ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786122 全員に公開 トレイルラン奥多摩・高尾

TOKYO八峰マウンテントレイル2015

日程 2015年12月23日(水) [日帰り]
メンバー bellwin
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きは高尾駅より選手専用バスにて夕焼け小焼けの里へ(500円)。
帰りは京王高尾山口駅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.3〜0.4(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報最近高尾山口駅裏に温泉施設が出来ました(残念ながらまだ一回も入ったことがありません)。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

スタート前に鏑木選手から一言。
当日は最後尾からスタートして数百人をぶち抜いていきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート前に鏑木選手から一言。
当日は最後尾からスタートして数百人をぶち抜いていきました。
スタート地点です。私は中級クラスの列に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート地点です。私は中級クラスの列に。
林道を4kmほど走ると尾根道に入るために渋滞。でも5分ほどで通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を4kmほど走ると尾根道に入るために渋滞。でも5分ほどで通過。
その後はひたすら登ったり降りたり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後はひたすら登ったり降りたり。
少しバラけてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しバラけてきました。
和田峠の第一関門兼エイド。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
和田峠の第一関門兼エイド。
城山の第二関門兼エイド。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山の第二関門兼エイド。
第三関門では八王子名物の都まんじゅうが補給食として振る舞われていました。
疲れていたので旨さ倍増。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三関門では八王子名物の都まんじゅうが補給食として振る舞われていました。
疲れていたので旨さ倍増。

感想/記録

東京八峰マウンテントレイル2015に参戦してきました。
記念すべき第一回、しかも地元も地元の高尾山周辺を走るとあっては参加せずにはいられません。コースも多くが走ったり歩いたしたことがあるところばかりなので馴染み深いものでした。

当日は朝から曇りでいつ降ってもおかしくない天気模様。
高尾の駅に6時ちょい過ぎに到着し、すんなり選手専用のバスに乗って恩方の夕焼け小焼けの里に。

着いてみると思ったほどは寒くありません。なので着替えもそれほど苦にはならず。しかしトイレは既存施設のものしか用意されていなかったので”大”のほうは大混雑。次回の課題でしょう。

スタートは選手用バスの最終が遅れた為15分遅れの8:15にスタート。最初の4kmほどは舗装された林道をひたすら上がります。途中でゲストランナーの鏑木選手にあっという間に抜かされました(早い!)。

林道を上がり切ると山道への入り口。ここからはシングルトラックの急な上り道の為、どうしても渋滞が起きます。予想はしていたのでなるべく早くここに到達しようと思いましたが、ヘタレなのでそれほど早くは登れず、結局5分程度は列待機。

醍醐丸までは登り基調。ここまではハセツネのコースと被るそうです。醍醐丸からは一気に下り和田峠へ。ここで補給とトイレを済まし、いよいよ一般登山客の多いと思える陣馬〜高尾間のルートです。

この間は走れるルートで、思った以上に早く城山に到達。途中ではかなり登山者とすれ違ったり抜かしたりしましたが、それほど邪険にはされずむしろ励まされたりしました。最も出走者の皆さん、誰もがかなり気を使い、抜く際は歩いて抜いたり声をかけたりしてトレイルランナーへの好印象を演出(笑)。

城山のエイドでは中休止し、体調を確認。補給食をしっかり食べて再出発です。

大垂水峠に降りるルートでは転んで肩を強く打ってしまい、少々ムチ打ち気味になりましたが、少しゆっくり走っていると問題ない感じでしたのでレースを続けます。

大垂水からはまた一気に登りましたが、それほどキツさは感じませんでした。むしろ第三関門を過ぎてからの細かなアップダウンが堪えました。あとゴールまで数キロのところですから体力的にもきていたのでしょう。

そしてゴール。タイムは5時間40分台。ほぼ予想通りでした。なんとかゴールまで天気も持ってくれました。

コース全般としては猛烈に(登りが)キツい箇所はありませんが、逆に結構走らせるコースだな、という印象。こんなに身近なところのレースですので、なるべく永く続けて欲しいものです。
訪問者数:132人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テント 林道 テン ハセツネ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ