ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789554 全員に公開 ハイキング奥秩父

雁ヶ腹摺山 * 秀麗富士は碧き風の中に*A,H*

日程 2015年12月29日(火) [日帰り]
メンバー kimichin2
天候晴れ、風強し
アクセス
利用交通機関
電車バス
<第1日>
・高尾駅着6:13、発6:14 - 大月駅着6:51、発7:00 - (富士急バス、500円) ハマイバ前バス停着7:20
・やまと天目山温泉バス停発17:12 - (栄和交通バス、300円) 甲斐大和駅着17:24、発17:34 - 塩山駅着17:55
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間38分
休憩
46分
合計
9時間24分
Sハマイバ前07:3008:40林道分岐08:4109:47大峠(大ドウミ)09:5211:01雁ヶ腹摺山11:3512:26大峠(大ドウミ)12:3013:15赤岩ノ丸14:18黒岳14:2014:40白谷丸15:08湯ノ沢峠15:54湯ノ沢峠登山口16:54やまと天目山温泉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報塩山駅前「菊亭」(中華料理) 年末29日に開いていた貴重な店、美味し。
塩山温泉「中村屋旅館」素泊まり4,600円 大浴場一人貸切だった。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

11ヶ月ぶりのハマイバ前バス停。今朝は大月駅から一人だった。
2015年12月29日 07:25撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11ヶ月ぶりのハマイバ前バス停。今朝は大月駅から一人だった。
1
ありがとうございます。見送らせて下さい。
2015年12月29日 07:25撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありがとうございます。見送らせて下さい。
1
マイナス5度程度か。予報どおり寒い。山上の強風を考えると更に寒い。
2015年12月29日 07:35撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイナス5度程度か。予報どおり寒い。山上の強風を考えると更に寒い。
2
このゲートが大事。車のいない林道を約束してくれる。
2015年12月29日 08:04撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このゲートが大事。車のいない林道を約束してくれる。
1
ハマイバ丸、大蔵高丸。
2015年12月29日 08:24撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハマイバ丸、大蔵高丸。
2
水場は凍結していなかった。
2015年12月29日 08:29撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場は凍結していなかった。
湯ノ沢峠東側登山口を通過。
2015年12月29日 08:41撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯ノ沢峠東側登山口を通過。
1
覚悟していたとはいえ、林道歩きに飽きてきた。青空を見上げる。
2015年12月29日 08:56撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覚悟していたとはいえ、林道歩きに飽きてきた。青空を見上げる。
2
後が気になり、何度も振り返りながら歩く。冬の澄んだ空気のお蔭で、登山道まではっきり見えている。
2015年12月29日 09:38撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後が気になり、何度も振り返りながら歩く。冬の澄んだ空気のお蔭で、登山道まではっきり見えている。
3
大峠に着いた。途中ショートカットを何度かし、「林道歩きのエキスパート」は、行程を1時間短縮したことに満足する。
2015年12月29日 09:47撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠に着いた。途中ショートカットを何度かし、「林道歩きのエキスパート」は、行程を1時間短縮したことに満足する。
1
大峠からの富士。東から雲が忍び寄る。急がねば。
2015年12月29日 09:52撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠からの富士。東から雲が忍び寄る。急がねば。
2
さあ、五百円札富士へ。
2015年12月29日 09:52撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、五百円札富士へ。
1
水場、凍っていない。
2015年12月29日 10:01撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場、凍っていない。
1
石垣のような岩。
2015年12月29日 10:55撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石垣のような岩。
1
空が広がる。山頂は近いか。
2015年12月29日 10:58撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空が広がる。山頂は近いか。
2
雁ヶ腹摺山の頂。
2015年12月29日 11:02撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁ヶ腹摺山の頂。
3
どの写真を選べば良いのか。シャッターを押しては見つめ、またシャッターを切る。
2015年12月29日 11:07撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どの写真を選べば良いのか。シャッターを押しては見つめ、またシャッターを切る。
5
彫の深い端整な姿、魅了される。
2015年12月29日 11:20撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
彫の深い端整な姿、魅了される。
7
五百円札、岩倉具視の印象強く、富士の姿は記憶にない。
2015年12月29日 11:35撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五百円札、岩倉具視の印象強く、富士の姿は記憶にない。
4
大月市秀麗富嶽十二景一番山頂の名に相応しき眺望。
2015年12月29日 11:35撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大月市秀麗富嶽十二景一番山頂の名に相応しき眺望。
1
結局、強風の中、撮影と凝視のみに30分を費やした。
2015年12月29日 11:19撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、強風の中、撮影と凝視のみに30分を費やした。
6
白谷丸の向こうには南アルプス。
2015年12月29日 11:48撮影 by VR360,D760 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷丸の向こうには南アルプス。
4
大峠に戻り、黒岳への上りにかかる。
2015年12月29日 12:28撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峠に戻り、黒岳への上りにかかる。
空高く、碧いよいよ。
2015年12月29日 12:34撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空高く、碧いよいよ。
2
赤岩の丸を通過。
2015年12月29日 13:17撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩の丸を通過。
2
本日の最高点、黒岳山頂も通過。
2015年12月29日 14:12撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の最高点、黒岳山頂も通過。
2
白谷丸。ここからの富士もまた絶景。
2015年12月29日 14:33撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷丸。ここからの富士もまた絶景。
2
美しいシルエットに酔う。
2015年12月29日 14:35撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美しいシルエットに酔う。
3
天高く、富士望む至福の刻。
2015年12月29日 14:37撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天高く、富士望む至福の刻。
7
3年連続で湯ノ沢峠を通過する。愛すべき十字路。
2015年12月29日 15:06撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3年連続で湯ノ沢峠を通過する。愛すべき十字路。
2
ススキが夕陽に映える。
2015年12月29日 15:51撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキが夕陽に映える。
2
このゲートも大事です。焼山沢林道に車を走らせない。
2015年12月29日 16:31撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このゲートも大事です。焼山沢林道に車を走らせない。
1
なんということか。やまと天目山温泉、昨日で営業終了であった。傷心癒されぬまま1本早いバスに乗る。だがこのことがのちに、、
2015年12月29日 16:54撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんということか。やまと天目山温泉、昨日で営業終了であった。傷心癒されぬまま1本早いバスに乗る。だがこのことがのちに、、
4

感想/記録

 富士に会いたかった。北から西から見つめたかった。冬に登るためとっておいた山々から三山を選んだ。年末の三日間で連続して登る計画。仕事が片付かず、一日送った。思い出深い時間を過ごせた。

機―麗富士 碧き風
 さすがに登山者は疎ら、ドアが開く度に風が車内を吹き抜ける。高尾発松本行普通列車は定刻どおり大月駅に到着した。駅前にはバスが1台、ハマイバ前行だった。乗客は私一人、降車時に深く頭を下げた。
 1ヶ月ぶりの山行、長い林道歩きで取り戻そう。このコースを選んだのは、冬期、林道が閉鎖されるからだ。前も後ろも車の存在を気にする必要がない。マイペースで空を見上げながら歩ける。背中に陽の光を感じ、前方の影に守られながら進む。今年1年の出来事を思い浮かべながら、或いは時にショートカットをして、単調な時間を紛らわす。
 時折、後ろを振り返っては確認する。大峠手前でようやく会うことができた。やはり大菩薩の山域から望む姿が最も美しいと思う。こころ揺さぶられながら、先を急ぐ。大峠付近で二人の登山者と出会う。結局この日、下山するまでに出会ったのはこの二人だけだった。
 吹き荒ぶ強風に悩まされながら、気は急いていたが、後半の歩きを考えゆっくりと登ってゆく。やがて明るいカヤトが現れるとほどなく山頂に着く。期待をはるかに上回る素晴らしい眺望だった。寒さと強い風によって、かの山までの空気は澄み渡っている。感謝し尽せないほどの時間だった。
 珍しくタイマーをセットして、富士と我が身を被写体として収めた。ダウンジャケットの暖かさのお蔭で、30分以上その場を離れずに済んだ。やがてますます強まった風に押されるかのように、動き始め、次なる峰を目指した。
 大峠まで下りてから、黒岳への上りにかかる。風は勢いを失い、陽だまりは暖かく、寒さで失われた体力も気力も戻りつつあった。山頂は木々に囲まれているが、それだけに白谷丸からの眺望には息をのむ。陽の光によって映し出される均整の取れたシルエットは、甘美な思いさえ感じられるほどだった。
 湯ノ沢峠に下り、沢沿いの道を進む。流水の創り出す氷の作品群は、2年前の11月よりも少なく未完成だった。登山口からは延々と続く林道歩きが待っている。前回の記憶が明瞭であり、明るい林道なので夕闇は気にしなくて済むのだろうが、廃屋の建ち並ぶ集落跡だけは早めに通過したかった。
 林道からバスの走る県道に出る頃には、既に日没の時間を迎えていた。前方に日帰り温泉の灯りが見える、はずだった。様子がおかしい。恐る恐る近づくと、バス停に非情な貼紙があった。温泉に浸かり、夕食をとってから塩山に直通バスで向かうという素敵な企画は、1日ずれたことにより儚くも潰えていた。
 傷心の思いでベンチに座り込む。思えばこの日初めて腰を下ろしたのがこの時だった。寒さと強風と時間との闘いのせいで、座ることを忘れていた。強行軍だった。目の前を折り返し前のバスが上って行った。温かな光と共に。
訪問者数:454人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 水場 山行 秀麗富嶽十二景
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ