ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785890 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳 (渋の湯から黒百合ヒュッテ経由で)

日程 2015年12月27日(日) 〜 2015年12月28日(月)
メンバー tackerq, その他メンバー1人
天候12/27 PM
晴天
12/28 AM/PM
晴天
 東天狗岳山頂へ至る尾根の風速13m程度、気温は-15℃
 西天狗岳山頂は殆ど無風
アクセス
利用交通機関
電車バス
・往路
茅野10:25 → 11:22渋の湯
片道1,150円 往復 2,000円
https://www.alpico.co.jp/access/suwa/pdf/shibunoyu20151104.pdf
http://www.gotenyu.com/access.html

・復路
渋の湯14:55 → 15:52茅野
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間27分
休憩
6分
合計
2時間33分
Sスタート地点12:0113:05八方台方面・渋の湯方面分岐13:1113:39渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐14:34黒百合ヒュッテ
2日目
山行
4時間50分
休憩
1時間9分
合計
5時間59分
黒百合ヒュッテ07:3507:43中山峠08:42天狗の鼻08:58東天狗岳09:0209:32天狗岳09:4610:02天狗の鼻10:47中山峠10:52黒百合ヒュッテ11:3812:19渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐12:45八方台方面・渋の湯方面分岐12:5013:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
12/26に降雪があり、登山道全面に積雪あり。
踏み跡が明確。赤リボンも多く設置されており、道迷いの危険性は低いが、森林限界を超えた稜線で視界が悪い場合は、要注意。

渋の湯〜黒百合平
樹林帯。岩や木の根が多く出ており、アイゼンを使われる場合は、引っ掛けないように注意して歩かれたい。
ノーアイゼンの方がベターと思われ、この区間にアイゼンを装着しませんでした。

・黒百合平〜中山峠
黒百合平より先は、12本歯アイゼンを着用しました。
この区間は、岩、木の根が雪で覆われており、とても歩き易い。

・中山峠〜東天狗岳山頂
左側は、崖なので要注意。
積雪量が少なく、雪が登山道を完全に覆っておらず、登山道が明確だったが、積雪が多い場合は、雪庇が形成されている可能性が高いため、右側(西側)を歩くようにする。
樹林帯を抜けた後の稜線は、風が強く、雪山用の防風防寒対策が必要。
12本場アイゼン装着必須であるが、所々露岩があり、歩行注意。
ピッケルかポールも必携。

・東天狗岳山頂〜西天狗岳山頂
特に危険箇所なし。
風も稜線より緩やかでした。
その他周辺情報●宿泊
黒百合ヒュッテ 090-2533-0620(現地) 0266-72-3613(事務所)
〒391-0013 長野県茅野市宮川8065-1(事務所)
http://www.kuroyurihyutte.com/
8,800円(1泊2食)

●温泉
渋の湯(渋御殿湯)
入浴料1,000円
ここ渋の湯は、風が結構強かった。
(風の通り道なのか?)
バス待ちの間、風を避ける場所がこの渋御殿湯しかない。。。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツx2 長袖インナーx2 長袖ウールシャツ 長袖ウール開襟シャツ ハードシェル ライトダウン パンツx2 タイツ 防水ズボン 冬ズボン 靴下x2 グローブ アウター手袋 予備手袋 雨具(下) 雪用ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 雪山靴 ゴーグル ザック  ザックカバー コンパス 地図(地形図) 計画書 ヘッドランプ 予備電池 時計 携帯 カメラ 筆記用具 常備薬 保険証 サングラス 水筒(保温性) タオル(バンダナ・日本手拭) アイゼン 輪カンジキ スノーシュー ストック ピッケル 行動食 非常食x2 飲料1.5L
共同装備 ファーストエイドキット ツェルト レジャーシート ガイド地図(ブック) 日焼け止め

写真

茅野駅からバスで渋の湯へ
このあたりも積雪あり
バスの中が暖かかったので、外の風が冷たい
できる限りの準備は、バスを降りるまでにやっておいた方がいいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茅野駅からバスで渋の湯へ
このあたりも積雪あり
バスの中が暖かかったので、外の風が冷たい
できる限りの準備は、バスを降りるまでにやっておいた方がいいですね
1
正面に光り輝く樹氷の山
テンションが上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に光り輝く樹氷の山
テンションが上がります。
8
登山道の登り始めの雪はこの程度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の登り始めの雪はこの程度
1
次第に深くなってきますが、新雪でグリップも悪くないので、アイゼンの必要性を感じませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次第に深くなってきますが、新雪でグリップも悪くないので、アイゼンの必要性を感じませんでした。
上空が開けて、青空
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上空が開けて、青空
2
三方台との分岐に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方台との分岐に到着
美しいコントラスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいコントラスト
12
唐沢鉱泉への分岐に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢鉱泉への分岐に到着
10
さらに樹林帯を進むと
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに樹林帯を進むと
5
黒百合ヒュッテに到着
一日目は、ここでおしまい
昼間から飲んだくれました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテに到着
一日目は、ここでおしまい
昼間から飲んだくれました
4
二日目、天狗岳を目指します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日目、天狗岳を目指します
中山峠を通過して
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠を通過して
明るい尾根道を進むと・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るい尾根道を進むと・・・
1
東天狗岳と西天狗岳が正面に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳と西天狗岳が正面に
11
霧氷も美しい
花が咲いた様です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷も美しい
花が咲いた様です
7
右手には御嶽山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には御嶽山
2
まずは、稜線伝いで東天狗へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは、稜線伝いで東天狗へ
2
北の方
中山、蓼科山も見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の方
中山、蓼科山も見えます
4
こちらは、浅間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、浅間山
6
浅間山アップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山アップ
4
雪は少なめで、登山道が明確
風も然程強くありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪は少なめで、登山道が明確
風も然程強くありません
5
右後ろに黒百合平が見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右後ろに黒百合平が見えました
1
正面には、断崖に白い花の咲く東天狗岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には、断崖に白い花の咲く東天狗岳
11
北アルプスも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスも
3
東天狗岳分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳分岐
2
「天狗の鼻」を通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「天狗の鼻」を通過
6
東天狗岳山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂に到着
4
南八ヶ岳
雪が少なめ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳
雪が少なめ
5
西天狗岳へ進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳へ進みます
4
東天狗を下っていくと、風がパッタリ止みました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗を下っていくと、風がパッタリ止みました
4
西天狗岳山頂です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂です
21
南アルプス北部の山々
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス北部の山々
2
中央アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス
1
乗鞍岳、焼岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳、焼岳
1
北アルプス3と北八ヶ岳

名残惜しいですが、下山します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス3と北八ヶ岳

名残惜しいですが、下山します
2
東天狗岳を登り返し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳を登り返し
1
東天狗岳分岐を過ぎて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東天狗岳分岐を過ぎて
断崖絶壁稲子岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
断崖絶壁稲子岳
天狗岳ともここでお別れ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岳ともここでお別れ
2
中山峠を通過し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中山峠を通過し
1
黒百合ヒュッテに

風が弱かったので、外でランチを頂きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテに

風が弱かったので、外でランチを頂きました
5
黒百合ヒュッテを発って、

唐沢鉱泉への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテを発って、

唐沢鉱泉への分岐
八方台への分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方台への分岐
高見石への分岐を過ぎて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高見石への分岐を過ぎて
1
下山しました

あー楽しかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山しました

あー楽しかった
7

感想/記録

今年締めの登山、今シーズン初めての雪山ハイキングとして、天狗岳に行ってきました。
前日は降雪でしたが、当日の午後から晴れが続くとの予報を信じて茅野から渋の湯行きのバスに乗車。

往路のバスを下車してから復路のバスに乗車するまで、ずっと天候に恵まれ、雲ひとつ無い晴天。
気温が低く、風もやや強く、冷たかったけれど、稜線で眺めが良く、北・中・南アルプス、奥秩父、上信など遠くの山々まで望め、とても気分の良い山行になりました。
雪が少ないと聞いていましたが、前日の降雪のお陰か、登山道は十分な量の雪で覆われ、雪の感触を楽しみました。

雪山って、中毒になりますね。
今度は、どこに行こうか・・・

<謝辞>
本年は、多くの皆様のレコを参考にさせて頂きました。
どうもありがとうございました。
また、私の拙いレコにお立ち寄り頂いた皆様。
大変お世話になりました。
皆様のお陰で、レコを続けられます。
感謝致します。
来年もまた、宜しくお願い致します。
訪問者数:485人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ