ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789366 全員に公開 雪山ハイキング塩見・赤石・聖

笹山(大鹿村)

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー TYS, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大鹿村 青いケシ栽培農場、中村農園を過ぎて
冬期通行止めゲートまで乗り入れ可能
(道路 積雪の状況による)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間1分
休憩
4分
合計
7時間5分
Sスタート地点09:1013:22笹山13:2615:12GPS 強制停止 16:15林道へ復帰G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ログの最後は電池切れが近かったので、強制終了させました。
記載ルートは途中までです。 

写真

冬期通行止めゲート
2016年01月02日 09:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬期通行止めゲート
1
笹山登山口
2016年01月02日 09:21撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹山登山口
1
林道にて牧場へ向かう
2016年01月02日 09:28撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道にて牧場へ向かう
1
二児山
2016年01月02日 09:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二児山
3
大岩
2016年01月02日 09:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩
大岩の元の湧き水
車で通ってしまうと
気がつきません。
2016年01月02日 09:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の元の湧き水
車で通ってしまうと
気がつきません。
1
黒川牧場入り口
2016年01月02日 10:08撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒川牧場入り口
3
遠くに中央アルプス
2016年01月02日 10:09撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに中央アルプス
2
上まで歩くと
どのくらい時間がかかるのでしょう
2016年01月02日 10:47撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上まで歩くと
どのくらい時間がかかるのでしょう
1
頂上の駐車場まで
約1時間で上がりました。
2016年01月02日 11:23撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の駐車場まで
約1時間で上がりました。
1
池は凍っています。
2016年01月02日 11:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池は凍っています。
1
二児山は次回にします。
2016年01月02日 11:44撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二児山は次回にします。
1
数日前と思われる
トレースあり
2016年01月02日 12:24撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数日前と思われる
トレースあり
林道を歩いて休憩小屋へ到着
2016年01月02日 13:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を歩いて休憩小屋へ到着
3
笹山頂上

2016年01月02日 13:18撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹山頂上

1
奥の山々をしばし魅入る。
2016年01月02日 13:22撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の山々をしばし魅入る。
2
頂上 笹の様子
2016年01月02日 13:26撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上 笹の様子
2
下山開始
倒木帯を通過
2016年01月02日 13:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始
倒木帯を通過
1
塩見方向
2016年01月02日 13:41撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩見方向
2
一面 笹の草原
見ごたえが有ります。
2016年01月02日 13:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一面 笹の草原
見ごたえが有ります。
尾根を外さないよう
注意しながら下る
2016年01月02日 13:46撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を外さないよう
注意しながら下る
1
荒川・赤石
2016年01月02日 13:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒川・赤石
1
再び、塩見
2016年01月02日 13:53撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び、塩見
2
正面、登り返しあり。
2016年01月02日 14:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面、登り返しあり。
1
赤テープ案内に導かれ
さらに下山
2016年01月02日 14:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープ案内に導かれ
さらに下山
1
改めて考えてみれば
悪夢の始まりでした。
2016年01月02日 14:13撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて考えてみれば
悪夢の始まりでした。
1
予定では既に
旧雨量観測小屋の通過のハズ。
2016年01月02日 15:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定では既に
旧雨量観測小屋の通過のハズ。
1
お気楽に写真を撮ったが
ここで、重大な事実が発覚。
 
2016年01月02日 15:06撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お気楽に写真を撮ったが
ここで、重大な事実が発覚。
 
1
必死のトラバース経路
 この間写真なんて余裕は全くありません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
必死のトラバース経路
 この間写真なんて余裕は全くありません
5
どうにか、事態回避。
 いやぁ 参りました。
2016年01月02日 16:15撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうにか、事態回避。
 いやぁ 参りました。
1

感想/記録
by TYS

スノーシューを持って、それなりに楽しめそうな処をチョイスして
この山域を選んでみました。
牧場から登り、二児山プランもあったのですが、距離的に有利な
帰りがてらの周回をしてみました。
気にしていた通り、やはり雪が少なくて、今回はスノーシューの出番はなく、次回へ持ち越しです。
笹山からの尾根下りで、あわやと言う状態になってしまい
相当焦りました。 事態に気がついた時は絶句でしたが
なんとか日の落ちないうちに必死にトラバースして戻れました。
なんとも、新年早々情けない話になりました。
訪問者数:329人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 2936
2016/1/3 11:36
 明けましておめでとうございます
謹賀新年。
昨年は、ササ刈りお世話になりました。
今年も微力ながら頑張りますので、よろしくお願いいたします。

笹山、雪少ないですね。
林道ゲート周辺も全く雪無くてビックリです。

ところで、下山時いかがしたのでしょうか?
ルートミスですか?
何にせよ、無事下山で良かったです
登録日: 2011/10/5
投稿数: 658
2016/1/3 15:08
 今年もよろしくお願いします
おもしろいコースでしたね。  等高線見ると結構急な尾根を調子良く下りたようで・・・・
この時期で15時にああいう所にいると、ちょっと ですよね。
無事下山で良かったです。

今年もお互いに安全な山行でありますように
TYS
登録日: 2012/6/26
投稿数: 215
2016/1/3 16:19
 こちらこそ
totokさん yama-takeさん あらためて本年も宜しくお願いします。
ルートミスといえば、そうなんですけれど、
相当違う方向に降りてしまい気がついた時が遅すぎました。 
たしか、誰だったか、ログで赤テープ付けて置きましたから的な、情報が有ったような記憶が有って途中で疑いもせずに、ありがたくテープを追わせてもらっちゃいました。うまい具合に、誘うように有ったんですヨ。
気がついた瞬間、遭難の二文字とその他諸々、良くない事がが頭の中を駆け巡り、えらい事になってしまったと人生最大の焦りを感じました。
時刻は15時をまわっていましたから、日没まで少ない時間のタイムリミットでした。意を決し一旦1700m程度まで登り返し、その後本来予定していた尾根へ1時間程度必死にトラバースしてどうにか難を逃れる事が出来ました。ギリ、日没前に林道に戻れてセーフで胸をなで下ろしました。 ヤマレコ未踏のルート部分がせめてもの慰めです。
下りは難しいですね。
改めて 本年も宜しくお願い致します。

 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ