ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 786879 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳・赤岳(美濃戸)

日程 2015年12月29日(火) 〜 2015年12月30日(水)
メンバー genuine1975
天候曇〜晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
諏訪南IC〜美濃戸
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間10分
休憩
0分
合計
2時間10分
S赤岳山荘08:5009:00美濃戸山荘11:00行者小屋
2日目
山行
4時間30分
休憩
1時間30分
合計
6時間0分
行者小屋07:5008:40文三郎尾根分岐09:10赤岳09:2009:40赤岳天望荘09:50地蔵の頭10:40行者小屋12:0013:40美濃戸山荘13:50赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪は例年と比較して少ないが,厳冬期の赤岳に登る難易度は変わらないと見るべきでしょう。
その他周辺情報帰りは諏訪SAのハイウェイ温泉へ行きました。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ 毛帽子 ザック ザックカバー サブザック アイゼン ピッケル スコップ 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

美濃戸から出発です。雪が全然ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸から出発です。雪が全然ない。
1
ここから横岳が見えるのだが,生憎の天気。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから横岳が見えるのだが,生憎の天気。
樹氷を見ると,雪山に来たなぁ,と思ってしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹氷を見ると,雪山に来たなぁ,と思ってしまいます。
1
行者小屋についてからの一枚。明日の天気が気になります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者小屋についてからの一枚。明日の天気が気になります。
1
お,晴れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お,晴れてきた。
2
早速,赤岳を撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速,赤岳を撮影。
3
翌日,阿弥陀岳分岐。阿弥陀岳が少し見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌日,阿弥陀岳分岐。阿弥陀岳が少し見えています。
1
文三郎尾根の階段がはっきりと見えています。やはり,雪は少ない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
文三郎尾根の階段がはっきりと見えています。やはり,雪は少ない。
1
分岐での,阿弥陀岳。良い天気です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐での,阿弥陀岳。良い天気です。
2
頂上付近と岩場。雪は少ないが,気を付けたほうが良いところですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上付近と岩場。雪は少ないが,気を付けたほうが良いところですね。
1
途中の富士山。良い感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の富士山。良い感じです。
5
頂上。何度来ても良いものは良い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上。何度来ても良いものは良い。
1
甲斐駒や仙丈などの南アルプス方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲斐駒や仙丈などの南アルプス方面。
2
中央アルプス方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス方面。
2
北アルプス方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプス方面。
2
阿弥陀岳方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳方面。
2
地蔵の頭から振り返って。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵の頭から振り返って。
1
行く予定だった横岳,硫黄岳方面。無念,下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く予定だった横岳,硫黄岳方面。無念,下ります。
3
最後に赤岳山荘駐車場から振り返っての阿弥陀岳。また来ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に赤岳山荘駐車場から振り返っての阿弥陀岳。また来ます。

感想/記録

12月29日
 雪が少ないという情報は入手していたが,美濃戸口から赤岳山荘までの荒れた林道に全くなかったため,これは自分の車でも行けるんじゃね?と1時間ショートカットするためにトライしてみたら,2回程,底を擦った。今後は,車でこの林道を行くのは止めよう,と心に誓った。
 美濃戸から南沢を選択した。やはり道は,雪が少ないため土が露出している箇所が多くあった。1時間程歩くと,ようやく雪山らしい雰囲気になる。行者小屋に到着した時は,まだ曇り空であったが,テントを張っている途中に晴れてきたため,明日の山行に良い予感を募らせる。しかし,道中,凍結した道で足を滑らせ,バランスを崩してしまった際,左足を捻ったせいか,痛みが気になる。大した痛みではなかったので,明日には引くと思っていたが,時間が経過するごとに痛みは酷くなる。
12月30日
 左足の痛みは幾分和らいだが,歩くと左足をかばう様な歩き方になる。当初は,赤岳〜横岳〜硫黄岳の縦走を予定していたのだが,赤岳登頂のみだったら行けるだろうと判断し,そのように変更した。少し残念だが,仕方がない。文三郎尾根は,階段が露出しており,やはり雪の少なさを感じた。しかし,快晴で,風はそれ程強くない。絶好の登山日和だと思った。
 赤岳登頂は,4度目となるが,いつも晴れてくれて何度来ても良いと感じる。左足の負担がそれほどでもないので,当初の予定通りいくか,と考えたものの,赤岳天望荘までの下りで断念した。まあ,上りより下りの方が足に負担かかるのは分かっていたけど・・・。後ろ髪を引かれつつ,地蔵尾根を下りて,テントを撤収後,行者小屋のおでんの売り切れに愕然としながら,美濃戸まで下りた。そして,やはり林道で底を2回ほど擦った。

 当初の予定通りといかず,少し残念でしたが,良い天気に恵まれたため,まぁ,良いか,と思った山行でした。
訪問者数:258人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント 林道 テン 山行 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ