ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 787906 全員に公開 ハイキング四国

三本杭

日程 2015年12月30日(水) [日帰り]
メンバー hareharawai, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R320から黒尊林道をひたすら走り、鹿ノコルを通過しさらに走って八面山登山口へ。林道に駐車可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

14:51黒尊林道登山口P-14:59猪ノコル15:00-15:12巻道分岐-15:18八面山15:20-15:40熊ノコル15:41-16:02三本杭16:11-16:30熊ノコル-16:59巻道分岐-17:09猪ノコル17:10-17:16黒尊林道登山口P
コース状況/
危険箇所等
特になし
大久保山・八面山ともに巻道が整備されているので時間短縮のために有効活用できる。

写真

黒尊林道の登山口よりすぐに急な梯子の階段を上る。
2015年12月30日 14:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒尊林道の登山口よりすぐに急な梯子の階段を上る。
こんな感じです。
2015年12月30日 14:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じです。
猪ノコル
焦っていてデジカメを忘れた、スマホを利用
2015年12月30日 14:59撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猪ノコル
焦っていてデジカメを忘れた、スマホを利用
熊ノコル
頂上まではもうひとがんばりだ
2015年12月30日 15:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊ノコル
頂上まではもうひとがんばりだ
三本杭にゴール!
2015年12月30日 16:05撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三本杭にゴール!
1
もう夕闇が迫っている
2015年12月30日 16:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう夕闇が迫っている
1
鬼ヶ城山方面
あそこから歩いてきたらとんでもない
2015年12月30日 16:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ城山方面
あそこから歩いてきたらとんでもない
豊後水道に夕日が差す
2015年12月30日 16:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豊後水道に夕日が差す
山頂を振り返る
2015年12月30日 16:18撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂を振り返る
鹿の侵入防止柵のゲートを数回通過する。
2015年12月30日 16:18撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿の侵入防止柵のゲートを数回通過する。
大久保山と八面山のコル
ピンクの矢印が八面山の巻道、黄色の矢印が八面山への登山道
往路は黄色、復路はピンクの登山道を歩いた。
2015年12月30日 16:59撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大久保山と八面山のコル
ピンクの矢印が八面山の巻道、黄色の矢印が八面山への登山道
往路は黄色、復路はピンクの登山道を歩いた。
夕照
2015年12月30日 17:01撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕照
夕日が沈んでいく。
2015年12月30日 17:06撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕日が沈んでいく。

感想/記録

 第2ラウンドは三本杭。黒尊林道が予想以上に長く、焦りもあって最初鹿ノコル登山口から出発して鬼ヶ城山へ向かって進んでいた。時間がなくなってきていたが、再び気を取り直して車を移動させ、八面山の登山口へ。
 梯子の急な階段を上るとあとは安定した道になる。大久保山を右側から巻いてコルへ。往路は八面山の巻道がよくわからず気づくと八面山の頂上に飛び出した。尾根を辿り熊ノコルへ。そこから少しの急登で鹿の侵入防止柵ゲートを2回通過し、山頂へ。夕照と豊後水道の眺めが素晴らしかった。復路は八面山を右から巻き、大久保山とのコルへ。どうにかヘッ電のスイッチをオンにすることなく登山口に到着できた。
とはいえ、ダブルヘッダーはやはりいろんな面で疲れるのでできれば避けたいと思った。
訪問者数:373人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ