ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786840 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

赤岳&阿弥陀岳:雪山の静かな御小屋尾根を下る

日程 2015年12月30日(水) [日帰り]
メンバー bumpkin
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口に駐車、500円/日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間26分
休憩
1時間6分
合計
8時間32分
S八ヶ岳山荘05:2206:08やまのこ村06:15美濃戸山荘07:31中ノ行者小屋跡07:3408:17行者小屋08:3109:29文三郎尾根分岐09:3009:42赤岳09:4809:49竜頭峰09:52赤岳10:0910:09竜頭峰10:1210:23文三郎尾根分岐10:39中岳10:4710:56中岳のコル11:25阿弥陀岳11:3011:32西の肩(岩場)11:37西ノ肩12:23不動清水12:3213:00御小屋山13:54八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<註>()内は予定、登行外、標高、準備or休憩時間
( 4:18(4:20) 自宅 )
5:18-23(5:35-5:45) 美濃戸口(1,490m)
6:09(6:30) 赤岳山荘(1,690m)
8:18-29(11")(8:45-50) 行者小屋(2,345m)
9:27 文三郎尾根分岐点(2,720m)
( 10:00 地蔵の頭 )
( 10:05 赤岳天望荘 )
9:55-10:05(10")(10:50-11:00) 赤岳(2,899m)
登り:4'32" 延標高差:1,469m 速度:324m/h レスト:11"
1023(11:15) 文三郎尾根分岐点(2,720m)
10:40-48(8")(11:25) 中岳(2,700m)
11:25-30(5")(12:00-05) 阿弥陀岳(2,805m)
12:23-31(8")(13:30-40) 不動清水入口(2,270m)
12:59(14:30-35) 御小屋山(御柱山)(2,137m)
13:54-56(15:55-16:00) 美濃戸口(1,490m)
下り:3'49" 延標高差:1,929m 速度:505m/h レスト:21"
山行:8'31"(10'10") 延標高差:3,398m 速度:399m/h レスト:42"
( 14:56(17:10) 自宅 )
Door to Door:10'38"(12'40")
コース状況/
危険箇所等
美濃戸口で登山ポストに登山届を投函
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
長袖インナー(薄手) スマートウール
ミッドウエア マムート
ハードシェル(紺) マムート
タイツ(厚手) パタゴニア
アウター(下)(黒) ヘリテイジ
靴下(ロング) 1対 スマートウール
グローブ(厚手ウール) 1対 ヘラス
アウター手袋(黄色) 1対 ウインドーストッパー
予備手袋 1対 マウンテンハードウェア
防寒着(ダウン)(赤) マムート
ズボン(厚手) マウンテンハードウェア
ネックウォーマー スクリ−マー
バラクラバ マウンテンハードウェア
毛帽子 南米産
靴(冬用) 1対 スポルティバ
予備靴ひも 1対
ザック(30L) グリベル
アイゼン(10本爪) 1対 グリベル
ピッケル ブラックダイヤモンド
ビーコン ピープス
昼ご飯 1食分
行動食
非常食
個人装備品
数量
備考
飲料 アクエリアス(0.5L)
水筒(保温性)(0.8L) サーモス
地図(地形図) 各種
コンパス
計画書 1通提出用
ヘッドランプ ブラックダイヤモンド
予備電池 各種
GPS ガーミン
筆記用具
ファーストエイドキット ドイター
針金 1巻
常備薬 1巻
ロールペーパー
保険証
携帯 au
サングラス ジルボ
ツェルト(橙) ヘリテイジ
ナイフ
カメラ ペンタックス
ヘルメット ペツル
ゲーター 1対 OR

写真

赤岳と横岳が迎えてくれる:何時も夜明け前
2015年12月30日 08:10撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳と横岳が迎えてくれる:何時も夜明け前
1
行者小屋前には20張程度のテント:盛況である
2015年12月30日 08:17撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋前には20張程度のテント:盛況である
1
阿弥陀岳に朝日
2015年12月30日 08:17撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳に朝日
2
今年は行者小屋も営業中:実はまだ中に入ったことがない
2015年12月30日 08:28撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年は行者小屋も営業中:実はまだ中に入ったことがない
1
横岳にも朝日が@文三郎尾根途中
2015年12月30日 08:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳にも朝日が@文三郎尾根途中
硫黄岳も眩しい
2015年12月30日 08:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳も眩しい
1
中岳と阿弥陀岳:ここから見ると中岳も立派
2015年12月30日 09:05撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳と阿弥陀岳:ここから見ると中岳も立派
1
権現岳の奥に南アルプス(北岳、甲斐駒、仙丈)@赤岳
2015年12月30日 09:55撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳の奥に南アルプス(北岳、甲斐駒、仙丈)@赤岳
1
富士山もくっきり、しかし、雪が少ない@赤岳
2015年12月30日 09:55撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もくっきり、しかし、雪が少ない@赤岳
3
北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳をアップ@赤岳
2015年12月30日 09:56撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳をアップ@赤岳
1
中央アルプスと富士見パノラマスキー場@赤岳
2015年12月30日 09:56撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプスと富士見パノラマスキー場@赤岳
1
御嶽山@赤岳:噴煙が見えない
2015年12月30日 09:56撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山@赤岳:噴煙が見えない
1
乗鞍から槍穂連峰@赤岳:諏訪湖が見える
2015年12月30日 09:56撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍から槍穂連峰@赤岳:諏訪湖が見える
写真を撮って貰う。今日は覆面スタイル
2015年12月30日 09:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真を撮って貰う。今日は覆面スタイル
6
金峰山が見える
2015年12月30日 10:00撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山が見える
甲武信岳方面
2015年12月30日 10:00撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲武信岳方面
南秩父になるのかな?
2015年12月30日 10:00撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南秩父になるのかな?
赤岳下山の鎖場で阿弥陀岳を撮る
2015年12月30日 10:13撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳下山の鎖場で阿弥陀岳を撮る
2
阿弥陀岳@中岳
2015年12月30日 10:42撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳@中岳
4
硫黄岳、北八、蓼科山も見える@中岳
2015年12月30日 10:42撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄岳、北八、蓼科山も見える@中岳
1
横岳@中岳
2015年12月30日 10:42撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳@中岳
北アルプスの全貌@中岳
2015年12月30日 10:43撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスの全貌@中岳
1
阿弥陀岳北稜を2人パーティが行く、山頂で会う
2015年12月30日 10:54撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳北稜を2人パーティが行く、山頂で会う
2
赤岳@阿弥陀岳登り途中
2015年12月30日 11:04撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳@阿弥陀岳登り途中
1
権現岳と南稜@阿弥陀岳:富士山も見える
2015年12月30日 11:26撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現岳と南稜@阿弥陀岳:富士山も見える
2
阿弥陀岳南稜をアップ:3月行けるかな
2015年12月30日 11:26撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳南稜をアップ:3月行けるかな
赤岳@阿弥陀岳
2015年12月30日 11:27撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳@阿弥陀岳
1
横岳@阿弥陀岳
2015年12月30日 11:27撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳@阿弥陀岳
1
硫黄と北八、蓼科山@阿弥陀岳:良く見える
2015年12月30日 11:28撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
硫黄と北八、蓼科山@阿弥陀岳:良く見える
赤岳と阿弥陀岳山頂標識
2015年12月30日 11:28撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳と阿弥陀岳山頂標識
2
南アルプス全景
2015年12月30日 11:28撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス全景
1
中央アルプス全景
2015年12月30日 11:28撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス全景
乗鞍岳、右端は焼岳と笠ヶ岳?
2015年12月30日 11:29撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳、右端は焼岳と笠ヶ岳?
1
北アルプス全景
2015年12月30日 11:29撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス全景
2
蓼科山と北横岳をアップ
2015年12月30日 11:29撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓼科山と北横岳をアップ
1
西ノ肩(摩利支天)
2015年12月30日 11:30撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西ノ肩(摩利支天)
御小屋尾根から阿弥陀岳:中央稜のため南稜は見えない
2015年12月30日 11:54撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋尾根から阿弥陀岳:中央稜のため南稜は見えない
御小屋山:初めて見る標識、今年建てられたのだろう
2015年12月30日 12:58撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋山:初めて見る標識、今年建てられたのだろう
舟山十字路との分岐点
2015年12月30日 12:59撮影 by PENTAX Optio WG-1, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舟山十字路との分岐点
1
撮影機材:

感想/記録

3月に阿弥陀岳南陵を予定しており、下山ルートとして御小屋尾根を下るため出掛ける。御小屋尾根は無雪期に2度下っている。しかし、今年3月御小屋尾根で阿弥陀岳に登る予定だったがラッセルで途中敗退。
着雪の下りとガスの際、道を間違えることがないか(特に西ノ肩、中央稜)をチェックするのが目的。
しかし、余りにも雪が少ない。
今回はラッセルも覚悟してスケジュールも余裕をもったが、雪が少なくトレースもはっきりあり1時間半以上早く着いた。
今日は、赤岳は物凄く盛況。それに比べて御小屋尾根は2名登って来ただけで静寂そのもの。爽やかで気持ちがよかった。
しかし、阿弥陀岳の登りでバテた。やはり、体力が落ちている。
行き、行者小屋までで5人に追い越された。最近、山スキーも含めよく追い抜かれる。できるだけ汗をかかないように歩くため急げない。自分を見極めることが大事と成り行きを見守るしかない。
訪問者数:602人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/9
投稿数: 148
2015/12/31 14:22
 お疲れ様でした
雪は相変わらず少ないようですね。
天気が良かったようで何よりでした。
登録日: 2013/7/13
投稿数: 431
2015/12/31 14:57
 Re: お疲れ様でした
良いお年をお迎えください。
元旦早々燕岳に行く予定です。元旦の山歩きは初めてです。
未明の中ライトをつけて13km、中房温泉まで道路を歩きます。
登録日: 2015/8/9
投稿数: 148
2015/12/31 19:09
 Re[2]: お疲れ様でした
お気をつけて行ってきてください。土産話楽しみにしています!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ