ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789263 全員に公開 山滑走北陸

八海山 大日岳

日程 2015年12月30日(水) [日帰り]
メンバー hayawatapakuminYSHR, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

03:50 日大セミナーハウス
13:20 大日岳
15:30 日大セミナーハウス
その他周辺情報下山後の温泉と食事はゆ〜パーク薬師
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

昨晩からしんしんと雪が降り続いていた。猛烈ラッセル。
2015年12月30日 08:44撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨晩からしんしんと雪が降り続いていた。猛烈ラッセル。
5
山頂が見えねー。
2015年12月30日 10:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂が見えねー。
2
これあかんやつや。
2015年12月30日 11:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これあかんやつや。
3
一瞬の晴れ間。
2015年12月30日 11:57撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一瞬の晴れ間。
8
あの岩の向こうなんだけど…。
2015年12月30日 12:23撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あの岩の向こうなんだけど…。
2
最後はよじのぼり。
2015年12月30日 13:11撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後はよじのぼり。
3
えー、これ滑るのー。
2015年12月30日 13:47撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
えー、これ滑るのー。
4
大魔人さんGO。
2015年12月30日 13:48撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大魔人さんGO。
6
先生あっという間に見えなくなる。
2015年12月30日 14:08撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先生あっという間に見えなくなる。
6
あんちゃんも飛び込んでゆく。
2015年12月30日 14:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あんちゃんも飛び込んでゆく。
9
ビビる僕。
2015年12月30日 14:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビビる僕。
9
下山したら晴れた。
2015年12月30日 15:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山したら晴れた。
3

感想/記録

魔人軍団の年末年始山スキー合宿に参加させていただくことになった。
前日夜に到着した時点でものすごい降雪で明日の激ラッセル&激パウが約束される。
出発。先生に借りたヘルベントでラッセルを試みる。雪が深い。重い。
スーパーファットでもこんなに沈むのか。北海道の雪とは全く違う。これが北陸の雪か。
4人でガンガン回して尾根に出れば藪藪藪。
これを滑ってくなんて正気じゃないと思った。もう帰りたかった。
頂上直下はアイゼン履いて岩登り。みんなスキーを担いで登る。デポの選択は無かった。

山頂から際どい壁みたいな斜面を滑降する。凍っていなけりゃ楽勝らしい。
僕もスキーで降りてみると意外といけた。これがスキーの力か。
後はガンガン尾根を飛ばして藪地帯へ。ここでみんな先に行ってしまう。
僕にとっては試練の下りだった。何回雪を食ったかわからない。
初日から11時間行動。平面往復11kmくらいだし楽勝だろうと思っていたら
普通に完全燃焼系だった。生きててよかった…。
訪問者数:764人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ