ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789302 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

長者ヶ岳〜毛無山※同日同場所で2015.1.2のリベンジマッチ

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー drunk
天候晴れ一時ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士宮市「田貫湖」湖畔駐車スペース
東名「富士IC」からR139→「上井出IC」下車し、「白糸滝」を目指す。
その後R414を経由すると案内看板がある。
※ナビ設定は不明だが、休暇村で行けると思います
 休暇村富士HP
http://www.qkamura.or.jp/fuji/

道路状況:R139は、降雪、凍結なし(ノーマルで問題ないと思います)

駐車スペース:無料

トイレ:田貫湖にはありますが、事前に済ませるのが良い
    登山口及び登山道にはありません

コンビニ:R139上に数件あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間58分
休憩
31分
合計
11時間29分
S田貫湖畔駐車場05:5206:39休暇村分岐06:4507:36長者ヶ岳07:3708:34天狗岳08:3909:43熊森山09:4510:07猪之頭峠10:1010:49雪見岳10:5011:19金山11:2011:35地蔵峠11:44第二地蔵峠11:4812:53毛無山(天子山地)12:5413:13毛無山13:1413:24毛無山(天子山地)13:2814:26毛無山五合目15:28毛無山駐車場15:3015:35麓 トイレ15:46毛無山臨時駐車場17:21田貫湖畔駐車場17:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山行歩行時間=11間30分(標準時間=11時間55分+駐車場への移動時間)
歩行距離=39.33km
標高差=1,329m
平均速度=3.42km/H
※全てGPSログより
 GPSログは長めに表記されているので、参考程度として下さい。
 データの間引きは1,000P以下にしています。
 (NV-U37使用:NMEA形式で記録後、フリーソフトでGPX形式に変換)
コース状況/
危険箇所等
1.田貫湖から「長者ヶ岳」の登山道は整備されています
 凍結&積雪はありません
2.長者ヶ岳から天狗岳間は、基本尾根歩きです
3.天狗岳から熊森山間は、急勾配のアップダウンあり+登山道は荒れています
4.熊森山から雪見岳間も同様
5.金山から地蔵峠間も同様
6.地蔵峠以降は、登り一辺倒になります
7.山梨百名山「毛無山」標柱以降は、小さいアップダウンがあり
 また薄い積雪あり
8.今回の毛無山からの下山ルートは、ロープ、急勾配、等々あります
 枯葉の下に石があったりして、やっかいです
9.全体的にトレースはしっかりしています
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヒートテックTシャツ 長袖シャツ アンダータイツ ノマドジャケット ノマドパンツ 靴下 帽子(ニット帽) 手袋(冬用) ストームクルーザー(ジャケット+パンツは未使用) 着替え ザック ザックカバー スパッツ ダブルストック 行動食(SOYJOY×1+おにぎり×2+パン×1) 非常食(ビタミン剤+ドライフード) 飲料(スポーツドリンク×2+山専ボトル500mL) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池(GPS+ デジカメ用) GPS ファーストエイドキット 常備薬(痛み止め) 日焼け止め リップ ロールペーパー 保険証(コピー) 携帯 タオル ツェルト 浄水ストロー(常備) 万能ナイフ(常備) カメラ(コンデジ+ミラーレス) エクストラクターポイズンリムーバー(常備) パラコード(予備30m) ホッカイロ(常備) ネックウォーマー(常備) ウルトラライトダウン(常備) 熊鈴×2(常備)

写真

長者ヶ岳登山口。まだ暗いですが、5:54 やや遅れ気味のスタートです。で、こいつがあとに響きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長者ヶ岳登山口。まだ暗いですが、5:54 やや遅れ気味のスタートです。で、こいつがあとに響きます。
1
展望台からの富士山、今回は絞りを変えたり色々チャレンジしてみました。なので同じカットが多数あります。m(_ _)m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台からの富士山、今回は絞りを変えたり色々チャレンジしてみました。なので同じカットが多数あります。m(_ _)m
3
長者ヶ岳山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長者ヶ岳山頂
2
そこからの富士山。本日は早朝はガス気味でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからの富士山。本日は早朝はガス気味でした。
3
反対側からは南アルプスが見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側からは南アルプスが見えます
4
熊森山が近づくと、熊の爪痕が増えてきます。熊は冬眠中と思いますが、周辺には獣の気配がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊森山が近づくと、熊の爪痕が増えてきます。熊は冬眠中と思いますが、周辺には獣の気配がありました。
2
新しい山頂看板……ですが、破損しています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい山頂看板……ですが、破損しています
1
これは以前からある熊森山の案内板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは以前からある熊森山の案内板
1
熊森山から猪の頭峠に向かう途中から
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊森山から猪の頭峠に向かう途中から
1
これから向かうであろう毛無山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かうであろう毛無山
1
で、その登山道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、その登山道
1
そこからの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そこからの富士山
2
毛無山山頂、でも最高点ではありません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無山山頂、でも最高点ではありません。
1
毛無山山頂からのり富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無山山頂からのり富士山
1
毛無山山頂から少し先に進んだ所からの富士山。ここからの方が眺望は良いですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛無山山頂から少し先に進んだ所からの富士山。ここからの方が眺望は良いですね。
1
で、歩いてきただろう山脈
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、歩いてきただろう山脈
1
ここが「毛無山」最高点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが「毛無山」最高点
1
「大見岳」とあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「大見岳」とあります。
1
南アルプス展望台から。但し表示は「北アルプス展望台」となっております。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス展望台から。但し表示は「北アルプス展望台」となっております。
2
富士山展望台?から、下山途中にありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山展望台?から、下山途中にありました。
5
これは2011.7.10に撮影した、同場所からの富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは2011.7.10に撮影した、同場所からの富士山
1
富士養鱒場からだと思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士養鱒場からだと思います
3
本日のお供、薩摩焼酎「田苑」( ̄0 ̄)ノ口ウィ〜ッもう1杯!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日のお供、薩摩焼酎「田苑」( ̄0 ̄)ノ口ウィ〜ッもう1杯!!
2

感想/記録
by drunk

2016年1月2日(土)
2016年度初山行は、昨年訪れた同日同場所へのリベンジとなった。
そしてそれは、過去最高歩数と最高山行時間を生み出したのである。
ま、意図して生み出した訳ではありませんが……(-。-)ボソッ

最高歩数の主な理由は、
下山後に、車の回収に向かう為のバスが無かった事。
次のバスを待つより現地着が早くなるとの理由で、
結局移動を徒歩にした事です。
これは昨年末の歩きから、
一般道歩きの10km未満であれば、2H程度との意識が芽生えたためです。

さて、2015年度は、自分が設定した目標に縛られた1年でもありました。
なので、2016年度の目標は甘い設定とし、
少なからずエンジョイトレイルにしようと決めていた。
だがっ!!!!!!!!!!!!!!
年の初山行ともなれば、それなりにせねば心も身体も納得するものではない。
そして思い浮かんだのが、2015.1.2 の毛無山撤退だった。

でもね、な〜〜〜んか、テンション上がんないんだよね。
本当は雪山狙いだもんね……。(-。-)ボソッ
結局、天気との兼ね合いで仕方なく設定した感が強い
長者ヶ岳からの縦走が確定したと言う訳で……。

と言う訳で、出発がかなり遅れてしまい、
帰りのバスにも乗れずと言う次第です。

さて、田貫湖畔に到着したのは、それでもまだ真っ暗い中。
そして登山開始も同様です。
午前中は曇り予報でしたが、朝焼けの富士山など、結構楽しめました。
もっとも、年初の目標としては、一富士、二鷹、三茄子の富士なので、
目標の1つは達成となりました。

長者ヶ岳までは全く問題ない登山道です。
その後もトレースはしっかりしています。
ただ、全体的に多少荒れているのと、急勾配が続きますが、
破線表示の登山道としては、十二ヶ岳の方が危険と思います。
とは言え、かなりアップダウンがあるので、途中久し振りに膝にきました。

山梨百名山の標柱がある、毛無山からは、最高地点を目指して更に進みます。
そして「大見岳=1,964m」を発見しました。
過去数回訪れているルートですが、
最高点をしっかり確認したのは初めてかもしれません。
で、最高点をゲットしたあとは、毛無山に戻り下山します。

ただ毛無山からの下山は、なんかイラつきました。
まあゴロゴロした石の影響があり、
スピードも出せず、疲れと共に安全を意識したので
下山はつまらないものになりました。
ついでに、バスも1H以上の待ちとなり、歩く事に……。(-。-)ボソッ

ヘッデン点灯でスタートした今回の登山、
帰路もヘッデン点灯となりました。
訪問者数:512人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/4/27
投稿数: 1394
2016/1/3 20:10
 明けましておめでとうございます
最初から、すごい勢いですね〜笑

タイトルを読んで、私も知ってる長者ケ岳♪
じゃあ、のんびり登山なんだ〜と思っていましたが、さすがです。
富士山の写真がいっぱい♡
楽しませていただきました♪
お疲れ様でした!
登録日: 2012/3/4
投稿数: 371
2016/1/3 21:34
 Re: 明けましておめでとうございます
ado-yo さん、明けましておめでとうございます。
今回のプランは出発直前、と言うか移動中迄悩み続けて辿り着いた山です。
のんびりと、長者ヶ岳〜天子ヶ岳にしようかとも思いましたが、
リベンジもあるしな〜、と長丁場になってしまいました。
なので、年末年始はこれで終わりです。
(流石に疲労困憊です)
登録日: 2013/11/25
投稿数: 921
2016/1/4 19:29
 明けましておめでとうございます(≧▽≦)
登り初めですね✨1年の初めにたっぷり富士山でご利益ありそうです(´艸`*)✨特に朝焼けの富士山きれいですねっ!!カメラの絞りでこんなに印象を変えられるのですねっ(^^♪個人的には4枚目や14枚目、16枚目の色合いが特にお空と富士山の色合いが好みでした✨夕暮れの富士山はまさに赤富士ですねっ♬
熊さんの爪痕ってこんな感じなんですね(ー_ー)!!ぞぞぞっ!!実際の写真を見るとその激しさがリアルにわかりますね〜〜〜💦
新年スタートからまさかの最高記録続出✨のスタートになりましたねっ(^o^)/約半日の登山!!!お疲れさまでした♬
登録日: 2012/3/4
投稿数: 371
2016/1/4 21:37
 Re: 明けましておめでとうございます(≧▽≦)
chi-sukeさん、明けましておめでとうございます。
まさか初山行がこんなにハードになるとは思っていませんでした。
途中かなり凹んでいましたが、2年続きでリタイヤは出来ずと、
意地だけで歩きました。
なお、このルートは本当に熊が出没するらしいので、夏場は要注意ですよ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス テン 撤退 山行 ヘッデン 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ