ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 788130 全員に公開 ハイキング奥秩父

笠取山、水干、雁峠

日程 2015年12月31日(木) [日帰り]
メンバー motch, その他メンバー1人
天候ほぼ快晴
稜線上は風速5m超
アクセス
利用交通機関
車・バイク
R411→一ノ瀬高原→作場平橋P

Pは20台くらい。
今回はスタート時は自車以外1台もなく、
下山時も2台しか停まっていませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間22分
休憩
1時間54分
合計
6時間16分
S作場平橋駐車場08:0608:31一休坂分岐08:3309:28笠取小屋09:3509:46雁峠分岐09:53笠取山西10:03水干(多摩川源頭部)10:0810:25水干尾根10:43笠取山10:47笠取山西峰10:5711:16笠取山西11:17小さな分水嶺11:1811:28雁峠避難小屋(旧雁峠山荘)11:3911:41雁峠11:4911:52雁峠避難小屋(旧雁峠山荘)11:5312:03雁峠分岐12:13笠取小屋13:2114:01一休坂分岐14:0214:22作場平橋駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
笠取小屋直下までは凍結、積雪なし。
笠取小屋付近から上は日陰は凍結、日なたは雪なし。
午後は凍結が融けてぐちゃぐちゃ。
アイゼンは持参したが使用せず。
その他周辺情報毎度おなじみ、丹波山温泉のめこい湯(道の駅たばやまに併設)
http://www.nomekoiyu.com/
3時間600円

塩素臭しないし、割と空いてるし、
温度はぬるめでぼくが最も好きな温泉の一つ。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

作場平橋Pをスタート。9月以来です。他の車は1台も停まっていませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作場平橋Pをスタート。9月以来です。他の車は1台も停まっていませんでした。
2
9月に遡上した水干沢はすっかり冬支度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9月に遡上した水干沢はすっかり冬支度。
2
葉を落としたカラマツの樹と枝が万華鏡のように。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉を落としたカラマツの樹と枝が万華鏡のように。
1
静かな原生林の山道を歩きます。積雪はゼロ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな原生林の山道を歩きます。積雪はゼロ。
2
笠取小屋直下でようやく若干の雪が出てきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋直下でようやく若干の雪が出てきました
2
笠取小屋はこの日も元気に営業していました。将監小屋が無人になってしまった関係で、こちらを開ける期間が長くなっているのかもしれません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取小屋はこの日も元気に営業していました。将監小屋が無人になってしまった関係で、こちらを開ける期間が長くなっているのかもしれません。
2
雪はありますが、アイゼンを使用するほどではなく、午後には緩んでいました。トイレはバイオトイレできれいです。ありがとうございます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪はありますが、アイゼンを使用するほどではなく、午後には緩んでいました。トイレはバイオトイレできれいです。ありがとうございます。
2
さて、水干に向かって歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、水干に向かって歩きます。
3
水干。9月は作場平橋から水干沢をダイレクトに突き上げましたが、今回は登山道から。今回も残念ながら水は出ておらず。。。って冬だから当然ですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干。9月は作場平橋から水干沢をダイレクトに突き上げましたが、今回は登山道から。今回も残念ながら水は出ておらず。。。って冬だから当然ですが。
水干の上にある水神社。凄い傾斜部分に立っている祠ですが、このお山が人々の生活にとっていかに大事なものだったかが窺い知れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水干の上にある水神社。凄い傾斜部分に立っている祠ですが、このお山が人々の生活にとっていかに大事なものだったかが窺い知れます。
1
水神社から大菩薩方面。少し雲出てますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水神社から大菩薩方面。少し雲出てますね。
笠取山最高標高点(1,953m)ですが、ここは眺望があまりありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取山最高標高点(1,953m)ですが、ここは眺望があまりありません。
1
5分ほど西へ歩いたところに山梨百名山の標識があります。奥秩父主脈から白峰三山、北は谷川連峰まで一望。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分ほど西へ歩いたところに山梨百名山の標識があります。奥秩父主脈から白峰三山、北は谷川連峰まで一望。
4
大菩薩から丹沢まで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大菩薩から丹沢まで。
富士山はガッツリ笠雲。おそらく西風が吹き荒れていたはずです。しかし、夕方には抜けていきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山はガッツリ笠雲。おそらく西風が吹き荒れていたはずです。しかし、夕方には抜けていきました。
1
主脈の向こうに見えるは、雪景色の南ア、白峰三山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈の向こうに見えるは、雪景色の南ア、白峰三山。
1
一昨年は奥多摩駅からここまでやってきて、更に向こうに見える国師ヶ岳を越えて八ヶ岳の赤岳まで延々と歩きましたが、笠取ではあまり天気が良くなく、ここまで見渡せることが出来なかったので、爽快な気持ちでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一昨年は奥多摩駅からここまでやってきて、更に向こうに見える国師ヶ岳を越えて八ヶ岳の赤岳まで延々と歩きましたが、笠取ではあまり天気が良くなく、ここまで見渡せることが出来なかったので、爽快な気持ちでした。
1
笠取から降りてきました。いつ見てもこの登りはエグい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取から降りてきました。いつ見てもこの登りはエグい。
2
小さな分水嶺。多摩川と。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな分水嶺。多摩川と。。。
1
荒川と。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川と。。。
1
富士川がここで水路を分かちます。雨がどこに振るかで、注ぎ込む川、海が変わるのだから、不思議なものです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士川がここで水路を分かちます。雨がどこに振るかで、注ぎ込む川、海が変わるのだから、不思議なものです。
1
旧雁峠山荘。一昨年に訪ねた時と変わらず、森の中で土に還る日を待ち続けていました。
「土に還る山荘」
http://www.yamareco.com/modules/diary/19423-detail-81054
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧雁峠山荘。一昨年に訪ねた時と変わらず、森の中で土に還る日を待ち続けていました。
「土に還る山荘」
http://www.yamareco.com/modules/diary/19423-detail-81054
雁峠から見る奥秩父主脈の燕山と古礼山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠から見る奥秩父主脈の燕山と古礼山。
2
雁峠から国師方面。全然雪がありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠から国師方面。全然雪がありません。
1
雁峠から燕山への急登。雪が付いたらさぞ美しいんだろうなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠から燕山への急登。雪が付いたらさぞ美しいんだろうなあ。
1
雁峠から笠取。飛龍山とか笠取とか、竜喰山とか、雨にちなんだと思われる山名が多いのが、この山域の特徴です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁峠から笠取。飛龍山とか笠取とか、竜喰山とか、雨にちなんだと思われる山名が多いのが、この山域の特徴です。
地球は丸いんだなあと思わせられます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地球は丸いんだなあと思わせられます。
さて、旧雁峠山荘。元管理人の加藤司郎さんはお元気だろうか。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、旧雁峠山荘。元管理人の加藤司郎さんはお元気だろうか。。。
1
加藤さんが下のブドウ沢源流から水を引いてほとんど独力で作り上げた水場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加藤さんが下のブドウ沢源流から水を引いてほとんど独力で作り上げた水場。
1
山荘の裏口。手書きの看板がほっとさせてくれます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘の裏口。手書きの看板がほっとさせてくれます。
かつて使用していたと思われるドラム缶風呂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かつて使用していたと思われるドラム缶風呂。
そして手作りのトイレ。かつて毎週末、加藤さんは埼玉の自宅からここまで通って少しずつ小屋を再建し、季節問わず営業小屋として管理していました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして手作りのトイレ。かつて毎週末、加藤さんは埼玉の自宅からここまで通って少しずつ小屋を再建し、季節問わず営業小屋として管理していました。
さて、笠取小屋に戻ってヤマメシです。その前に、笠取小屋でドリップコーヒーを注文(200円!)。ご厚意でキットカットをくださいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、笠取小屋に戻ってヤマメシです。その前に、笠取小屋でドリップコーヒーを注文(200円!)。ご厚意でキットカットをくださいました。
今回はホットサンドを作るべく、材料と調理器具を上げました。まずはハムエッグを作ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はホットサンドを作るべく、材料と調理器具を上げました。まずはハムエッグを作ります。
1
次に、食パンにハムエッグとスライスチーズを挟み、ホットサンドメーカーにセットします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に、食パンにハムエッグとスライスチーズを挟み、ホットサンドメーカーにセットします。
出来上がり。熱伝導の優れた南部鉄器、美味しく焼き上がりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出来上がり。熱伝導の優れた南部鉄器、美味しく焼き上がりました。
2
笠取から作場平橋へ下山開始。南の空の雲が晴れ、大菩薩がきれいに見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠取から作場平橋へ下山開始。南の空の雲が晴れ、大菩薩がきれいに見えました。

感想/記録
by motch

2015年最後の登山は、
人があまり来なさそうで、
眺望もなかなか良い場所、
ということで、
奥秩父主脈の笠取を選びましたが、
予想通り、ほとんど誰とも会わない、
静かな静かな登山でした。

ヤマメシは、
重い南部鉄器のホットサンドメーカーを持ち込み、
笠取小屋の机をお借りして
前からやってみたかったホットサンドを作製。
さすがは熱伝導に優れた南部鉄器、
美味しく焼き上がりました。

2015年は沢登り中心の山行でした。
2016年から数年間は、
諸々の事情でそれほど頻繁にお山に行けなくなりますが、
心身の健康維持に留意し、
事故を起こさぬよう肝に銘じながら、
楽しくお山を歩き続けたいと思います。

皆さんも引き続きご安全に。
訪問者数:458人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ