ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 789611 全員に公開 ハイキング富士・御坂

三方分山・パノラマ台

日程 2016年01月01日(金) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
県営精進湖駐車場を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間31分
休憩
51分
合計
4時間22分
S県営精進湖駐車場10:3710:45精進バス停11:32阿難坂11:3812:16三方分山12:4712:54精進山13:20精進峠 (三ツ沢峠)13:2313:59根子峠14:0114:15パノラマ台14:2314:30根子峠14:53精進湖キャンピングコテージ14:5414:59県営精進湖駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報山中湖温泉 紅冨士の湯(南都留郡山中湖村山中:800円)
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

写真

竜ヶ岳を下山すると、精進湖畔の他手合浜に臨む県営精進駐車場まで移動し、ここから三方分山に登ってパノラマ台にも足を伸ばすこととします。
2016年01月01日 10:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜ヶ岳を下山すると、精進湖畔の他手合浜に臨む県営精進駐車場まで移動し、ここから三方分山に登ってパノラマ台にも足を伸ばすこととします。
精進湖畔を歩いて精進集落へ。甲斐・駿河を結び戦国武将も越えた中道往還沿いの居村集落の名残をとどめる家並みの中を進んでいくと、
2016年01月01日 10:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
精進湖畔を歩いて精進集落へ。甲斐・駿河を結び戦国武将も越えた中道往還沿いの居村集落の名残をとどめる家並みの中を進んでいくと、
左手に鎮座する精進諏訪神社では、精進の大杉をはじめとする見上げるばかりの巨木に目を見張ります。
2016年01月01日 10:50撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手に鎮座する精進諏訪神社では、精進の大杉をはじめとする見上げるばかりの巨木に目を見張ります。
集落を通り抜けると道は徐々に勾配がきつくなり、砂防堰堤をいくつか越えて進むと、古びた石積みが現れ、
2016年01月01日 11:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集落を通り抜けると道は徐々に勾配がきつくなり、砂防堰堤をいくつか越えて進むと、古びた石積みが現れ、
ジグザグを切りながら急斜面を登っていく様子に、古道の面影を感じさせます。
2016年01月01日 11:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザグを切りながら急斜面を登っていく様子に、古道の面影を感じさせます。
御坂山地の主稜線に登りきったところが女坂峠。阿難坂の別名が中道往還中の難所であったことを物語るかのようです。主稜線上の道は右に進むと王岳に向かいますが、ここで左折し、
2016年01月01日 11:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御坂山地の主稜線に登りきったところが女坂峠。阿難坂の別名が中道往還中の難所であったことを物語るかのようです。主稜線上の道は右に進むと王岳に向かいますが、ここで左折し、
三方分山と対面しながら、まずは緩やかに下り始めます。
2016年01月01日 11:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方分山と対面しながら、まずは緩やかに下り始めます。
ほどなく登りに転じ、雑木越しに富士山や精進湖の輝く湖面を眺めながら進むと、
2016年01月01日 11:49撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく登りに転じ、雑木越しに富士山や精進湖の輝く湖面を眺めながら進むと、
ブナ林が出てきて、急傾斜の登りとなります。王岳を背に急登をこなすと、
2016年01月01日 11:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林が出てきて、急傾斜の登りとなります。王岳を背に急登をこなすと、
丈の短い笹に覆われた緩やかな尾根を進んで、
2016年01月01日 12:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丈の短い笹に覆われた緩やかな尾根を進んで、
三方分山の頂上に到着します。頂上は木々に囲まれていますが、
2016年01月01日 12:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三方分山の頂上に到着します。頂上は木々に囲まれていますが、
1
南東方向が切り開かれ、精進湖を眼下に、大室山を懐に抱く「子抱き富士」を眺めながらひと息つきます。
2016年01月01日 12:17撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南東方向が切り開かれ、精進湖を眼下に、大室山を懐に抱く「子抱き富士」を眺めながらひと息つきます。
1
尾根上を南下します。三角点が置かれた次のピーク、精進山を通過して、
2016年01月01日 12:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上を南下します。三角点が置かれた次のピーク、精進山を通過して、
斜面を下り始めると、木の幹越しに今朝登った竜ヶ岳、雨ヶ岳や本栖湖の湖面が視界に入ってきます。
2016年01月01日 12:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を下り始めると、木の幹越しに今朝登った竜ヶ岳、雨ヶ岳や本栖湖の湖面が視界に入ってきます。
急坂を下っていくと、
2016年01月01日 13:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を下っていくと、
右手には南アルプスの山並みが垣間見えます。
2016年01月01日 13:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には南アルプスの山並みが垣間見えます。
小刻みにアップダウンを経て精進峠に達します。ここからも精進湖畔に下れますが、
2016年01月01日 13:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小刻みにアップダウンを経て精進峠に達します。ここからも精進湖畔に下れますが、
そのまま尾根上を直進します。アップダウンを繰り返し、
2016年01月01日 13:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま尾根上を直進します。アップダウンを繰り返し、
時おり富士山をチラチラと見ながらいくつか小ピークを越えて、
2016年01月01日 13:54撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時おり富士山をチラチラと見ながらいくつか小ピークを越えて、
火消しリスさんが見守る根子峠に行き着きます。
2016年01月01日 14:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火消しリスさんが見守る根子峠に行き着きます。
根子峠でパノラマ台下から上がってきた快適な道と合流すると、
2016年01月01日 14:01撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根子峠でパノラマ台下から上がってきた快適な道と合流すると、
この先は快適な尾根歩きとなります。中之倉山に伸びる道を見送ると、
2016年01月01日 14:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は快適な尾根歩きとなります。中之倉山に伸びる道を見送ると、
右手には本栖湖の湖面が見えてきて、
2016年01月01日 14:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には本栖湖の湖面が見えてきて、
明るく開放的なパノラマ台に到着します。遮るものないパノラマ台からは、その名に相応しく素晴らしい展望が広がります。
2016年01月01日 14:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るく開放的なパノラマ台に到着します。遮るものないパノラマ台からは、その名に相応しく素晴らしい展望が広がります。
まずは正面に大きく富士山とご対面。
2016年01月01日 14:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは正面に大きく富士山とご対面。
東側には、精進湖を取り巻くように三方分山と王岳、その先には三ツ峠山へと御坂山地の山々が連なり、背後に見え隠れするのは奥秩父や大菩薩嶺。広大な青木ヶ原樹海の先には西湖や河口湖の湖面ものぞいています。
2016年01月01日 14:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側には、精進湖を取り巻くように三方分山と王岳、その先には三ツ峠山へと御坂山地の山々が連なり、背後に見え隠れするのは奥秩父や大菩薩嶺。広大な青木ヶ原樹海の先には西湖や河口湖の湖面ものぞいています。
2
南西方向には本栖湖と天子山塊。右奥には身延山地や白峰南嶺の山並みも見通せます。
2016年01月01日 14:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南西方向には本栖湖と天子山塊。右奥には身延山地や白峰南嶺の山並みも見通せます。
今朝登った竜ヶ岳と雨ヶ岳の懐に抱かれる本栖湖は、眩しい日差しを反射して輝いています。
2016年01月01日 14:22撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝登った竜ヶ岳と雨ヶ岳の懐に抱かれる本栖湖は、眩しい日差しを反射して輝いています。
根子峠まで引き返して精進湖畔に下ります。山腹を絡みながら下り、落ち葉に埋まる桟道を通過し、
2016年01月01日 14:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根子峠まで引き返して精進湖畔に下ります。山腹を絡みながら下り、落ち葉に埋まる桟道を通過し、
樹間に見え隠れする富士山は、
2016年01月01日 14:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間に見え隠れする富士山は、
パノラマ平で再び全貌を見せてくれます。さらに下るとパノラマ台下バス停で精進湖畔に降り立ちます。
2016年01月01日 14:46撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ平で再び全貌を見せてくれます。さらに下るとパノラマ台下バス停で精進湖畔に降り立ちます。
夕暮れ時の他手合浜にて。精進湖の湖面に鏡写しされる、
2016年01月01日 16:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕暮れ時の他手合浜にて。精進湖の湖面に鏡写しされる、
1
夕映えの富士山を眺めて本日を締めくくります。
2016年01月01日 16:40撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕映えの富士山を眺めて本日を締めくくります。
3
撮影機材:

感想/記録

ダイヤモンド富士の初日の出に始まり、夕映えの逆さ富士に終わる富士山尽くしの一日でした。
訪問者数:237人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 三角点 栗鼠 ブナ 堰堤 往還
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ