この景色も珍しい。来て良かった。

下山後は、鉢巻道路をバイクで一周、さらに海岸の道路も一周した。翌日は三原山(東山)に登ったが、記録に残すほどではなかった。心残りは、お鉢巡りを1周できなかったことだろうか。再訪する機会があれば良いのだが。

↓は、山頂と浅間神社からの全天球画像。
八丈富士山頂付近から。 - Spherical Image - RICOH THETA

八丈富士 火口の中 - Spherical Image - RICOH THETA
訪問者数:168人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ