ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785894 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

登りに平溝尾根、下りに沼沢尾根を使って高水三山

日程 2015年12月27日(日) [日帰り]
メンバー shinsan
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往き:JR軍畑駅
帰り:JR川井駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
40分
合計
5時間35分
S軍畑駅07:5007:57登山口(寺脇)08:15JR24号鉄塔08:35480mピーク09:00物見山09:20614mピーク09:2509:50惣岳山10:30岩茸石山10:3511:00高水山11:25岩茸石山11:5512:15馬仏山12:58新秩父34号鉄塔13:25川井駅13:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
軍畑駅から惣岳山までの平溝尾根、及び馬仏山から川井駅までの沼沢尾根は、バリエーションコースですので、地図及びコンパスを持ち読図をする必要があります。但し、特に危険な所はありません。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

軍畑駅前の道を少し下り右に曲がって踏切を渡って行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軍畑駅前の道を少し下り右に曲がって踏切を渡って行く。
踏切を渡り、階段を登り直進すると、お寺の本堂前に出る。本堂の左側の山道から取り付く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏切を渡り、階段を登り直進すると、お寺の本堂前に出る。本堂の左側の山道から取り付く。
尾根に乗りJR古里線24号鉄塔の下を通過する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗りJR古里線24号鉄塔の下を通過する。
480mピークに「物見山」と書かれた小さな札が掛けられている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
480mピークに「物見山」と書かれた小さな札が掛けられている。
556mピークの切り株にも「物見山」と書かれている。こちらは間違いのようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
556mピークの切り株にも「物見山」と書かれている。こちらは間違いのようだ。
木立に赤テープが巻かれ「614m」と書かれている。ここが「614mピーク」のつもりかもしれないが、少し先にピークが見えるので、これは間違い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木立に赤テープが巻かれ「614m」と書かれている。ここが「614mピーク」のつもりかもしれないが、少し先にピークが見えるので、これは間違い。
伐採地の端のピークに切り株があり、ここが「614mのピーク」だと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伐採地の端のピークに切り株があり、ここが「614mのピーク」だと思う。
1
614mピークから岩茸石山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
614mピークから岩茸石山。
1
614mピークから高水山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
614mピークから高水山
1
惣岳山の巻道を越える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣岳山の巻道を越える。
惣岳山頂上に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣岳山頂上に到着。
惣岳山から岩茸石山に向かうコルから見た沼沢尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
惣岳山から岩茸石山に向かうコルから見た沼沢尾根。
同じところから惣岳山からみた神塚尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じところから惣岳山からみた神塚尾根。
岩茸石山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石山に到着。
5
岩茸石山から棒ノ折山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石山から棒ノ折山方面。
5
同じく川苔山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく川苔山方面。
2
高水山に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高水山に到着。
2
再び岩茸石山に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び岩茸石山に。
馬仏山への取付き。「関東ふれあいの道」の道標の前を登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬仏山への取付き。「関東ふれあいの道」の道標の前を登る。
馬仏山への取り付きを正面から見たところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬仏山への取り付きを正面から見たところ。
馬仏山頂上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬仏山頂上。
1
馬仏尾根の岩場を通過し振り返ってみたところ。下から見て右側、上から見ると左側を巻く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬仏尾根の岩場を通過し振り返ってみたところ。下から見て右側、上から見ると左側を巻く。
34号鉄塔の下をくぐる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
34号鉄塔の下をくぐる。
川井駅のホームの端に近い所に階段があり、ここが馬仏尾根の取り付きになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川井駅のホームの端に近い所に階段があり、ここが馬仏尾根の取り付きになる。

感想/記録

久し振りに一人での山行となったので、前から興味のあった平溝尾根と沼沢尾根を使って高水三山を歩くことにした。
青梅駅7:35分発の電車は、年末のためいつもと違い空席が目立つ。
軍畑駅には、子供たち5〜6人を連れたグループなど10人以上が降りた。
駅前で身支度・ストレッチをし、7:50に出発。駅から左前方に進み、少し下ったところを右折し踏切を渡る。踏切から階段を登り直進すると、お寺の本堂前に出る。その左わきに山道が続いているので、そこから取付く。
直ぐに尾根に登り上げ、しばらく進むとJR古里線24号鉄塔に出会う。ここを過ぎ尾根を追う道を進み、480mピークに着くと、立ち木に小さな札が取り付けられ、「物見山」と書かれている。
さらに進み、556mピークに着くと、切り株に「物見山」と書かれているが、こちらは間違いようだ。
さらに進み、立ち木に巻かれた赤テープに「614m」の表示がされているが、さらに先にピークが見えるので、これは間違いと思われる。先のピークは伐採地の端になり枝尾根も派生しているので、こちらが正しい「614mピーク」と思う。ここで小休止し菓子パンでエネルギー補給をする。
さらに尾根を追って進み、急傾斜を登りきると、しっかりした踏み跡(沢井からの参道)に合流する。合流後直ぐに惣岳山の巻道を越え、しばらく進むと惣岳山頂上の神社前に到着する。数人の登山客が休憩している。
そのまま、岩茸石山に向かい、10:30頃に岩茸石山に到着する。年末にもかかわらず、10人前後の人たちが休憩をしていた。
写真を数枚撮ってから、高水山に向かう。おり始めてすぐの所で、軍畑で一緒だった子供連れのグループにもすれ違う。
高水山について直ぐに、岩茸石山に引き返す。
再び岩茸石山に11:25頃到着したところで、休憩中の同じ山の会のSさんにばったり出会う。Sさんは2人グループで沼沢尾根を登って来たとのこと。
ここで、昼食休憩とする。休憩中にSさんと情報交換をしたが、Sさん達は、高水山経由で軍畑に下るつもりだったが、平溝尾根経由で下るルートに変更するとのことだった。
11:55頃岩茸石山から惣岳山・馬仏山方面に向けて出発し、惣岳山手前の「関東ふれあいの道」の道標脇から一般登山道を外れ、少し登ると馬仏山に到着する。
馬仏山から一旦コルに下り登り返したところで右折し、沼沢尾根に入る。
やや急な斜面もあるが比較的しっかりした踏み跡が続き、40分程進むと新秩父線34号鉄塔にに着く。ここからも、しばらく急傾斜の下りが続くが20分程進むと、線路脇の階段に出る。この階段を上ると川井駅のホーム脇の道に出る。丁度青梅方面行きの電車がホームに入ってきたところで、わずかに間に合わず次の電車になってしまった。
訪問者数:295人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ