ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785948 全員に公開 ハイキング丹沢

塔ノ岳ナイトハイク

日程 2015年12月28日(月) [日帰り]
メンバー somei108
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
〈行き〉
23:13 新宿発小田原行きで渋沢へ。
忘年会なのかかなり混んでいて、座れたのは東海大学前からの数分でした(-。-;
23:34 定刻より5分遅れて渋沢駅着。夜は長いから5分くらいくれてやるわ!
そして1時間ほどかけて大倉バス停へ。

〈帰り〉
13:11 大倉バス停→渋沢駅
13:29 渋沢駅→東海大学前駅 温泉に入るため下車
15:09 東海大学前駅→新宿駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間42分
休憩
28分
合計
4時間10分
S大倉バス停01:5001:53どんぐり山荘01:5402:14観音茶屋02:2002:33雑事場ノ平02:37見晴茶屋02:3803:04駒止茶屋03:0503:14堀山03:20堀山の家03:3403:54天神尾根分岐04:20花立山荘04:2104:34花立04:39金冷シ05:52塔ノ岳05:5606:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
大倉尾根は毎度の如く、日が昇ってくると道がべちゃべちゃになってました。
塔ノ岳ー丹沢山の間は、歩いた時間帯がまだ朝方だったので、かなり凍結して滑るところもありました。
その他周辺情報温泉は東海大学前駅から徒歩5分の秦野天然温泉『さざんか』。最後の坂道は登山後の足には堪えました。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

誰もいないバス停。ネコがいました。
2015年12月29日 01:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいないバス停。ネコがいました。
関東の夜景。これが楽しみの一つなので見れて良かったです。
2015年12月29日 05:04撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東の夜景。これが楽しみの一つなので見れて良かったです。
9
星景撮影に挑戦しましたが、寒くて長時間撮影できず、10分で断念。強風で三脚の固定も甘く、次回の課題になりました。
2015年12月29日 05:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
星景撮影に挑戦しましたが、寒くて長時間撮影できず、10分で断念。強風で三脚の固定も甘く、次回の課題になりました。
5
夜明け前の多分横浜方面。
2015年12月29日 06:24撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前の多分横浜方面。
4
同じく夜明け前の東京方面。スカイツリーの圧倒的な存在感
2015年12月29日 06:25撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じく夜明け前の東京方面。スカイツリーの圧倒的な存在感
3
御来光。水平線に少し雲があったため、何分か遅れましたが、無事に見れました。
2015年12月29日 06:49撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御来光。水平線に少し雲があったため、何分か遅れましたが、無事に見れました。
5
朝日を浴びる富士山
2015年12月29日 06:52撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日を浴びる富士山
6
御来光に満足し、丹沢山へ。
こちらは雪や霜がけっこうありました。
2015年12月29日 07:31撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御来光に満足し、丹沢山へ。
こちらは雪や霜がけっこうありました。
1
丹沢山へ向かう途中。景色が開けるところで一枚。
2015年12月29日 07:46撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山へ向かう途中。景色が開けるところで一枚。
3
丹沢山から塔ノ岳に戻る途中。
快晴で何枚撮っても飽きません。
2015年12月29日 09:23撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山から塔ノ岳に戻る途中。
快晴で何枚撮っても飽きません。
2
塔ノ岳方面。少し雲が出てきました。この頃富士山は左半分が雲で隠れてました。
2015年12月29日 10:16撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳方面。少し雲が出てきました。この頃富士山は左半分が雲で隠れてました。
1
温泉さざんか。
なかなか広くて露天もあり、良いと思います。途中下車しなきゃいけないのが難点。
2015年12月29日 13:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉さざんか。
なかなか広くて露天もあり、良いと思います。途中下車しなきゃいけないのが難点。
1

感想/記録

塔ノ岳山頂で撮影してたら、ケータイが寒さに耐えられなくなったのか電池が切れてました、、
まぁそのあとはしばらく塔ノ岳山頂で御来光や富士山を撮りまくり、その後ちんたらしながら丹沢山までピストンして、そのまま大倉尾根から下山しただけなので、中途半端なルートデータですがご勘弁をm(__)m

2015年の登り納めは昨年と同様の塔ノ岳へ。今回の目的はナイトハイクなので、私のように公共機関を利用してナイトハイクをする場合の参考になれば幸いです。
渋沢駅から大倉バス停まで歩くとなると、大体1時間くらいをみておいたほうがよさそうです。
また、途中にコンビニが2店あるので、必要に応じて食べ物や飲み物は買えます。ここで買えば家から重たい思いして持ってこなくていいかも。高く付きますが笑
歩いてる途中何台かタクシーに抜かれたので、複数人で行くならタクシーでもいいのかなと思います。

今回はほぼ満月で、だんだんと天頂にきたので、ライトは省エネモードでも充分すぎるくらいでした。
足元はほとんど照らす必要なく、獣がいないか周囲を照らしてる時間のほうが長かったです。

獣については、最後のほうに鳥らしきものが突然飛び立っていって、かなり驚かされました。
寝てたんでしょうか、ナイトハイクあるあるだと思います。
たまにカサカサ音が聞こえましたが、全部風のせいでした。ですが警戒は怠らず、何か音がすれば立ち止まり、辺りを確認してというのを繰り返しながら登りました。

ある程度登るときれいな夜景が見えてくるので、夜景や星空を見ながら渋滞することもなく登れるのがナイトハイクのメリットだと思います。時間にも余裕ができるので、のんびりできるのも良いです。
その反面、事前の気象条件の確認や夜道での注意など、まぁ当たり前なことですがいつも以上に気を使う必要があるかなと思います。ソロで行かなきゃいいってのもありますが、、、

今回は天気のタイミングもばっちりで、夜景や御来光、富士山、どれも快晴のなかで楽しむことができました。本当は蛭ヶ岳まで行きたかったのですが、無理せず丹沢山で引き返しました。霧氷も見れなかったので、次回は蛭ヶ岳を目指しつつ、富士山をバックに霧氷を撮りたいと思います。
訪問者数:142人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ