ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 785981 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

🚌と🚈で行く丹沢(焼山→蛭ヶ岳→丹沢山→塔ノ岳→大倉)

日程 2015年12月28日(月) [日帰り]
メンバー norimaki0504
天候晴れ、時々曇り(時々雪か風花が舞いました)
アクセス
利用交通機関
電車バス
神奈川中央バス
橋本駅(北口1番、三ケ木行)6:20→6:51三ケ木7:40(土休日6:55)→7:57(土休日7:12)焼山登山口

平日は、三ケ木発焼山登山口行きが、7:40になるので要注意。

私は、当日、6:55のバスは土休日しかないことに、バス停で気がつきました…
(この日は月曜日…)

神奈川中央バス
大倉18:52→渋沢駅

「もうバスがないかも…」と思ったので、バスを見た時は、嬉しくて嬉しくて。
ありがとう、神中バス。冬も走っていてくださいね。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間0分
休憩
30分
合計
10時間30分
S焼山登山口08:0009:40焼山09:5010:00鳥屋分岐10:20平丸分岐10:40大平分岐10:50黍殻避難小屋11:20八丁坂ノ頭11:40姫次13:20蛭ヶ岳15:10丹沢山15:3016:20塔ノ岳18:30大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
2015.12.28の状況で、雪が積もっているところはありませんでした。

雪がついている木道や石は滑りやすいです。
霜柱がとけてぐちゃぐちゃしているところはあります。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

冬らしい日です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬らしい日です。
やっと焼山に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと焼山に着きました。
1
シモバシラ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモバシラ?
1
姫次からの風景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次からの風景
1
神奈川県からこんな風景が見えるのが不思議で。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神奈川県からこんな風景が見えるのが不思議で。
蛭ケ岳に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ケ岳に到着。
3
樹氷がきれいでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷がきれいでした。
2
振り返って蛭ヶ岳をパチリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って蛭ヶ岳をパチリ。
1
山の先に大きな街が見えるのも新鮮。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の先に大きな街が見えるのも新鮮。
1
やっと丹沢山に着きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと丹沢山に着きました。
1
日没前の晴れ間。急がなくては。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没前の晴れ間。急がなくては。
1
振り返って丹沢山をパチリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って丹沢山をパチリ。
大福を食べて、ヘッドライトを用意して、下山に備えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大福を食べて、ヘッドライトを用意して、下山に備えます。
1
日が落ちてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が落ちてきました。
1
街の光が遠くに見える…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
街の光が遠くに見える…
この橋が見えて、こんなに嬉しいことはありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この橋が見えて、こんなに嬉しいことはありませんでした。
1

感想/記録

神奈川県民なのに、丹沢山を登っていないのはイカン、と思い、今年最後の山に。

そして、神奈川県民なのに、丹沢の山小屋に泊まるなんて、と思ってしまい、日帰りに。

しかーし、丹沢は広い。

いろいろハプニングもあって、思ったよりも時間がかかりました。

言い訳ではありませんが、夜道を歩く覚悟をしていたので、ビバークの準備はしていました。

また、早朝暗いうちから歩くのには慣れているので、それほどヘッドライトの灯を頼りに歩くことに問題はありませんでした。

夜、山を歩くことは初めてなので、いい経験にもなりました。

でも、やはり、自慢できることでも、許されることでもない、と思います。反省。
訪問者数:314人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

霜柱 ビバーク 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ