ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789483 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

ロックガーデンから六甲最高峰

日程 2016年01月02日(土) [日帰り]
メンバー Lynn_Kato
天候曇り 
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間3分
休憩
30分
合計
4時間33分
S芦屋川駅09:3309:40芦屋川、高座の滝方面分岐09:47城山・荒地山方面分岐点10:07高座の滝10:1010:23ロックガーデンの案内板10:2410:40ピラーロック10:46風吹岩11:01荒地山への分岐11:28雨ヶ峠11:2911:44本庄橋跡11:4511:47本庄堰堤北側の分岐12:19一軒茶屋12:2012:31六甲山12:5414:06有馬温泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報阪急芦屋川駅:売店およびコンビニなし。自販機はあり。
自販機:芦屋川駅と1つめ信号手前。高座の滝の茶屋、山頂の道路沿い。
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

高座の滝。二段10m位。夫婦滝とあるのは、この二段のことを指すのだろうか。
2016年01月02日 10:04撮影 by SO-01F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高座の滝。二段10m位。夫婦滝とあるのは、この二段のことを指すのだろうか。
2
藤木さんのレリーフ。滝は左から登れそうだが、御神体だからどうかなぁ。過去に登った人居るのだろうか。
2016年01月02日 10:08撮影 by SO-01F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤木さんのレリーフ。滝は左から登れそうだが、御神体だからどうかなぁ。過去に登った人居るのだろうか。
風化した花崗岩ってこうなるのか〜。斬新な感じ。
2016年01月02日 10:13撮影 by SO-01F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風化した花崗岩ってこうなるのか〜。斬新な感じ。
3
こっちは白ザレだけど、風化とかザレぶりが丹沢によく似た感じ。
2016年01月02日 10:28撮影 by SO-01F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは白ザレだけど、風化とかザレぶりが丹沢によく似た感じ。
1
風吹岩。(岩の上に人がたくさん居たので岩の写真は割愛)
2016年01月02日 10:44撮影 by SO-01F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩。(岩の上に人がたくさん居たので岩の写真は割愛)
1
七曲のルートは尾根伝いにグルグル回るので、この何合目の表示があるとわかりやすくて有難かったです。
2016年01月02日 12:12撮影 by SO-01F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七曲のルートは尾根伝いにグルグル回るので、この何合目の表示があるとわかりやすくて有難かったです。
1
頂上稜線の一見茶屋に到着\(^o^)/と思ったらアスファルトの道路に車がバンバン通ってる、、、これが六甲w でも、このルートはそれを感じさせない良いハイキング道でした。
2016年01月02日 12:19撮影 by SO-01F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上稜線の一見茶屋に到着\(^o^)/と思ったらアスファルトの道路に車がバンバン通ってる、、、これが六甲w でも、このルートはそれを感じさせない良いハイキング道でした。
ひと登りで最高地点へ。うっすら雪が残っていました。帰りは魚屋路(ととやみち)で。
2016年01月02日 12:29撮影 by SO-01F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひと登りで最高地点へ。うっすら雪が残っていました。帰りは魚屋路(ととやみち)で。
4

感想/記録

お正月のカロリーオーバー解消第二弾。
やってみたかった魚屋路のUp&Down。
せっかくなのでロックガーデン経由で。
B懸尾根か、高座谷ルートに行きたかったけど、
時間の制約があったので中央稜から七曲へ。
帰りは魚屋路から紅葉谷に抜けるつもりが、
土砂崩れで通行止めOrz
(6年前に白石谷沢沿いを登ってるのですが、
もう一度沢登り的観点から見てみたかったw)
有馬では大好きな金泉に浸かって帰りました♡
訪問者数:110人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザレ 紅葉 花崗岩
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ