ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785767 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

大鉢山西ルート探訪(竜ヶ岳山域)

日程 2015年12月13日(日) [日帰り]
メンバー 78podory
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
自転車
林道入口のゲート前の路肩に路駐
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間33分
休憩
1時間18分
合計
2時間51分
S大鉢山西ルート入口09:5210:55大鉢山12:1212:41大鉢山西ルート入口12:4212:43林道新町線ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSロガー:Cyclemeter on iPhone5s
時間:2:53:18 *停止時間含む
距離:2.81 km
平均ペース:5:43 /km
最高ペース:8:01 /km
高度上昇:378m
高度下降:391m

合計歩数: 6153歩


コース状況/
危険箇所等
西ルート
南、中ルートとは合流せず山頂まで続く単独のルート。
踏み後が不明瞭な箇所もあるけどまあ行ける。

南ルート、中ルート
途中で登山道が崩落流出してしまってて通行は困難。
崩落は今も続いてて小規模の落石は常に起きてるので利用しない方がいい。
その他周辺情報【温泉 in いなべ市】
☆いなべ市内に「阿下喜温泉 あじさいの里」車で10分 *木曜定休
http://ajisainosato.com/
40℃ちょいくらい
☆いなべ市内「六石温泉(六石高原ホテル)あじさいの湯」車で15分
*曜日により営業時間が違う
http://www.rk-hotel.com/hotspring.html

【温泉 in 滋賀県】
☆滋賀県に「永源寺温泉 八風の湯」車で30分
http://www.happuno-yu.com/

【温泉 in 菰野】
☆三休の湯(菰野町、朝明渓谷) 車で20分
http://www.sankyu-no-yu.jp/
阿下喜温泉よりぬるめ
☆菰野町内に湯ノ山温泉。例「アクアイグニス」車で40分
http://aquaignis.jp/
内湯は阿下喜温泉より熱い、外湯はかなりぬるい

【銭湯 for 桑名,名古屋】
永楽のゆ 星川店 車で30分
http://www.eirakunoyu.com/index2.php
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ヘッドランプ 3 ブラックダイヤモンド, ジェントス、パナソニック
予備電池 8 eneloop単3 x4, 単4 x4
1/25,000地形図 1 国土地理院, iPhoneアプリ(FieldAccess, 山と高原地図)
カメラ 1 a7s
予備バッテリー 5 a7s用x4, 無線機用x1
飲料 2 スポーツドリンク1L, 水1L
ティッシュ 1
医薬品 1
携帯電話 1 iPhone5s
雨具 1 mammut, mont-bell
個人装備品
数量
備考
防寒着 1 インナーダウン
時計 1 Garmin 920XTJ
携行食 1 ようかん
予備衣類 2 靴下、インナーグローブ
GPS 1 Garmin GPSmap 62SCJ
無線機 1 VX-8D
ホイッスル 1
サングラス 1 Suncloud SpeedTrap
シューズ 1 HOKA matafe

共同装備

共同装備品
数量
備考
エマージェンシーシート 1

写真

青川峡キャンピングパークの奥に林道がある
2015年12月13日 09:40撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青川峡キャンピングパークの奥に林道がある
まだ治田峠道が通れた頃の案内図
2015年12月13日 09:43撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ治田峠道が通れた頃の案内図
林道は工事中なのでゲートが閉じてて車は入れない。
2015年12月13日 09:48撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は工事中なのでゲートが閉じてて車は入れない。
ゲートの先に西ルートの入口
2015年12月13日 09:51撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートの先に西ルートの入口
杉林の斜面を登る。
ちょっと不明瞭だけど谷芯に沿ってジグザグにルートは切ってある。踏み後が分からなかったら谷芯に沿って進めばいい。
2015年12月13日 09:57撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林の斜面を登る。
ちょっと不明瞭だけど谷芯に沿ってジグザグにルートは切ってある。踏み後が分からなかったら谷芯に沿って進めばいい。
傾斜が緩んで明るくなってきた
2015年12月13日 09:59撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩んで明るくなってきた
この看板の先で谷に落ち込む。
ここまで来たら左折。
2015年12月13日 10:04撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この看板の先で谷に落ち込む。
ここまで来たら左折。
踏み後が分かりづらいけど大きくジグザグに切ってある。
分からなければ尾根芯に沿って直登してもいずれ踏み後を発見できるとは思う。
ルートは向かって左の方で主尾根に取り付く。
2015年12月13日 10:05撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み後が分かりづらいけど大きくジグザグに切ってある。
分からなければ尾根芯に沿って直登してもいずれ踏み後を発見できるとは思う。
ルートは向かって左の方で主尾根に取り付く。
杉林を抜けて二次林になれば尾根にのる
2015年12月13日 10:14撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林を抜けて二次林になれば尾根にのる
岩尾根を進む
2015年12月13日 10:19撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩尾根を進む
低木の枝がうるさかったり踏み後が不明瞭だったり落ち葉が滑ったり分かりにくく歩きにくい箇所もあり。
2015年12月13日 10:32撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
低木の枝がうるさかったり踏み後が不明瞭だったり落ち葉が滑ったり分かりにくく歩きにくい箇所もあり。
傾斜が緩んだ尾根の上部はルートを広めに整備?してくれてある。
2015年12月13日 10:42撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩んだ尾根の上部はルートを広めに整備?してくれてある。
右のトラバースぽいのに黄色のテープがあるけど尾根芯を進めばいい
2015年12月13日 10:46撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右のトラバースぽいのに黄色のテープがあるけど尾根芯を進めばいい
山頂直下は踏み後がなく木々も邪魔で滑りやすい。
2015年12月13日 10:49撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下は踏み後がなく木々も邪魔で滑りやすい。
山頂に出た
2015年12月13日 10:54撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に出た
久しぶり。
2015年12月13日 10:54撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶり。
石柱
2015年12月13日 10:55撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石柱
梅みたいなのが咲いてた
2015年12月13日 10:59撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅みたいなのが咲いてた
いい眺め
2015年12月13日 11:03撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい眺め
ゆっくり休憩。
2015年12月13日 11:43撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり休憩。
下りはすごく滑りやすい。
広尾根は方向を間違えないように慎重に進む。
2015年12月13日 12:21撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはすごく滑りやすい。
広尾根は方向を間違えないように慎重に進む。
林道ゲートそばで懸垂下降?の練習をされてるグループがいた
2015年12月13日 12:42撮影 by ILCE-7S, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道ゲートそばで懸垂下降?の練習をされてるグループがいた
撮影機材:

感想/記録

大鉢山は以前に南ルートと中ルートを使って登った事があるけど南も中も共に登山道が崩落してしまいとても使える状態ではなかった。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-450221.html

そこで最後に残された西ルートを調査してみた。
友達がすでに西ルートを調査してくれてて大鉢山まで問題なく通れるという事は聞いてたけど自分の目で確かめないとね。

西ルートを使う人が少ないせいか踏み後が不明瞭な箇所もあるけど朽ち果てそうではあるけどかなり整備された跡がたくさんあった。地図にも載らないバリエーションルートとは思えないほど。
今は木段もボロボロで下草や枝が生い茂り倒木が登山道をふさいでたりするけどバリエーションルートと思えばこんなもんでしょうという感じ。
道迷いを除けば危険性は低いと思う。

眺望はほとんど望めないけど山頂までのお楽しみって事で。
登りは一時間ほどで行けるしね。

天気が良かったし特に急ぐ予定もなかったら山頂でのんびり過ごした。
久しぶりにのんびりしたな〜



西ルートが知られてないのか南や中ルートを強引に行っちゃう人がいるみたいで大鉢山へ行くなら西ルートを。





訪問者数:108人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ