ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786008 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

霧氷の蛭ヶ岳、塩入橋〜丹沢山〜塔ヶ岳

日程 2015年12月28日(月) [日帰り]
メンバー MU-117F
天候曇り一時晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

《 行程 》
 東京IC 4:40 ≫ 厚木IC 5:20 ≫ 412号線・70号線 ≫ 6:10 塩水橋 P 6:15 → (塩水林道)堂平登山口 7:30 → 9:00 丹沢山 9:10 → 9:50 不動の峰休憩所 → 鬼ヶ岩 → 10:50 蛭ヶ岳 11:10 → 12:00 丹沢山 12:10 → 竜ヶ馬場 → 13:40 塔ノ岳 13:50 →14:40 丹沢山 14:50 → (天王寺尾根) 登山口 (本谷林道) → 塩水橋 P 16:50 ≫ 厚木西IC 18:00 ≫ 東京IC 18:40

【 コメント 】
・ 以前から、快晴の真っ青な空をバックに、満開に咲いた桜のように豪華な“霧氷”の写真を撮りたいと思っていましたので、チャンスを覗ってました。
・ 都心から日帰りで行ける、霧氷が見れる山として、丹沢山〜蛭ヶ岳が最適なようですので、この度各種の都合や条件が整ったので山行してきました。
・ 前日の気象庁の“天気分布”予測で夜間曇りで、早朝から夕方まで快晴であることを確認出来たので、丹沢山へ最も早く行ける“潮入橋”からの丹沢山〜蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳〜丹沢山ピストンとしました。
・ まだ暗い6時に塩水橋の駐車スペースに到着。 平日とあってまだ1台も止まってませんでした。
・ 舗装された連続した登り坂のカーブが続く塩水林道をライトを照らし、しばらく登って行くうちに日出の時間となり、モルゲンロートになった西峰方面を眺めながら更に登って行くと、堂平の丹沢山登山口に到着。
・ 良く整備された登山道を50分程登ると、天王寺尾根コースとの分岐点に到着。 ここからやや急登となり連続した木の階段が延々と続く。
・ やがて西峰からの登山コースとの合流点に到着。 山頂方面に期待していた霧氷の樹林が確認出来、テンションアップ。
・ 山頂まで登山道には全く雪は無く、すぐにミヤマ山荘に到着。
・ 丹沢山の標識とやや少なめの霧氷をバックに撮影。 残念ながら富士山は半分雲に隠れてました。(塔ノ岳では9時頃まではシッカリ見れ、ブロッケンも見れたそうです)
・ 誰もいない広場で小休憩後、蛭ヶ岳へ向けて出発。
・ 山頂付近は雲に覆われ日射がないので、コントラストのきいた写真が撮れないので歩を進める。
・ 登山道は、積雪は無く、一部分泥んこのヌカルミが凍結して歩き難い状態でした。
・ 微風状態ですが、気温はかなり低い(マイナス10℃?)ようで、耳から鼻迄を覆う帽子を被らないと痛くなり、また手袋の中にホカロンを入れておかないと痛くなってしまう程の寒さです。
・ 時々風が吹くと霧氷の氷片が散々飛ばされてきます。
・ 不動ノ峰に近づくにつれ、霧氷の状態がスケールアップし、雲も次第に少なくなり、鬼ヶ岩を過ぎると、ようやく青空と太陽光線が現れ、真っ青な空をバックにした樹氷林を撮ることが出来ました。
・ 蛭ヶ岳に到着直前に、急にほぼ快晴となり、思う存分霧氷の写真を撮り続けました。
・ 雪の全くない山頂広場には数名のハイカーが時々到着、休憩してました。
・ 小屋の風下側で下界の景色などを眺めながら休憩後、塔ノ岳を目指して出発。
・ 蛭ヶ岳付近は霧氷が大きく成長しており、気温が低く風も弱く日照時間も短かったせいで、11時過ぎても、珍しく霧氷は健在でした。
・ しばらくすると次第に雲に覆われ、丹沢山に到着する前には、すっぽり雲ガスに覆われましたが、到着時にはすぐにガスは消え下界の景色が見えるようになりましたので、夕方の富士山を期待して、塔ノ岳へ向いました。
・ 丹沢山から先は、霧氷はほんの少しの状態でした。
・ 途中、竜ヶ馬場で小休憩し、塔ノ岳直下の凍結ぎみの急登の階段を一気に登り山頂に到着。
・ さすがに人気の塔ノ岳、いつ来ても山頂広場には登山客がおり記念撮影をしていました。
・ 残念ながら目当ての富士山は見れませんでしたので、休憩後、再び丹沢山へ向けて出発。
・ 丹沢山に到着しても、富士山は見られず。誰もいない広場で小休憩後、天王寺尾根経由で下山開始。
・ 塔ノ岳直下の階段だけはスリップに注意が必要で、ストックを使って慎重に下る。(まだアイゼンを使うほどでなない)
・ 天王寺尾根コースは、ややマイナーな登山道で中間点付近までは一切標識がなく、落葉でやや分かり難くなった道を数十m毎にある赤テープを頼りに進む。
・ 中間点付近は非常に分かり難い状態で暗くなったら更に迷い易い道をしばらく進むと、ようやく立派な標識があり、以後登山口まで標識が数ヵ所ありました。
 ・ 途中、20m、10m位のアップダウンがあり好展望場所もないので、コースタイムは20分程長いですが、非常に歩き易い塩水林道コースを勧めます。
 ・ 暗くなる前に本谷登山口に到着、歩き易い下り坂の林道を20分程歩き、塩水橋に到着。
 * 念願だった“霧氷”の写真が撮れ、満足!! 次回は、“富士山と霧氷”の写真を撮りたいと思っています。

※ 《 霧氷 》
 1. 霧氷
  ・ 霧氷(むひょう)は着氷現象の一種で、氷点下の環境で樹木に付着して発達する、白色 や半透明で結晶構造が顕著な氷層の総称。
  ・ 氷点下の霧のとき,樹木や露出した地物につく白色または半透明の氷。 
  ・ 寒地や冬山でみられ,水蒸気の昇華によって生じる樹霜, 過冷却した霧粒によってできる樹氷, 気温が−2〜−10℃の間で過冷却の霧粒が地物に吹きつけられて出来る粗氷、の 3種ある。
  ・ 雲や霧の過冷却の霧粒が風によって木の枝にぶつかり、凍り付いたもの。 針状に成長。 霧氷は風上に向かって木の枝に付着し、鋭い刃のように伸びていく。 長いもので7cm程。
  ※  樹氷(じゅひょう、英: soft rime) : 過冷却水滴からなる濃霧が地物に衝突して凍結付着した氷層のうち、白色で脆いものをいう。
  ・ 気温-5℃以下の環境で風の弱いときに顕著に発達]、気泡を多く含むために不透明で、白色を呈する。
  ・ 小さな粒状の氷が無数に凝集する構造で、手で触ると簡単に崩れるほど脆く、樹氷が付着している物体を揺らすと簡単に落ちる。
  ・ 風上側へ向かって羽毛状に成長し、風が強いほど風上に成長するが、この様を俗に「海老の尻尾」とも呼ぶ。 弱風時には地物の全ての方向に付着する。
 2. 霧氷発生の絶対条件
  ・  ゝげ垢マイナス5度以下で、弱い風が吹いてる時。
    ◆〔犬発生していること。
  ・  ⇒ 12〜3月頃。 低気圧や寒冷前線の通過後。 西高東低の冬型気圧配置の時。
  ・ 午前10時を過ぎて、日射が強くなり気温が上昇する午前10時過ぎると、霧氷は解け始めて落下してしまう。
  ・ 強風になると、一気に落下してしまう。

 * 凍結危険個所は、今回はまだ降雪が少なく気象条件が良く特にありませんでしたが、今後の降雪後はアイスバーン状態となり、要注意です。
 * 午後の登山道の粘土部分は凍土が融けて、どろんこ状態になります。
 *  丹沢の特徴である赤土が所々あるので、下山時はスリップ注意。
 * 必需品 ・・・ アイゼン、ストック、防寒着(防寒耳・顔迄被る帽子、厚手の手袋、ホカロン、スパッツ、サングラス)、日焼け止め、ライト(予備)、その他(常備品:地図・コンパス、カメラ(予備電池(低温では性能低下))、スマホ・携帯、等)
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

月齢 16.7日の月 〜 6:25
2015年12月28日 06:26撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月齢 16.7日の月 〜 6:25
3
塩水林道からの、朝日を浴びた西峰
2015年12月28日 06:59撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩水林道からの、朝日を浴びた西峰
ワサビ沢の滝
2015年12月28日 07:21撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワサビ沢の滝
1
雨量計
2015年12月28日 07:27撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨量計
堂平:丹沢山登山口
2015年12月28日 07:27撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堂平:丹沢山登山口
丹沢山方面
2015年12月28日 07:50撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山方面
天王寺尾根分岐点
2015年12月28日 08:28撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天王寺尾根分岐点
西峰方面
2015年12月28日 08:39撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰方面
1
相模湾
2015年12月28日 08:41撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湾
西峰分岐点直下の連続階段
2015年12月28日 08:51撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰分岐点直下の連続階段
西峰方面分岐点
2015年12月28日 09:01撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西峰方面分岐点
丹沢山 山頂 (1,567.1m)
2015年12月28日 09:07撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山 山頂 (1,567.1m)
丹沢山 → 蛭ヶ岳
2015年12月28日 09:17撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山 → 蛭ヶ岳
丹沢山 → 蛭ヶ岳:霧氷
2015年12月28日 09:27撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山 → 蛭ヶ岳:霧氷
3
桜のような霧氷樹林
2015年12月28日 09:29撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜のような霧氷樹林
3
不動ノ峰休憩所
2015年12月28日 09:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰休憩所
不動ノ峰休憩所 → 鬼が岩
2015年12月28日 10:00撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動ノ峰休憩所 → 鬼が岩
4
蛭ヶ岳山荘
2015年12月28日 10:54撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘
蛭ヶ岳山荘前
2015年12月28日 10:55撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘前
蛭ヶ岳 山頂 (1,672.7m)
2015年12月28日 10:56撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳 山頂 (1,672.7m)
2
蛭ヶ岳山荘&霧氷
2015年12月28日 10:56撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山荘&霧氷
霧氷
2015年12月28日 11:02撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷
2
蛭ヶ岳山頂&山荘&霧氷
2015年12月28日 11:06撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂&山荘&霧氷
2
蛭ヶ岳 → 丹沢山
2015年12月28日 11:19撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳 → 丹沢山
4
ブナの霧氷花
2015年12月28日 11:19撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの霧氷花
4
蛭ヶ岳 → 丹沢山
2015年12月28日 11:20撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳 → 丹沢山
3
風で、霧氷の氷針が乱舞
2015年12月28日 11:22撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風で、霧氷の氷針が乱舞
1
都心方面
2015年12月28日 11:23撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
都心方面
霧氷の花
2015年12月28日 11:25撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷の花
5
霧氷で覆われた蛭ヶ岳山頂領域
2015年12月28日 11:29撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷で覆われた蛭ヶ岳山頂領域
3
鬼ヶ岩からの蛭ヶ岳
2015年12月28日 11:45撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ岩からの蛭ヶ岳
2
蛭ヶ岳&霧氷
2015年12月28日 11:48撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳&霧氷
2
霧氷付着のネジネジの木
2015年12月28日 11:55撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷付着のネジネジの木
5
笹の葉の霧氷
2015年12月28日 12:12撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹の葉の霧氷
丹沢山山頂
2015年12月28日 12:50撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山山頂
茨の実
2015年12月28日 12:52撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茨の実
3
竜ヶ馬場沢
2015年12月28日 12:58撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ馬場沢
塔ノ岳 山頂 (1,490.9m)
2015年12月28日 13:40撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳 山頂 (1,490.9m)
塔ノ岳山頂から大山方面
2015年12月28日 13:43撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂から大山方面
塔ノ岳山頂の観音像
2015年12月28日 13:47撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂の観音像
塔ノ岳山方面
2015年12月28日 14:02撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山方面
丹沢山 山頂広場
2015年12月28日 14:49撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢山 山頂広場
塩水林道と天王寺尾根コースの分岐点
2015年12月28日 15:15撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩水林道と天王寺尾根コースの分岐点
本谷林道と天王寺尾根コースの分岐点分岐点
2015年12月28日 16:23撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷林道と天王寺尾根コースの分岐点分岐点
本谷林道ゲート
2015年12月28日 16:42撮影 by COOLPIX S9900, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷林道ゲート
撮影機材:
訪問者数:312人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 ブナ 霧氷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ