ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786114 全員に公開 沢登り丹沢

大山川(冬季沢登り講習)

日程 2015年12月29日(火) [日帰り]
メンバー kamog(CL), その他メンバー1人
天候晴れ一時曇り(遡行に影響ない気温)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ヤビツ峠
・20数台駐車可
・トイレ、登山届ポストあり
・朝の県道70号線はヤビツ峠までは凍結なし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■鈴川水系 大山川
  下流部は堰堤多いので、通常は大山ケーブル終点の下社と見晴台の間にある
  二重滝からスタートする。
  平水時は二重滝上部で水涸れとなり、涸れ棚登攀の連続で冬季でも充分
  遡行できる。
  詰めはミシュラン★の大山山頂からの展望もきれい。
  遡行グレード:2級下(平水時)
  滝のクライミンググレード:MAX 元蕁棔銑控蕁

  ついでだが、最近大山での遭難事故が増えている。
  主に単独高齢男性の暗くなってからの道迷い→沢に迷い込んで転滑落なので
  たとえ大山であろうと登山の基本原則である早出早着を心掛けていただきたい。
  また日帰りハイキングであろうと、有事のことを考えて「ヘッドライト(予備
  電池も含めて)」「地形図(最低でも昭文社の山と高原地図)」「防寒も兼ねた
  レインウエア等防寒着」「ツエルト(最低でもアルミのビバークシート等)」
  は携行し、登山届はポストに投函してください。

■沢登り、クライミング講習等
  http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

朝のヤビツ峠バス停
2015年12月29日 08:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝のヤビツ峠バス停
イタツミ尾根からアプローチ
2015年12月29日 09:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イタツミ尾根からアプローチ
富士山きれい
でも雪少ないね
2015年12月29日 09:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山きれい
でも雪少ないね
下社からの風景
2015年12月29日 10:01撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社からの風景
下社のお茶屋さんでいつもながら「お茶でも飲んでいきなぁ〜」と明るく声を掛けられます。
いつもありがとうございます。
2015年12月29日 10:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社のお茶屋さんでいつもながら「お茶でも飲んでいきなぁ〜」と明るく声を掛けられます。
いつもありがとうございます。
1
二重滝
左壁をクライミングします。
2015年12月29日 10:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重滝
左壁をクライミングします。
1
二重滝落ち口から二重滝橋
2015年12月29日 10:54撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二重滝落ち口から二重滝橋
上段はフリーで越えます
2015年12月29日 11:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上段はフリーで越えます
倒木ある5m棚は少々クライミング力が必要です
2015年12月29日 11:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木ある5m棚は少々クライミング力が必要です
1
この8m棚は倒木左をフリーで越えていきます
2015年12月29日 11:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この8m棚は倒木左をフリーで越えていきます
1
登るMさん
2015年12月29日 11:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るMさん
1
この沢の核心部トイ状10m。
下からだと6m程度しか見えないが上部もトイ状が続いている。
ここは控蕁歡度のクライミング力が必要。
なお左から少し大きく高巻くこともできる。
2015年12月29日 12:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この沢の核心部トイ状10m。
下からだと6m程度しか見えないが上部もトイ状が続いている。
ここは控蕁歡度のクライミング力が必要。
なお左から少し大きく高巻くこともできる。
1
フォローで登ってくるMさん
2015年12月29日 12:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フォローで登ってくるMさん
標高1000m二俣は右のCS棚を登る
2015年12月29日 13:21撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1000m二俣は右のCS棚を登る
次のチムニー状7mはフリーで
2015年12月29日 13:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のチムニー状7mはフリーで
最後の核心部CS10m棚をリードするMさん
外岩ボルダリングでは二段を登られているが、沢の不安定さは初めての経験です
2015年12月29日 13:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の核心部CS10m棚をリードするMさん
外岩ボルダリングでは二段を登られているが、沢の不安定さは初めての経験です
2
ルンゼに詰まったCSにバックアップ的にスリングを巻いてランニングを取るご様子
2015年12月29日 13:53撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼに詰まったCSにバックアップ的にスリングを巻いてランニングを取るご様子
3
抜けました〜
2015年12月29日 13:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
抜けました〜
1
詰め
右の尾根に乗ります
2015年12月29日 14:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
詰め
右の尾根に乗ります
大山山頂東側の雷ノ峰尾根登山道に出ました
2015年12月29日 14:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山山頂東側の雷ノ峰尾根登山道に出ました
大山山頂
さすがにこの時間は登山者も僅か
2015年12月29日 14:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山山頂
さすがにこの時間は登山者も僅か
小田原方面の展望
2015年12月29日 14:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小田原方面の展望
撮影機材:

感想/記録
by kamog

今月2回目の大山川講習でした。
追分からのアプローチが一般的ですが、ケーブル駅駐車場の混雑を懸念して
今回もアプローチは少々かったるいが下山が楽なヤビツ峠起点。
トータルコースタイムで見ても15〜20分くらいしか違いがないし
駐車場代も浮くので。
Mさん遠路お越しいただき大山川と大山の素晴らしさを実感されたようで
何よりでした。
訪問者数:462人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ルンゼ 早出早着 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ