ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 788431 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂高岳(涸沢岳西尾根より)

日程 2015年12月29日(火) 〜 2015年12月30日(水)
メンバー ANZN
天候【12月29日】
午前中はガス
午後から快晴

【12月30日】
快晴。稜線上はそこそこ風があった
気温 朝-15℃ 昼-10℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高温泉バスターミナル手前の、登山者用無料駐車場利用。
帰り際には9割方車で埋まっていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間40分
休憩
10分
合計
5時間50分
S新穂高温泉05:3007:30白出沢出合07:4011:202500m地点
2日目
山行
7時間55分
休憩
1時間25分
合計
9時間20分
2500m地点05:4006:40F沢のコル06:5008:00涸沢岳08:1009:00奥穂高岳09:1011:152500m地点12:0013:30白出沢出合13:4015:00新穂高温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【通行注意箇所】
蒲田富士への最後の急登(岩場を巻く箇所)
蒲田富士稜線のナイフリッジ
F沢のコルからルンゼの急な登り
穂高岳山荘から奥穂高方面に登る場所(岩場と雪壁)
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

右俣林道の歩き。トレースはしっかりあった。
2015年12月29日 07:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣林道の歩き。トレースはしっかりあった。
1
白出沢出合
2015年12月29日 07:29撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢出合
涸沢岳西尾根。トレースあり。雪は少ない。
2015年12月29日 07:42撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳西尾根。トレースあり。雪は少ない。
1
尾根下部には笹薮を漕いでいく場所が少しある。
2015年12月29日 07:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根下部には笹薮を漕いでいく場所が少しある。
29日の午前中はイマイチな天候。この後好天になる予報。
2015年12月29日 09:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
29日の午前中はイマイチな天候。この後好天になる予報。
太陽が出てきた。
2015年12月29日 10:01撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽が出てきた。
約2400mの幕営適地。年末だけあって登山者多い。テントが数張り。
2015年12月29日 10:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約2400mの幕営適地。年末だけあって登山者多い。テントが数張り。
2
幕営予定の約2500m地点。思ったよりもだいぶ早く到着してしまった。
2015年12月29日 11:16撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幕営予定の約2500m地点。思ったよりもだいぶ早く到着してしまった。
午後はのんびり過ごす。時間が余ったので、もっと上にテントを張っても良かったか。
2015年12月29日 15:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後はのんびり過ごす。時間が余ったので、もっと上にテントを張っても良かったか。
10
夕方。
2015年12月29日 16:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕方。
2
テントからの景色。
2015年12月29日 16:35撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントからの景色。
6
中岳が赤く夕陽色に染まった。
2015年12月29日 16:40撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳が赤く夕陽色に染まった。
8
翌朝。まだ暗いうちから出発。蒲田富士への最後の登り。
2015年12月30日 06:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。まだ暗いうちから出発。蒲田富士への最後の登り。
4
蒲田富士からの涸沢岳。
2015年12月30日 06:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒲田富士からの涸沢岳。
2
蒲田富士から笠ヶ岳方面。
2015年12月30日 06:30撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒲田富士から笠ヶ岳方面。
3
蒲田富士のナイフリッジ。
2015年12月30日 06:40撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒲田富士のナイフリッジ。
12
F沢のコル。
2015年12月30日 06:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F沢のコル。
5
ジャンダルム。
2015年12月30日 07:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム。
10
F沢のコルから急登を経て涸沢岳へ。
2015年12月30日 07:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F沢のコルから急登を経て涸沢岳へ。
5
涸沢岳への急登。
2015年12月30日 07:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳への急登。
1
北アルプスの夜明け。
2015年12月30日 07:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北アルプスの夜明け。
13
滝谷。
2015年12月30日 07:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝谷。
8
西穂〜奥穂間の稜線。
2015年12月30日 07:18撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂〜奥穂間の稜線。
11
今回も偽ピークに騙されながら涸沢岳の稜線を登る。
2015年12月30日 07:25撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も偽ピークに騙されながら涸沢岳の稜線を登る。
1
槍ヶ岳〜大キレット〜北穂。
2015年12月30日 07:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳〜大キレット〜北穂。
8
涸沢岳山頂が見えてきた。
2015年12月30日 07:45撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳山頂が見えてきた。
2
冷えた指先に嬉しい太陽の光。
2015年12月30日 07:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冷えた指先に嬉しい太陽の光。
6
常念。
2015年12月30日 07:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念。
11
涸沢岳の山頂近く。
2015年12月30日 07:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳の山頂近く。
5
涸沢岳の山頂近く。
2015年12月30日 07:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳の山頂近く。
4
涸沢を見下ろす。
2015年12月30日 07:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢を見下ろす。
5
涸沢岳山頂に到着。
2015年12月30日 07:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳山頂に到着。
9
涸沢岳山頂からの景色。
2015年12月30日 07:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳山頂からの景色。
12
奥穂方面。
2015年12月30日 07:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂方面。
7
涸沢岳から穂高岳山荘へ一旦下る。
2015年12月30日 08:00撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳から穂高岳山荘へ一旦下る。
6
穂高岳山荘。冬季避難小屋あり。
2015年12月30日 08:07撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘。冬季避難小屋あり。
4
白出のコルから奥穂への登り。
2015年12月30日 08:09撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出のコルから奥穂への登り。
7
奥穂の稜線歩き。
2015年12月30日 08:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂の稜線歩き。
1
奥穂高岳山頂。
2015年12月30日 08:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂。
12
前穂方面。
2015年12月30日 08:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂方面。
2
ジャンダルム。
2015年12月30日 08:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム。
7
御嶽、乗鞍。
2015年12月30日 08:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽、乗鞍。
7
手袋したままでも食べられる柿の種。安くて口が広いVolvicのペットボトル愛用。
2015年12月30日 09:37撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手袋したままでも食べられる柿の種。安くて口が広いVolvicのペットボトル愛用。
10
帰り道の笠ヶ岳。
2015年12月30日 10:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道の笠ヶ岳。
4
蒲田富士方面への下り道。
2015年12月30日 10:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒲田富士方面への下り道。
3
F沢のコルと蒲田富士。
2015年12月30日 10:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F沢のコルと蒲田富士。
1
蒲田富士稜線。
2015年12月30日 10:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蒲田富士稜線。
7
涸沢岳。
2015年12月30日 10:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳。
1
奥穂〜ジャンダルム。
2015年12月30日 10:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂〜ジャンダルム。
5
悪天時直進してしまいそうな尾根。マーキングを残しているパーティも。
2015年12月30日 11:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
悪天時直進してしまいそうな尾根。マーキングを残しているパーティも。
3
テン場まで戻ってきた。思ったよりもかなり早いペースだったので、その日のうちに下山することに決めた。
2015年12月30日 11:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場まで戻ってきた。思ったよりもかなり早いペースだったので、その日のうちに下山することに決めた。
4
白出沢出合。
2015年12月30日 13:34撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白出沢出合。
穂高平小屋。
2015年12月30日 14:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高平小屋。
2
新穂高温泉付近からの笠ヶ岳方面。
2015年12月30日 14:46撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高温泉付近からの笠ヶ岳方面。
5
新穂高温泉ビジターセンター。
2015年12月30日 15:04撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新穂高温泉ビジターセンター。
7
撮影機材:

感想/記録
by ANZN

前日のうちに新穂高温泉の駐車場に到着。新穂高温泉の登山者用駐車場には、さすが年末だけあって想像以上の車があった。
登山初日は約2500mの森林限界手前で幕営の予定。冬季の北アルプスは深雪を黙々とラッセルするイメージがあったので、目的地に到着できるよう暗いうちから出発した。
ところが右俣林道〜涸沢岳西尾根にはしっかりとしたトレースあり。驚くほど楽に登れ、11:20ごろに目的としていた約2500mの幕営地点に到着した。
朝のうちは雪が降っていたが、予想天気図を見る限り翌日の30日が最高の登頂日になりそうなので不安は無し。昼に近づくにつれ、思ったとおり天気は好天に向かっていった。
この調子だったら1日で穂高岳山荘まで行けそうだったが、登頂日を30日に設定して奥穂ピストンの計画なので、急ぎ過ぎてもあまり意味はない。結局その日の昼頃には2500mの森林限界手前にテントを張り終え、後はずっとダラダラと過ごした。

12月30日、4:30には目が覚めたが、あまり早く出発しすぎても寒いのでゆっくりと出発の準備を開始。ただ、あまりテントの中にいてもやる事が無いので、5:40には幕営地点を後にした。
昨日10人以上奥穂を目指した登山者がいるらしく、トレースは明瞭。登頂用の軽量装備だったので、軽快に高度を稼げた。
森林限界〜F沢のコルから涸沢岳への急登の途中までは風はあっても弱かった。
涸沢岳の稜線に至る頃には風は強くなり、-15℃程の気温と相まってかなり寒い。
だが寒風に吹き晒されたとしても、足元には前日の登山者が残したトレースがあり、上を見上げると空には雲ひとつ見当たらない。冬の穂高にしてはかなりマイルドな条件だ。寒いのはちょっと我慢し、尾根から落ちないようにバランスをとって歩くだけである。

涸沢岳山頂から穂高岳山荘のある白出のコルへと下り、風を避けられる場所で休憩を取った。
白出のコルから奥穂への登りでは、岩場のハシゴや鎖は問題なく使えた。岩場の次には急な雪壁を登ると後は奥穂山頂まで淡々と歩くのみ。
登山者の姿は幾人か見かけたが、奥穂山頂には人影はなく山頂を独占できた。だが、風が強くのんびりと登頂の余韻に浸る気分にもなれなかったので早々に下山開始。

白出のコル手前にある雪壁の雪質は問題なかったが、どうもあそこの下りは苦手でいつも緊張する。その地点を抜けて、白出のコルでホッと一息。次々と登山者が登ってきていた。結局29日、30日とそれぞれ10人以上の登山者が奥穂高岳の山頂を踏んでいるようだ。年末の穂高がここまで賑やかだとは知らなかった。

白出のコルから涸沢岳へ一旦登り返し、それから涸沢岳西尾根を下る。下りも快調で11:15と予想よりかなり早くテントに戻ってきた。元々の計画では、奥穂登頂後は疲れてフラフラになりながらテント転がり込んで、尾根上でもう一泊して翌日ゆっくりと下山する予定であった。しかし、そんなにも疲れていなかったし、町で何かうまいものを食べたい気分だったので、テントを畳んでその日のうちに下山することに決定した。
涸沢岳西尾根の森林限界手前から新穂高温泉までは3時間ぐらいだった。

一応は冬の奥穂高岳を登頂したことになったが、自分でラッセルもルートファインディングもせず、天気のいい日に他人がつけてくれたトレースをたどって登っただけなので、冬の八ヶ岳にでも登ったような達成感だった。
天気は良かったので景色は本当に素晴らしかった。
訪問者数:1461人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ