ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 788640 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走道東・知床

雄阿寒岳 敗退2日後の再挑戦

日程 2016年01月01日(金) [日帰り]
メンバー Gajin
天候晴後曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
滝口より。国道すぐに数台置ける駐車スペース。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間21分
休憩
9分
合計
7時間30分
S滝口登山口07:1010:30「5合目」1200m台地11:001300m 火口縁11:25雄阿寒岳11:3212:21五合目12:2213:33二合目13:3414:40滝口登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
GPSは、登りの1300m付近から記録を開始。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

これは2日前、12/30の「五合目」1200m台地からの山頂部。550mから上はトレースなし、ここまでで4.5h、撤退を決定。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは2日前、12/30の「五合目」1200m台地からの山頂部。550mから上はトレースなし、ここまでで4.5h、撤退を決定。
2
好天、大展望。雌阿寒、海、道東の平原。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
好天、大展望。雌阿寒、海、道東の平原。
2
西に大雪山系。頂上から眺めたかった。残念無念。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西に大雪山系。頂上から眺めたかった。残念無念。
2
翌12/31、双岳台より正面に雄阿寒。やはり登りたい。自分のトレースを追えば登れるはず。元日の再挑戦を決心。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌12/31、双岳台より正面に雄阿寒。やはり登りたい。自分のトレースを追えば登れるはず。元日の再挑戦を決心。
2
改めて自分のトレースを追う。550mから右手の尾根を直登。一昨日と同様にワカン。以後山頂までワカンのみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて自分のトレースを追う。550mから右手の尾根を直登。一昨日と同様にワカン。以後山頂までワカンのみ。
1
間もなく「あと4500m」看板のあたりに出る。やはりトレースあると楽。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく「あと4500m」看板のあたりに出る。やはりトレースあると楽。
1
1合目。12/31に2人入山したようだ。スノーシューさんとツボ足さん。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1合目。12/31に2人入山したようだ。スノーシューさんとツボ足さん。
1
2合目。自分のとあわせて計3人分のしっかりしたトレースを淡々と追う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2合目。自分のとあわせて計3人分のしっかりしたトレースを淡々と追う。
1
3合目。この先でツボ足さんは引き返したようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3合目。この先でツボ足さんは引き返したようだ。
1
再びの1200m台地。遠く海が輝く。朝はまさに快晴だったのに、上にガスがかかってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びの1200m台地。遠く海が輝く。朝はまさに快晴だったのに、上にガスがかかってきた。
1
ここからは未踏だが、今日はスノーシューさんのトレースあり。遠慮なく使わせてもらう。1300mの火口縁?まで低木の疎林を直登。所々ハイマツを踏み抜く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは未踏だが、今日はスノーシューさんのトレースあり。遠慮なく使わせてもらう。1300mの火口縁?まで低木の疎林を直登。所々ハイマツを踏み抜く。
1
山頂直下。火口縁からほぼ低木も無くなり、所々岩まじりのクラストした雪稜をアップダウン。八ヶ岳の硫黄岳直下に似ているか。風が強まりシェルを着るが手が冷たい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下。火口縁からほぼ低木も無くなり、所々岩まじりのクラストした雪稜をアップダウン。八ヶ岳の硫黄岳直下に似ているか。風が強まりシェルを着るが手が冷たい。
1
山頂。この日はワカンの爪がよく効き、アイゼンもピッケルも使わず。昨日のスノーシューさんもここまで履きっぱなし。ただ特に横風の強い9合目のコルで、一瞬ストックでは不安を感じた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。この日はワカンの爪がよく効き、アイゼンもピッケルも使わず。昨日のスノーシューさんもここまで履きっぱなし。ただ特に横風の強い9合目のコルで、一瞬ストックでは不安を感じた。
8
パンケトー、ペンケトー。山頂付近だけ黒雲。風速は最大でもせいぜい十数mだが、妙な圧迫感。気温が低いせいか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パンケトー、ペンケトー。山頂付近だけ黒雲。風速は最大でもせいぜい十数mだが、妙な圧迫感。気温が低いせいか。
3
火口の対岸を見る。左手の尾根を歩いてきた。来た道を戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火口の対岸を見る。左手の尾根を歩いてきた。来た道を戻る。
3
「八合目」の観測所跡。ここに常駐とは・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「八合目」の観測所跡。ここに常駐とは・・・
2
観測所跡から山頂方面。良い雪山を歩けた。感謝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観測所跡から山頂方面。良い雪山を歩けた。感謝。
2
1200m台地の二子山?に向け、樹林帯に戻っていく。一安心。奥は阿寒湖とスキー場。なお火口縁は目標物が乏しく、トレースも風ですぐ消えるため、ホワイトアウト時は危険。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1200m台地の二子山?に向け、樹林帯に戻っていく。一安心。奥は阿寒湖とスキー場。なお火口縁は目標物が乏しく、トレースも風ですぐ消えるため、ホワイトアウト時は危険。
2
1200m台地から山頂方面を振り返る。タッチの差でガスの中。GPSに頼らずに済んだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1200m台地から山頂方面を振り返る。タッチの差でガスの中。GPSに頼らずに済んだ。
1
あとは淡々と降りていく。ルート選択は基本的に夏道の赤テープ(少ない)やそれらしき地形を追ったが、不明な個所は適宜直登した。ここは最も急だった斜面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あとは淡々と降りていく。ルート選択は基本的に夏道の赤テープ(少ない)やそれらしき地形を追ったが、不明な個所は適宜直登した。ここは最も急だった斜面。
1
私がワカンのハの字や横歩きで登降した斜面を、驚いたことにスノーシューさんは登りも下りも直進している。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私がワカンのハの字や横歩きで登降した斜面を、驚いたことにスノーシューさんは登りも下りも直進している。
1
高さ2mぐらいの樹皮が新たに剥がされている。エゾシカか、でかい。ヒグマはもう冬眠している、はずだよな・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高さ2mぐらいの樹皮が新たに剥がされている。エゾシカか、でかい。ヒグマはもう冬眠している、はずだよな・・・
動物の気配の多い山。キツツキを多く見た。麓の黒っぽい大きいのは、ハンマーのような野太い音を響かせる。1000m付近にも黄色味がかった白っぽい小さいキツツキ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物の気配の多い山。キツツキを多く見た。麓の黒っぽい大きいのは、ハンマーのような野太い音を響かせる。1000m付近にも黄色味がかった白っぽい小さいキツツキ。
1
淡々と降りていく。二合目。このあたりから下は鹿のトレースや糞が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
淡々と降りていく。二合目。このあたりから下は鹿のトレースや糞が多い。
1
人間のではなく、鹿のトレース。本州のと同種とは信じられない図太い足跡。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人間のではなく、鹿のトレース。本州のと同種とは信じられない図太い足跡。
1
次郎湖に帰ってきた。一昨日は気づかなかったが、樹間の湖面に大きな白鳥が数羽。大声で鳴き交わしている。次郎湖周辺まではトレースがあったのは、バードウォッチャーだったか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次郎湖に帰ってきた。一昨日は気づかなかったが、樹間の湖面に大きな白鳥が数羽。大声で鳴き交わしている。次郎湖周辺まではトレースがあったのは、バードウォッチャーだったか。
1
太郎湖。次郎湖には氷がなかったが、太郎湖は一部凍っている。次郎湖かららしき伏流が流れ込む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太郎湖。次郎湖には氷がなかったが、太郎湖は一部凍っている。次郎湖かららしき伏流が流れ込む。
1
阿寒湖の東端。2日前よりも目に見えて氷結が進んだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿寒湖の東端。2日前よりも目に見えて氷結が進んだ。
1
滝口P近くのポスト。中はカラ。登山届ポストではないように見える。他に滝口Pにポストはなし。届を出したい人は、例えばここに置き、下山時に自分のを回収するのが良いのだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝口P近くのポスト。中はカラ。登山届ポストではないように見える。他に滝口Pにポストはなし。届を出したい人は、例えばここに置き、下山時に自分のを回収するのが良いのだろうか?
1
滝口Pに帰ってきた。雄阿寒山頂はガスの中。この日も誰にも会わず、入山者は私一人だったようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝口Pに帰ってきた。雄阿寒山頂はガスの中。この日も誰にも会わず、入山者は私一人だったようだ。
1
滝口Pのトイレは冬季は使用しないほうがよいだろう。車で数分西進すると、セイコーマートの建物のバスセンターのトイレが借りられる。東寄りの斜向かいのセブンイレブンは24h。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝口Pのトイレは冬季は使用しないほうがよいだろう。車で数分西進すると、セイコーマートの建物のバスセンターのトイレが借りられる。東寄りの斜向かいのセブンイレブンは24h。
2

感想/記録
by Gajin

12/30に敗退したものの、再挑戦でやっと登頂できました。
二日とも誰にも会わず、入山者は私だけだったようです。
周囲からよく見え、非常に登高欲をかきたてられる山ですが・・・。
計画される方は、ラッセルを想定されるとよいと思います。
訪問者数:325人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ