ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789236 全員に公開 雪山ハイキング支笏・洞爺

イチャンコッペ山

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー umasan, その他メンバー1人
天候晴れ→雪(稜線は強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 幌美内駐車場は,駐車ゼロ。漁岳への林道入口は除雪されていないせいかゼロ。オコタンペ湖への駐車スペースもゼロ。紋別岳や樽前山等々はどうっだたのだろう?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間31分
休憩
11分
合計
3時間42分
S幌美内展望台10:4010:44イチャンコッペ山登山口12:17反射板塔12:2212:44イチャンコッペ山12:4713:06反射板塔14:16イチャンコッペ山登山口14:1814:20幌美内展望台14:2114:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 11月16日以来の山行。もう完全に鈍りきっているので,とりあえず作業道歩きの紋別岳を目指すが,途中のイチャンコッペの幌美内Pには駐車ゼロ。即座にPに滑り込みイチャンコッペ山へ変更。

 イチャンコッペ山へは約3年振り。反射板が無くなって初めての山行。雪は少なめだが,せっかく持ってきたので下から相方はスノーシュー。自分はワカンで登り始める。登山道はほんと,薄っすら雪が着いている感じで,ツボ足の方が登り易いのは分かっているが外すのも面倒で,登るにつれ雪も深くなると思い,そのままで山頂まで行ったが,下りの旧反射板から少し下ったところで煩わしくなったスノーシューとワカンを外してザックにしばりツボ足で下りて来た。結構な人数も入っているようで登山道を外さなければ埋まる心配もない。ほぼ夏道を忠実に辿っての山行だった。

 鈍った身体は,幌平山のトラバース辺りから足が重くなって相方に遅れをとるようになり,途中で待っててもらうが再スタートするも直ぐに引き離され,また待ってもらうの繰り返しだった。結構な疲労感を覚えたが久しぶりに良い運動をした。

 天気はイマイチだろうと想定していたところ意外にもスタート時は,ちょうどイチャンコッペ周辺のみ晴れていて爽快な登りだったが,旧反射板手前から強風となって時折,地吹雪…。でも山頂まで自分らの周辺は晴天。下りは残念ながら雪。気温は山頂で0℃。風が無ければポカポカ陽気の山行となったのだが…。まあ仕方ない。

 自分はジャケットも帽子も要らないくらいで,手袋も薄手1枚で通せた。横から吹き付ける雪が耳に入って辛かったが…。
その他周辺情報 下山後は,支笏湖休暇村へ「@620円(ぶんぶんクラブで100円引)」
 支笏湖休暇村は客室等々改装中のよう。浴室のシャワーカランが新しくなっていたり,脱衣室ロッカーが鍵付きになっていた。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

幌美内駐車場は,登山者も観光の車も全く無し。紋別岳は止めにしてイチャンコッペ山に変更。
2016年01月02日 10:34撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幌美内駐車場は,登山者も観光の車も全く無し。紋別岳は止めにしてイチャンコッペ山に変更。
3
幌美内駐車場から支笏湖と風不死岳,樽前山。
2016年01月02日 10:35撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幌美内駐車場から支笏湖と風不死岳,樽前山。
幌美内駐車場の歩道でスノーシュー,ワカンを履いて
2016年01月02日 10:42撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幌美内駐車場の歩道でスノーシュー,ワカンを履いて
1
登山届をして
2016年01月02日 10:43撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山届をして
2
スタート。雪は少なく,ツボ足が良さ気な感じ。でも,外すのが面倒で…。
2016年01月02日 10:47撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スタート。雪は少なく,ツボ足が良さ気な感じ。でも,外すのが面倒で…。
1
急登の途中から右後ろに紋別岳。
2016年01月02日 10:51撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の途中から右後ろに紋別岳。
左後ろには風不死岳,樽前山。
2016年01月02日 11:08撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左後ろには風不死岳,樽前山。
4
右手には614m峰。
2016年01月02日 11:10撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には614m峰。
高度が上がるとイチャンコッペ旧反射板の1こぶ目のピークが見えてくる。
2016年01月02日 11:16撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が上がるとイチャンコッペ旧反射板の1こぶ目のピークが見えてくる。
樹木が少なくなって来ると,
2016年01月02日 11:17撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木が少なくなって来ると,
幌平山のトラバース。
2016年01月02日 11:21撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幌平山のトラバース。
2
左手は,幌平山方向。
2016年01月02日 11:22撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手は,幌平山方向。
1
右手は,支笏湖。風不死岳はガスの中。
2016年01月02日 11:27撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手は,支笏湖。風不死岳はガスの中。
3
この辺りから足が重くなって
2016年01月02日 11:28撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから足が重くなって
1
相方に,どんどん離されて行くが,
2016年01月02日 11:32撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相方に,どんどん離されて行くが,
1
あまりに遅いので,途中で待っててくれる。
2016年01月02日 11:35撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりに遅いので,途中で待っててくれる。
3
赤エゾマツ帯を過ぎ,
2016年01月02日 11:37撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤エゾマツ帯を過ぎ,
1
旧反射板峰が近くなってきた。
2016年01月02日 11:45撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧反射板峰が近くなってきた。
1
相方はスノーシュー。自分はワカン。
2016年01月02日 11:59撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相方はスノーシュー。自分はワカン。
4
旧反射板への
2016年01月02日 12:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧反射板への
急登を登って,風が出はじめた
2016年01月02日 12:10撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を登って,風が出はじめた
若干の雪庇を越え
2016年01月02日 12:12撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干の雪庇を越え
稜線へ。
2016年01月02日 12:14撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線へ。
2
寒くなったのでジャケットを着る。
2016年01月02日 12:15撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒くなったのでジャケットを着る。
5
稜線の肩から紋別岳方向と,
2016年01月02日 12:15撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線の肩から紋別岳方向と,
1
恵庭岳方向。
2016年01月02日 12:16撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵庭岳方向。
1
進んで行く旧反射板方向は強風…。
2016年01月02日 12:20撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んで行く旧反射板方向は強風…。
5
旧反射板から登って来た方向。
2016年01月02日 12:24撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧反射板から登って来た方向。
6
旧反射板から紋別岳方向。
2016年01月02日 12:24撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧反射板から紋別岳方向。
2
稜線を
2016年01月02日 12:24撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線を
1
イチャンコッペ本峰へ。
2016年01月02日 12:32撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチャンコッペ本峰へ。
1
最後を登り切って
2016年01月02日 12:44撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後を登り切って
山頂の広場に着くも標識を見落とした相方は,どんどん進んで行く。
2016年01月02日 12:47撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の広場に着くも標識を見落とした相方は,どんどん進んで行く。
3
遅れて着いた自分は右手に標識を見付け,相方を呼び戻して,山頂に到着。
2016年01月02日 12:49撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遅れて着いた自分は右手に標識を見付け,相方を呼び戻して,山頂に到着。
8
イチャンコッペ山の標識。ポールは強風で倒れて行く。晴れていれば後ろには恵庭岳。
2016年01月02日 12:50撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イチャンコッペ山の標識。ポールは強風で倒れて行く。晴れていれば後ろには恵庭岳。
6
風も強く寒いので,早々に下ることに。
2016年01月02日 12:51撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風も強く寒いので,早々に下ることに。
登って来た方向も
2016年01月02日 12:53撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た方向も
後ろのイチャンコッペも雪に呑まれて行くが,
2016年01月02日 13:03撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろのイチャンコッペも雪に呑まれて行くが,
1
太陽は薄ぼんやり,ずっと見えていた。
2016年01月02日 13:06撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽は薄ぼんやり,ずっと見えていた。
2
旧反射板から支笏湖に向かって少し下ったところで,スノーシューとワカンを外して,後はツボ足で問題無かった。
2016年01月02日 13:10撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧反射板から支笏湖に向かって少し下ったところで,スノーシューとワカンを外して,後はツボ足で問題無かった。
1
支笏湖休暇村から帰路途中の風不死岳と樽前山。支笏湖周りは晴天に。帰り着いた札幌は雪→みぞれに。
2016年01月02日 15:58撮影 by Canon EOS M, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支笏湖休暇村から帰路途中の風不死岳と樽前山。支笏湖周りは晴天に。帰り着いた札幌は雪→みぞれに。
4
撮影機材:
訪問者数:359人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ