ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 787609 全員に公開 ハイキング奥秩父

破魔射場丸、大蔵高丸、湯ノ沢峠(ジョーロザス沢からのVルート)

日程 2015年12月29日(火) [日帰り]
メンバー hachi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士急山梨バス ハマイバ線:
http://www.yamanashibus.com/pdf/rosen/otsuki-imaiba.pdf

駐車場:
真木小金沢林道の冬季通行止めゲートの横にあるテニスコート広い駐車場を利用。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

冬季通行止めゲート7:30―林道ゲート7:35/7:40―(ここまで林業作業者と20分の立ち話)ー林道終点7:55/8:05―崩落地点の表示(迷い地点)8:55―つららの滝9:45―ジョーロザス沢筋を離れるところの滝10:04/10:10―東からの尾根合流10:50―一般登山道合流11:55/12:03―破魔射場丸(ハマイバマル)12:05―大蔵高丸12:40―湯ノ沢峠13:10/13/15―真木小金沢林道合流14:15―冬季通行止めゲート15:05
コース状況/
危険箇所等
破魔射場丸はハマイバマルと読みます。

危険箇所:
ジョーロザス沢を離れる滝の左岸を登るところは急斜面で滑ると20mほど落ちるところがあります。落ち葉の下にトラロープがありましたが固定がイマイチでした。
東からの尾根合流した少し先はかなり急な斜面が連続し灌木が多いく目を刺す危険があるのでサングラスなどで目の保護をした方が良いです。

不明瞭箇所:
林道終点から先の巾1mほどの広い道が消えた付近からは全体的に不明瞭ですが薄い踏み跡が崩落地点まであります。
ジョーロザス沢の枝沢に引き込まれそうなところも数箇所あります。
沢を離れて40分くらい登った付近で東からの尾根合流するまでは複雑な地形でマーキングも殆んど無く、ここから歩いてきたところを戻ろうとしても同じところを戻れないと感じました。
また東からの尾根合流した付近は極めてなだらかなところで、多数の獣道と思われる踏み跡が錯綜しています。また明らかに昔の踏み跡と思われるものや色あせたテープも少数ありましたが上へ行くような道ではないようです。
この辺は地図読みで進む方向を決める必要があります。

道の様子:
ジョーロザス沢は何階も渡渉をしなければなりませんが、注意して渡れば靴を濡らすところはありません。今回歩いた範囲では沢装備不要です。
沢を離れてから一般登山道に出るまではどこでも歩ける様な感じです。また倒木などはほとんどありません。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 アウター手袋 軍手 軍足 防寒着 雨具 保温シート 6本歯アイゼン ゲイター マフラー 毛帽子 アイゼン コンパス ヘッドランプ 小型ライト 予備電池 GPS 筆記用具 地図(地形図) ガイド地図 ファーストエイドキット 保険証 ラジオ 携帯 時計 サングラス ストック カメラ 大型ビニール袋 ロープ 非常食 熊鈴 呼子
備考 水:
2リットル持参し0,8リットル消費しました。

写真

昭和34年に発行された『岩科小一郎著・大菩薩連嶺』に載っている昭和5年の古地図。
2009年08月22日 18:31撮影 by EX-Z1080 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和34年に発行された『岩科小一郎著・大菩薩連嶺』に載っている昭和5年の古地図。
4
真木小金沢林道の冬季通行止めゲートの横にあるテニスコート広い駐車場。
2015年12月29日 07:27撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木小金沢林道の冬季通行止めゲートの横にあるテニスコート広い駐車場。
1
駐車場から約3分で真木川を渡り左折。直ぐに林道桑西線のゲートがあります。
ここで林業作業員の二人と出合い破魔射場丸への古道の情報を得ることが出来ました。
2015年12月29日 07:32撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から約3分で真木川を渡り左折。直ぐに林道桑西線のゲートがあります。
ここで林業作業員の二人と出合い破魔射場丸への古道の情報を得ることが出来ました。
1
林道桑西線を進むと直ぐにY字分岐になり、左は林道桑西線で小沢ドウミ方向ですが、ここは右折します。この右の林道名はわかりません。
2015年12月29日 07:47撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道桑西線を進むと直ぐにY字分岐になり、左は林道桑西線で小沢ドウミ方向ですが、ここは右折します。この右の林道名はわかりません。
2
ここが林道の車で入れる(写真は作業員の許可車)終点。
先ほどの林業作業員の二人とまた雑談10分。
2015年12月29日 08:09撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが林道の車で入れる(写真は作業員の許可車)終点。
先ほどの林業作業員の二人とまた雑談10分。
林道の終点の先は巾1m程の道が続いています。
2015年12月29日 08:15撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道の終点の先は巾1m程の道が続いています。
昔の道であることが分かる桟道の残骸。
2015年12月29日 08:32撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昔の道であることが分かる桟道の残骸。
3
巾1m程の道が終わるとこんな感じ。
2015年12月29日 08:39撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巾1m程の道が終わるとこんな感じ。
道の様子。
2015年12月29日 08:40撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の様子。
2
枝沢に掛けられた丸太。
2015年12月29日 08:48撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枝沢に掛けられた丸太。
1
50m先崩落ありの表示。少し進んでみましたが沢の左岸道は崩れて通行不能。
ここでジョーロザス沢の右岸に写り沢筋を進みますが普通に歩けます。
2015年12月29日 08:55撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50m先崩落ありの表示。少し進んでみましたが沢の左岸道は崩れて通行不能。
ここでジョーロザス沢の右岸に写り沢筋を進みますが普通に歩けます。
ここでジョーロザス沢を右岸に渡渉したところ。
2015年12月29日 09:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでジョーロザス沢を右岸に渡渉したところ。
2
ここはなぜかトタンが散乱してます。小屋でも会ったのでしょうか?
2015年12月29日 09:17撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここはなぜかトタンが散乱してます。小屋でも会ったのでしょうか?
1
沢では何度も渡渉しますがどこでも苦労せずに歩けます。
2015年12月29日 09:19撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢では何度も渡渉しますがどこでも苦労せずに歩けます。
2
炭焼き窯の跡。
2015年12月29日 09:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
炭焼き窯の跡。
3
忘れたころに現れるテープ。
2015年12月29日 09:36撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忘れたころに現れるテープ。
沢を進んで行く。
2015年12月29日 09:42撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を進んで行く。
右側にツララだらけの滝?
ここの右を登るのか?
2015年12月29日 09:45撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側にツララだらけの滝?
ここの右を登るのか?
2
半信半疑で少し進んで見るとまたテープがあるので、まだ先に目的の滝は先にあるようです。
2015年12月29日 09:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
半信半疑で少し進んで見るとまたテープがあるので、まだ先に目的の滝は先にあるようです。
ここで沢が二手に分かれています。
これは左手の沢。
連続写真その1。
2015年12月29日 09:56撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで沢が二手に分かれています。
これは左手の沢。
連続写真その1。
これは右手の沢。
連続写真その2。
2015年12月29日 09:56撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは右手の沢。
連続写真その2。
滝の右(左岸)を登るのはここか?
2015年12月29日 10:00撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の右(左岸)を登るのはここか?
二手に分かれている真ん中の尾根の末端の上がってみました。
2015年12月29日 10:01撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二手に分かれている真ん中の尾根の末端の上がってみました。
1
右手の沢の滝の下へ来ました。
後で調べたところどうもこの滝は「鹿鳴ノ滝」というようですが確信はありません。
2015年12月29日 10:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の沢の滝の下へ来ました。
後で調べたところどうもこの滝は「鹿鳴ノ滝」というようですが確信はありません。
するとこんな小さなケルンがあるのでここの右側を登るのが正しい様です。
しかしかなりの急斜面です。少し登ると細いトラロープがあったので、正しいルートの様です。
2015年12月29日 10:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
するとこんな小さなケルンがあるのでここの右側を登るのが正しい様です。
しかしかなりの急斜面です。少し登ると細いトラロープがあったので、正しいルートの様です。
5
急斜面の右側は落ちると20mほど止まりそうもない感じでしたが、何とか通過して滝の上に来ました。
薄い踏み跡らしきものがありますが獣道かも?
2015年12月29日 10:16撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面の右側は落ちると20mほど止まりそうもない感じでしたが、何とか通過して滝の上に来ました。
薄い踏み跡らしきものがありますが獣道かも?
1
更に少し登るとこんな感じですが、右側の尾根に移動することにしました。
朝会った林業作業員の方の話では滝上の尾根にクマの巣があるとのことなのですが、そんな感じのところはありませんでしたので一安心。
2015年12月29日 10:21撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に少し登るとこんな感じですが、右側の尾根に移動することにしました。
朝会った林業作業員の方の話では滝上の尾根にクマの巣があるとのことなのですが、そんな感じのところはありませんでしたので一安心。
1
すると尾根上はこんな明瞭な踏み跡があります。しかし、人は歩いていないでしょうからこれは獣道でしょう。
2015年12月29日 10:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すると尾根上はこんな明瞭な踏み跡があります。しかし、人は歩いていないでしょうからこれは獣道でしょう。
5
45分ほど登ると右側から明瞭な尾根が近づいてきました。その尾根との合流地点はなだらかなところです。ここは標高1500m付近です。
連続写真その1。
2015年12月29日 10:49撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
45分ほど登ると右側から明瞭な尾根が近づいてきました。その尾根との合流地点はなだらかなところです。ここは標高1500m付近です。
連続写真その1。
2
右からの尾根との合流地点は薄い踏み跡が続いていますが、破魔射場丸山頂方向ではなく1648mピークの北側の鞍部に向かっているようでした。地図によるとこの先かなりの急斜面がありそうです。
連続写真その2。
2015年12月29日 10:49撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右からの尾根との合流地点は薄い踏み跡が続いていますが、破魔射場丸山頂方向ではなく1648mピークの北側の鞍部に向かっているようでした。地図によるとこの先かなりの急斜面がありそうです。
連続写真その2。
とにかく破魔射場丸山頂方向に向いましたが、急斜面の薮の中でこんなテープ発見。しかし踏み跡はありません。この辺薮で目を突きそうなのでサングラス着用してます。
2015年12月29日 11:21撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく破魔射場丸山頂方向に向いましたが、急斜面の薮の中でこんなテープ発見。しかし踏み跡はありません。この辺薮で目を突きそうなのでサングラス着用してます。
1
薮の中を40分ほど進むと斜面が緩くなり、前方に青空が近づいてきました。
2015年12月29日 11:50撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薮の中を40分ほど進むと斜面が緩くなり、前方に青空が近づいてきました。
2
カヤトの原の下部に到着しました。
2015年12月29日 11:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤトの原の下部に到着しました。
カヤトの原の左の高みに移動すると富士山が見えました。
2015年12月29日 11:54撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤトの原の左の高みに移動すると富士山が見えました。
4
カヤトの原を数分登るとこのベンチ。
ここでバリエーションコースは終了。
2015年12月29日 11:57撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヤトの原を数分登るとこのベンチ。
ここでバリエーションコースは終了。
3
ベンチの後ろ5mは一般登山道で、こんな道標がある地点でした。
2015年12月29日 11:57撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチの後ろ5mは一般登山道で、こんな道標がある地点でした。
2
道標から20m程のところには大きなケルン。
2015年12月29日 12:02撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標から20m程のところには大きなケルン。
一般登山道を北へ3分進むと破魔射場丸山頂でした。
2015年12月29日 12:05撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般登山道を北へ3分進むと破魔射場丸山頂でした。
1
破魔射場丸到着。
2015年12月29日 12:06撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破魔射場丸到着。
2
破魔射場丸山頂。
2015年12月29日 12:07撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破魔射場丸山頂。
2
破魔射場丸から大蔵高丸へ向かってますが、このカヤトの原には登山道以外に入るなと云う意味のロープが張られています。
2015年12月29日 12:17撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破魔射場丸から大蔵高丸へ向かってますが、このカヤトの原には登山道以外に入るなと云う意味のロープが張られています。
1
こんな枯れ笹の中の道もあります。
2015年12月29日 12:25撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな枯れ笹の中の道もあります。
1
前方が大蔵高丸。
2015年12月29日 12:36撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方が大蔵高丸。
1
大蔵高丸山頂。
2015年12月29日 12:38撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蔵高丸山頂。
3
大蔵高丸山頂からの眺望。
前方の山は白谷丸でその右が雁ヶ腹摺山。
連続写真その1。
2015年12月29日 12:39撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大蔵高丸山頂からの眺望。
前方の山は白谷丸でその右が雁ヶ腹摺山。
連続写真その1。
3
中腹には焼山沢真木林道(東側)が来ていますが湯の沢峠の直前で工事休止中です。
連続写真その2。
2015年12月29日 12:39撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中腹には焼山沢真木林道(東側)が来ていますが湯の沢峠の直前で工事休止中です。
連続写真その2。
今度は元気のよい笹道。
2015年12月29日 12:53撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は元気のよい笹道。
湯ノ沢峠南側のお花畑。遠くに南アルプス。
連続写真その1。
2015年12月29日 13:02撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠南側のお花畑。遠くに南アルプス。
連続写真その1。
3
湯ノ沢峠南側のお花畑。前方の山は白谷丸。
連続写真その2。
2015年12月29日 13:02撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠南側のお花畑。前方の山は白谷丸。
連続写真その2。
1
連続写真その3。
2015年12月29日 13:03撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
連続写真その3。
湯ノ沢峠到着。
2015年12月29日 13:12撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠到着。
1
湯ノ沢峠の笹子側2分には焼山沢真木林道(西側)の終点があります。建物はトイレ。
2015年12月29日 13:14撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠の笹子側2分には焼山沢真木林道(西側)の終点があります。建物はトイレ。
湯ノ沢峠の笹子側1分のところに避難小屋があり、中で4人程が休んでました。
2015年12月29日 13:15撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠の笹子側1分のところに避難小屋があり、中で4人程が休んでました。
1
再び湯ノ沢峠に戻り真木側へ下ります。
2015年12月29日 13:16撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び湯ノ沢峠に戻り真木側へ下ります。
湯ノ沢峠に数十メートル進むと焼山沢真木林道(東側)に続く道が分岐してますが遠回りなので林道へは行かず右側の登山道へ下ります。
ネットで調べるとこの林道方向の道標には「光月院・秋月院方面」と書いてあるそうですが???
2015年12月29日 13:18撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠に数十メートル進むと焼山沢真木林道(東側)に続く道が分岐してますが遠回りなので林道へは行かず右側の登山道へ下ります。
ネットで調べるとこの林道方向の道標には「光月院・秋月院方面」と書いてあるそうですが???
真木への道。
2015年12月29日 13:22撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木への道。
真木への道。
2015年12月29日 13:30撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木への道。
なかなか感じ良い道です。
2015年12月29日 13:32撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか感じ良い道です。
左には水が少し流れてます。
2015年12月29日 13:38撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左には水が少し流れてます。
一般登山道ですが、落ち葉で踏み跡は目立たないです。
2015年12月29日 13:42撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般登山道ですが、落ち葉で踏み跡は目立たないです。
真木への道。
2015年12月29日 13:51撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木への道。
2
一度幅広い道にでて進みますがまた分かれて山道を歩きます。
2015年12月29日 13:56撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度幅広い道にでて進みますがまた分かれて山道を歩きます。
真木への道。
2015年12月29日 14:01撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木への道。
2
右の登山道から下りてきました。
2015年12月29日 14:05撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の登山道から下りてきました。
真木小金沢林道合流しました。
2015年12月29日 14:16撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木小金沢林道合流しました。
1
今日歩いてきた山並み。
2015年12月29日 14:53撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日歩いてきた山並み。
真木小金沢林道。
2015年12月29日 14:53撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木小金沢林道。
真木小金沢林道の冬季通行止めゲート。
2015年12月29日 15:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真木小金沢林道の冬季通行止めゲート。
ゲートの直ぐ下は朝出発した駐車場。
2015年12月29日 15:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートの直ぐ下は朝出発した駐車場。
駐車場から破魔射場丸(多分)。
今年最後の登山も無事終了しました。
2015年12月29日 15:17撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から破魔射場丸(多分)。
今年最後の登山も無事終了しました。
4

感想/記録
by hachi

大月市桑西付近には破魔射場丸や米背負峠へ登る古道があったそうで、昔はかなりの主要道だったことが昭和34年に発行された『岩科小一郎著・大菩薩連嶺から分かるが、今回その古道を辿って破魔射場丸へ登ろうと考えました。
破魔射場丸登るルートはいろいろ考えられるが国土地理院の1/25000の地図を眺めているとジョーロザス沢の途中まで登山道が書かれている。
これが有力候補だが、どこで沢筋を離れるか決まらないまま出発しました。

出発直後ジョーロザス沢方向へ向かう林道桑西線のゲートで林業作業員の二人と会いました。
その二人はこの辺の古道に詳しく破魔射場丸へ登る二つの古道の情報を教えくてれました。
今日のコースはこの二人に聞いたジョーロザス沢に流れ込む滝のところの右側(左岸)を登って行くことに決めました。
実際歩いてみると、ポイントとなる滝が良く分からず、またそこから先の尾根道も複雑な地形で同じ道を戻ることはできないと思いました。ここは安易に沢筋へ下りるとかなりに急斜面があり危険であることが沢をを歩いていろときに分かった。したがってこの様な尾根はは登るのが安全であることが分かります。

今回歩いたバリエーションコースは久しぶりに途中で心細くなりましたが、今年最後の充実した山旅の一日でした。
訪問者数:439人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/8/30
投稿数: 1818
2016/1/1 21:42
 古道
こんばんは
明けましておめでとう御座います。
バリルートお疲れさまでした。

以前に大蔵沢の隣の尾根から大蔵高丸に登った際に、ハマイバ丸からこのルートを下山しようと思ったことがありました。でも霧で視界不良で断念いたしました。ルポを拝見して、あの時下山しなくて良かったと思いました。沢沿いが難しそうなルートですね、しかも熊の巣情報まで
でも登りなら行ってみたいです。情報かたじけなく存じます。
登録日: 2009/8/21
投稿数: 708
2016/1/1 22:20
 Re: 古道
jinzaemonさん 
明けましておめでとうございます

この付近は昔の道が多いのでいろいろ楽しめそうでね。
今回のコースの下山で迷いやすいところは1526m付近の広い尾根とそこから滝までの複雑な地形の尾根です。正直ここは戻れないので登ることしかできないと思いました。なお沢まで下りれば問題なく帰れると思います。

なお作業員の方に聞いた破魔射場丸に登るもう一本の道は、真木小金沢林道の冬季投通行止めゲートを15分くらい進んだ付近から山に入り、1229mピークを越え破魔射場丸に至るコースのようです。このコース下りは作業員の方も時々迷うと言っていました。
やはり尾根は登るに限りますね

そのほかジョーロザス沢から天下石にも上る古道もあると言っていました。

今年はjinzaemonさんが既に歩いた大蔵沢の隣の尾根から大蔵高丸に登ろうと思っています。
登録日: 2008/5/31
投稿数: 498
2016/1/10 9:09
 お疲れ様でした!
今年も宜しくお願いします

私、大谷ヶ丸〜湯ノ沢峠は歩いたことが無くて、いつか出かけてみたいと思っていました。
写真を拝見しましたが、展望も良く、雰囲気も良さそうですね。
是非、晴れて空気の澄んだ日に歩いてみたいものです。
車だと難しいかなと考えていましたが、この「ゲートの横にあるテニスコート広い駐車場」を使えば、コースが組めそうな気がします。
登録日: 2009/8/21
投稿数: 708
2016/1/10 13:21
 Re: お疲れ様でした!
masaiさん 
私の方こそ今年も宜しくお願いします

大谷ヶ丸〜湯ノ沢峠の間は今の時期お勧めです。高山的ではないですが展望が良いのでとてものんびり出来ます。
しかし雪の後は途中のシカ避ゲートの柵の扉(6ヶ所ほど)が凍って開かなくなる可能性があるのでご注意ください。
また駐車場から破魔射場丸の間は必ず登るようにしてください。下りの場合は道迷いで枝尾根に入る危険性が高いです

私の車はノーマルですが雪の降る前ならゲートまで問題なく行けます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ